経営者・管理者行動(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験

経営者・管理者行動(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験

経営者・管理者行動の概要

企業が大きくなればなるほど、経営者以外にも、様々な管理者が登場することになります。

当たり前ですが、一人の経営者が、何十人・何百人という従業員を管理することは難しいでしょう。

スパン・オブ・コントロール(管理できる範囲)は限られているのです。

経営者行動と管理者行動は、2つを総合して管理行動と呼ばれることがあります。それぞれの内容を確認していきましょう。

経営者行動

経営目的の設定や経営戦略の策定をして、組織のイノベーションを進めていく行動となります。社長・会長や取締役、役員など、トップマネジメントと呼ばれる人々の実施すべき活動です。

管理者行動

トップマネジメントから下ろされた経営戦略にしたがい、管理者自身の権限の範囲内において計画の策定や組織化を行います。その結果、作業者の行動をマネジメントして行くものです。

管理者の行動と役割

管理者は、企業の中における各部門のリーダーであることが一般的です。

その管理者のパワー(権力)は、どこから来るのでしょうか? そのパワーは組織の中で公式に与えられた権限がベースとなっています。つまり、企業(法人)そのものからトップマネジメントを経由して、公式に影響力を発揮することが期待されていると言えるでしょう。

一般的に、管理者の役割は組織のヒエラルキーの中でどの立場にいるかによって大きく変わります。

階層が下の管理者は、作業者に対する監督的な業務が多くなります。逆に、階層が上になるほど、意思決定に関わる業務が多くなります。

また、リーダーシップの記事でみたとおり、管理者は自部門の中での対人関係において、リーダーシップを発揮していく必要があります。

とは言え、リーダーシップを適切に発揮できるようになるためには、それ相応の訓練が必要です。

辞令1枚で管理者になることはできても、リーダーシップの育成には相応の研鑽が必要となります。

一方で、リーダーシップは管理者に求められる機能のうち一部でしかありません。他にも、組織内の経営資源を有効活用したり、組織外部との調整、或いは対人的なネットワークを通して組織内に散在する経営資源を有機的に構成させるなどの、多くの役割を期待される存在なのです。

管理者には、リーダーシップ以外にも、配下の組織メンバーのモチベーションを管理するなど、様々な役割を期待されているのです。

経営者・管理者行動(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験 <まとめ>

この記事では、経営者行動・管理者行動ついて見ていきました。

前述のとおり、階層が下の管理者は、作業者に対する監督的な業務が多くなります。逆に、階層が上になるほど、意思決定に関わる業務が多くなります。

管理者の役割は組織のヒエラルキーの中において、どの立場にいるかによって大きく変わりますから、その立場に応じて、最適な役割を果たす必要があるのです。

<おすすめ記事>
中小企業診断士の通信講座 おすすめは? ~独学にも使える、2019年最新版 比較・ランキング

 

スマホ動画対応のおすすめ通信講座は「スタディング(旧 通勤講座)」と「診断士ゼミナール」

スマホ動画対応の低価格通信講座を使えば、独学でテキストを買うのと同程度の金額で、独学以上にスキマ時間を使え、学習もはかどります。

広告・宣伝をカットして低価格を実現していますので、内容については一切妥協しておらず、驚くほどの高品質な講座を実現しています。

良かったら、「スタディング(旧 通勤講座)」「診断士ゼミナール」の以下の記事をチェックしてくださいね。

おすすめ通信講座第1位 通勤講座
【画像出典:スタディングより】 <すぐにスタディングの公式ページに行きたい方はこちら!> おすすめ第1位:「スタディング 中...
診断士ゼミナール
<すぐに診断士ゼミナールの公式ページに行きたい方へ> =>レボ「診断士ゼミナール」 公式ページはこちら! ※現在、2020年...

 

関連記事

5つの競争要因

マイケル・ポーターの競争戦略<5フォース、業界の競争分析>(企業経営理論-経営戦...

製品戦略

製品戦略:マーケティングの4P(企業経営理論-マーケティング論) ~中小企業診断...

現金賃金の体系

人的資源管理(HRM:ヒューマン・リソース・マネジメント) その2 能力開発・賃...

NO IMAGE

組織のパワーとポリティクス(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験

MMCの口コミ・評判・レビュー

企業の社会的責任[CSR](企業経営理論-経営戦略論)~中小企業診断士試験

「死の谷」と「ダーウィンの海」

ベンチャー企業のマネジメント