中小企業診断士の年収を徹底分析! ~副業で収入アップの道もある!

中小企業診断士の年収は?

こんにちは、トシゾーです。

中小企業診断士は難易度の高い資格ですから、「年収をどのぐらい稼げるのか」は、非常に気になるところですよね。

ただ、ひとことで「中小企業診断士の年収」と言っても、

企業(組織)に属しているのか、
あるいは、独立しているのか

で、まったく違ってきます。

その他にも、企業で勤めながら副業をすれば年収を上乗せできるでしょうし、中小企業診断士の資格取得後、資格取得者であることを武器に、転職して年収アップを図ろう・・・という人も多いでしょう。

それぞれのケースの年収について、具体的にどうなのか、分かりやすく説明したいと思います。

<クレアールに資料請求をすると、市販の書籍「非常識合格法」がもらえる【無料】

現在、クレアールの中小企業診断士通信講座に資料請求すると、市販の中小企業診断士受験ノウハウ本が無料でもらえます。

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

診断士受験ノウハウの書かれた市販の書籍が無料【0円】で貰えるのですから、応募しないと勿体ないですよね。

  • 当サイトを含め、ネットからの情報収集をメインとされている方がほとんどと思いますが、ぜひ、書籍からの情報も含めて、多角的に検討して頂ければと思います。
=>クレアール 診断士試験攻略本(市販の書籍)プレゼント付き資料請求はこちら

中小企業診断士の年収を徹底分析!

企業内診断士の年収は500万~1,000万円

企業内診断士とは、中小企業診断士の資格を持ちながらも、企業(組織)で働き続ける人のことをいいます。

中小企業診断士は独占業務もないですから、弁護士や税理士みたいに、「その資格を持っている専門家にしかできない業務」が用意されているわけではありません。

そのため、独立したくても、慎重になる方が多くいます。

また、最初から独立することを想定せずに、自分の属する企業(組織)で知識を活かすために、中小企業診断士の資格を取る方もいます。

以上のような方々が企業内診断士にあたります。

彼らのような企業内診断士の年収は500万~1,000万円といわれています。かなり幅がありますよね。

とは言え、このように年収に幅があるのは、ある意味当然です。

20代の役職についていない会社員が中小企業診断士の資格を取ったからと言って、すぐに年収が上がるわけでもないでしょう。

逆に、大手企業や管理職、定年前の方が中小企業診断士の資格を取得する場合も多く、そのような方は、元から年収が高かった、ということです。

企業や組織によっては、資格手当がつくところもありますが、せいぜい数千円~数万円が相場のようです。

中小企業診断士が積極的に副業をすれば、年収をアップさせることができる

「企業内診断士では、なかなか年収が上がらない」

と聞いても、がっかりする必要はありません。

企業内診断士でも、中小企業診断士の資格をとって年収を増やす方法があります。それが副業です。

中小企業診断士の試験に合格すると、多くの方が中小企業診断協会に入会します。中小企業診断協会とは、中小企業診断士の業界団体で、特に加入義務はないのですが、各都道府県にある中小企業診断協会の支部に入れば、多くの中小企業診断士の先輩と知り合いになれます。

中小企業診断協会について詳しくは、下記の記事をご覧ください。

中小企業診断協会
こんにちは、トシゾーです。 中小企業診断士試験に合格し、晴れて中小企業診断士になった際に、最初に検討しないといけないこと。それは 中...

中小企業診断協会の支部には、もちろん、独立されている先輩も多く、協会の活動に力を入れていれば、報酬を貰える仕事を紹介してくれることも多くあります。

管理人も、中小企業診断士の資格を取得したばかりの頃、以下のような仕事を紹介してもらいました。

・ビジネス関連のテキスト執筆
・ビジネス関連の通信講座の添削
・セミナー講師(前職の業務に近いIT関連)
・専門書をチームで執筆(生産管理の本でした)
・独立している中小企業診断士のサブコンサル(資料作成中心)

管理人の場合は、資格取得後すでに独立していたのですが、同じタイミングで中小企業診断士になった企業内診断士の方も、一緒に仕事をさせてもらっていました。

ただし、企業内診断士の方が副業をする場合は、所属する企業で

「副業が認められているかどうか」

を確認することも大切です。

最近は、「働き方改革」の浸透もあり、「副業OK」の企業も増えていますが、よく分からない場合は、会社の就業規則などを確認しましょう。

知り合いの企業内診断士に聞いたところでは、会社としては「副業OK」の場合でも、上司の方が渋い顔をするケースもあるようです。

ただし、そのような場合でも、「中小企業診断士(資格)の活動の一環」と説明すれば、上司にも認めてもらいやすかった、と聞きましたので、参考にしてみてください。

そして、無事副業が実施できた場合、年間で副業所得が20万円を超えるようでしたら、税金(確定申告)の申請はきちんと行いましょう。

がんばれば、1年で20万円程度の副業はすぐに紹介してもらえます!

中小企業診断士が独立した場合、年収は300万円未満~3,000万円以上

中小企業診断士が独立すると年収の差はますます広がります。その年収の額は、なんと300万円未満~3,000万円以上と言われています。

ほとんど、「すべての職業の年収格差」みたいな数字になっていますね。

なぜこんなに年収格差があるのでしょうか? 全員、難易度の高い中小企業診断士試験に受かったわけですから、そんなに能力差があるわけではありません。

簡単に言うと、営業力の差、人脈力の差です。

まずは人脈力、といっても難しいことではなく、中小企業診断士として協会の活動などにマメに参加することが大事です。この辺は副業と同じですね。

そして、仕事を紹介してもらったら、全力で応えること。折角あなたにお願いしてくれたのですから「あの人にお願いして良かった!」と思ってもらうことが大事です。

クライアント(企業の社長など)に満足してもらえば、紹介してくれた先輩診断士も喜ぶでしょうし、そうすると、次の紹介にも繋がります。

さらに、満足したクライアントが、社長仲間を紹介してくれるかも知れません。これも全力で対応することにより、次に繋がることになります。

このように、1つ1つの仕事を丁寧に積み上げることにより、様々な人から声をかけられる中小企業診断士となります。

そして、ある程度実績もでき、自分の強みと呼べる分野が明確になってくると、次は営業力の有る無しがモノを言います。

管理人の場合は、自分の専門のIT分野で著書(単著)を執筆し、その書籍のカバー写真を、必ず業務経歴書や名刺に入れるようにしました。もちろん、リアルな営業だけでなく、Webサイトやブログでも実績や強みをアピールしています。

きっちりした仕事をして信頼されるようになり、実績や強みを整理して、新しい出会いのあるきっかけを作って小まめに足を運ぶこと、人目のつくところに情報をアップすること。1つ1つは小さなことですが、その積み重ねが年収を増やしてくれます。

中小企業診断士の資格を取ったからと言って、仕事が向こうから勝手に来てくれるわけではありません。日々の活動が、あなたの年収を決めることになります。

ブログやSNSを活用して、自分の強みを訴求しよう

前述のとおり、管理人の場合は書籍執筆実績を、営業や自己アピールに活用しました。

しかし、診断協会の先輩からタイムリーに書籍執筆案件の紹介でもない限り、なかなか書籍を執筆するチャンスに恵まれないかも知れません。

しかし、現在では、ブログやSNSなどのツールがあります。

今や、独立診断士にとって、ブログやSNSによる情報発信は必須と言えるでしょう。

独立診断士だけではありません。ブログやSNSであれば、企業内診断士の方も、何の遠慮もなく、かつ手軽に情報発信ができます。

中小企業診断士試験を乗り越えてきた方は、様々な専門知識を持ち、さらに文章力も高いはずです。

ぜひ、将来のクライアントに注目されるような情報を、どんどん発信して行きましょう。

中小企業診断士の資格があっても、転職での年収アップは難しい?

中小企業診断士の資格ホルダーであることを武器に、転職して年収アップを図ろう、と考えている人もいるかも知れません。

しかし、それは効率が悪いと言えるでしょう。

なぜ効率が悪いのか、その理由の1つに、中小企業診断士は難易度の割には知名度が低い、ということがあります。極端なケースかも知れませんが、知り合いのケースで、希望する会社の人事担当者が中小企業診断士の資格を知らず、結果として面談時にまったく評価されなかった、ということがありました。

そこまでいかなくとも、中途採用だと、資格よりは前職での実績の方が評価されます。

唯一、コンサルティング会社であれば、評価される場合もありますが、そもそも中途募集は多くありません。仮に中途募集があったとしても、コンサルティング業務の未経験者は(資格を持っていても)最初は年収が低めに設定されるようです。

では、どうすればよいのでしょうか。

転職の場合でも、協会活動などをしながら個人の能力やパーソナリティを知ってもらい、先輩中小企業診断士の知り合いの会社などを紹介してもらう方がうまくいきます。

もちろん、「たまたまよい人材を探しているコンサルティング会社があった」というご縁次第ではありますが、もし、そのような会社があった場合、知り合いの中小企業診断士の紹介なら、先方の企業ともうまく話が進むことでしょう。

とは言え、そうそう話がうまく運ぶのはレアケースです。

もし、転職すること前提で中小企業診断士を取ろう、と思っているのなら、中小企業診断士資格を何年もかけて取るよりも、先に転職をしたり、現在の会社の本業で大きな成果を出したほうが、年収アップにはうまく行くと思います。

中小企業診断士の資格を活かした転職については、以下の記事も参考にしてください。

中小企業診断士の転職
こんにちは、トシゾーです。 今回は、「中小企業診断士の転職事情」について、徹底的にご説明します。 中小企業診断士の資格は経営全般に関...

中小企業診断士の年収 徹底分析 まとめ

いかがでしたか?

1)若手で自分のペースで収入(年収)を増やしたいな、という方は副業
2)ある程度の年齢でマネージャーなどをしていて、もともと年収の高い方は、診断士資格を本業に活かす
3)自分を試してみたい、世の中に貢献したい、年収を大幅アップしたい、という方は独立を

管理人は、3つの道があると考えています。

さて、あなたはどのタイプでしょうか?

自分にふさわしい道をイメージしつつ、年収アップをめざして、中小企業診断士の資格の勉強に励んでいきましょう。

<関連記事>

勉強法に迷ったら、以下の記事も参考にしてみてください。

中小企業診断士の通信講座 おすすめは? ~独学にも使える、2019年最新版 比較・ランキング

その他、中小企業診断士の概要については、下記も参考にしてください。

スマホ動画対応のおすすめ通信講座は「スタディング(旧 通勤講座)」と「診断士ゼミナール」

スマホ動画対応の低価格通信講座を使えば、独学でテキストを買うのと同程度の金額で、独学以上にスキマ時間を使え、学習もはかどります。

広告・宣伝をカットして低価格を実現していますので、内容については一切妥協しておらず、驚くほどの高品質な講座を実現しています。

良かったら、「スタディング(旧 通勤講座)」「診断士ゼミナール」の以下の記事をチェックしてくださいね。

おすすめ通信講座第1位 通勤講座
【画像出典:スタディングより】 <すぐにスタディングの公式ページに行きたい方はこちら!> おすすめ第1位:「スタディング 中...
診断士ゼミナール
<すぐに診断士ゼミナールの公式ページに行きたい方へ> =>レボ「診断士ゼミナール」 公式ページはこちら! ※現在、2020年...

 

関連記事

中小企業診断士の養成課程

中小企業診断士の養成課程について

企業診断ニュースなど

中小企業診断協会の会誌「企業診断ニュース」(同友館)のご紹介

中小企業診断士は食えない? 使えない?

中小企業診断士は食えない? 使えない? ~ネガティブなイメージに全力で反論してみ...

中小企業診断協会

【入会しないデメリットとは?】中小企業診断協会の入会は任意。会費やメリットなど

認定支援機関になるには

認定支援機関(経営革新等支援機関)になるには?

中小企業診断士の転職

中小企業診断士は転職に有利?|気になる求人事情は? 本音で徹底解説!