【入会しないデメリットとは?】中小企業診断協会の入会は任意。会費やメリットなど

中小企業診断協会

こんにちは、トシゾーです。

中小企業診断士試験に合格し、晴れて中小企業診断士になった際に、最初に検討しないといけないこと。それは

中小企業診断協会に入会するかどうか

です。

この記事を読んでいる方の中には、

「そもそも中小企業診断協会って何ですか?」

と思っている人もいるかも知れませんね。

ここでは、中小企業診断協会のことを知らなかった方でもすぐに理解できるように、分かりやすく説明したいと思います。

なお、中小企業診断士試験の「最速勉強法」ノウハウについて、現在、資格スクールのクレアールが、市販の受験ノウハウ書籍を無料でプレゼントしています。

これから中小企業診断士の資格取得を考えている方は無料【0円】なので、そちらもチェックしてみてください。

<クレアールに資料請求をすると、市販の書籍「非常識合格法」がもらえる【無料】


現在、クレアールの中小企業診断士通信講座に資料請求すると、市販の中小企業診断士受験ノウハウ本が無料でもらえます。

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

診断士受験ノウハウの書かれた市販の書籍が無料【0円】で貰えるのですから、応募しないと勿体ないですよね。

※資料請求備考欄に「非常識合格法プレゼント」と記入が必要です。

=>クレアール 診断士試験攻略本(市販の書籍)プレゼント付き資料請求はこちら

中小企業診断協会の入会は任意です。入会の会費やメリットなど

中小企業診断士協会ではなく、中小企業診断協会

中小企業診断協会は、中小企業診断士の業界団体です。

ちなみに、「中小企業診断協会」ではありません。「」の字は入りません。

たいした話ではありませんが、結構、間違えている方も多いようなので、頭の片隅に置いて頂ければ、、、と思います。

中小企業診断協会とは

中小企業診断協会のWebサイトには、以下のように書かれています。

当協会は、中小企業診断士相互の連携を緊密にし、資質の向上に努めるとともに、中小企業診断制度の推進と普及を図り、もって中小企業の振興と国民経済の健全な発展に寄与することを目的とし、昭和29年(1954年)10月に設立されました。その後、中小企業支援法(昭和38年法律第147号)に基づく中小企業診断士試験を実施する指定機関として経済産業大臣の指定を受けています。また、中小企業診断士の登録等及び試験に関する規則に基づき実務補習及び更新研修を実施する機関として経済産業大臣の登録を受けています。

http://www.j-smeca.jp/contents/001_kyokainitsuite.html

つまり、

中小企業診断士相互の連携を緊密にし、資質の向上に努めるとともに、中小企業診断制度の推進と普及を図り、もって中小企業の振興と国民経済の健全な発展に寄与する

という目的の他、

中小企業診断士試験
実務補修(試験に受かった者が、中小企業診断士として登録されるために必要な研修)
更新研修(資格更新のために必要な研修)

の3つを実施する機関として指定または登録されている、ということです。

実務補習更新研修については、以下の記事をご覧ください。

実務補習と実務従事
中小企業診断士の実務補習と実務従事について こんにちは、トシゾーです。 今回は中小企業診断士の実務補習と実務従事について、ご説明します。...
中小企業診断士資格の更新
中小企業診断士資格の更新について 中小企業診断士の資格を維持するには、運転免許証と同じように定期的な更新手続きが必要です。 ただ、これか...

中小企業診断協会の組織

中小企業診断協会の正式名称は「一般社団法人 中小企業診断協会」です。これは全国組織であり、配下に47の県協会があります。

基本的に、中小企業診断士が協会に入る場合、いずれかの県協会に入ります。

ただ、東京だけは人数が多いせいか、都協会の配下に、以下のような6つの支部があります。

中央支部
城東支部
城西支部
城南支部
城北支部
三多摩支部

この6つの支部は、一応、テリトリーとなる区域(特別区、市町村)が決まっているのですが、特に

「〇〇区に住んでいる(勤務している)から、〇〇支部に入らなければならない」

というようなことはありません。自由に支部を選ぶことが出来ます。

中小企業診断協会の入会は任意

税理士や社会保険労務士など、資格を取って仕事をするためには、それぞれの業界団体への加入は必須となっています。

しかし、中小企業診断協会に入らなくても、中小企業診断士として活動できます。

中小企業診断士には独占業務がないことが、強制入会ではない理由?

なぜ、中小企業診断士には、業界団体への加入が強制されないのでしょうか。

理由は明らかにはされていませんが、一説によると

中小企業診断士には独占業務がない「名称独占資格」だから

と言われています。

一般に資格では、無資格者が業務を行うと罰せられる「業務独占資格」と、独占業務をもたない「名称独占資格」の2つに分けることができます。

前述の税理士や社労士は、「業務独占資格」です。税理士や社労士の業務は、資格を持っていない者が行うことが禁止されています。

一方、「名称独占資格」には、中小企業診断士の他に、ファイナンシャル・プランニング技能士、保育士、栄養士、介護福祉士、社会福祉士、などがあります。

これらの資格は、資格保持者しか「〇〇士」と名乗ってはいけません。しかし、無資格の者でも業務を行うことができます。中小企業診断士以外の人でも、経営コンサルティングを行うことはできるということです。

つまり、

独占業務もないのに、費用のかかる業界団体の入会を義務付けるのはどうか、というお上の判断があった

という噂があるのですが、真偽のほどは分かりません。

中小企業診断協会の年会費は5万円

中小企業診断協会の会費は、所属する県協会によって異なりますが、一般的には

入会費:5万円程度
年会費:5万円程度

と言われています。

前述のとおり、独占業務のない中小企業診断士の協会に

「年5万円支払うことは、高いのかどうか」

と考えてしまうかも知れません。

しかし、私の場合は、まったく高いとは思いませんでした。

というのも、私が入った中小企業診断協会の支部(東京都の中央支部)では、入会後に積極的に活動したこともあり、初年度で合計20万円弱の仕事を紹介してもらえたのです。

独立される方だけでなく、企業内診断士の方も、副業がOKな方は、いろいろと仕事を紹介してもらっていました。

もちろん、紹介してもらえる仕事の多寡は、地域・支部や時期にもよると思いますので一概には言えないとは思います。

あくまで私の場合はこうだった・・・ということですが、診断士の年収事情や副業事情について詳しくは、下記記事をご覧ください。

中小企業診断士の年収は?
こんにちは、トシゾーです。 中小企業診断士は難易度の高い資格ですから、「年収をどのぐらい稼げるのか」は、非常に気になるところですよね。 ...

中小企業診断協会の入会する方は意外と多い

中小企業診断協会に入会されている方は、中小企業診断士として登録している方のうち、5割もいないそうです。

あなたは、これを少ないと思いますか?

私は、意外と多いと思っています。

というのも、中小企業診断士の資格取得者の独立開業の割合は、2~3割程度だからです。

逆に言うと、中小企業診断士試験に登録しても、所属している企業で働き続ける方(企業内診断士)が7割以上います。

前述のとおり、独占業務がないので、独立することを躊躇してしまうのかも知れません。

いずれにしても、2~3割しか独立している人がいないのに、中小企業診断協会に5割近く入会しているということは、企業内診断士も数多く協会に入会している、ということです。

中小企業診断協会に入会するメリットには、資格の更新がラクな点もある

前述のとおり、中小企業診断協会の業務の1つに、「資格の更新業務」があります。

中小企業診断士は、5年ごとに資格を更新する必要があります。

その際、

30日以上の中小企業に対する経営診断業務
5日以上の理論更新研修(新たな知識を獲得するための研修を受ける)

を行っていないと、資格の更新は認められません。

中小企業診断協会に入会していると、これらの受講のサポートがあります(有償です)。

ただし、協会に加盟していないと更新できないという訳ではありません。

中小企業診断士同士のネットワークを作るには最適

資格の更新以外に、中小企業診断協会に入るメリットとしては

中小企業診断士同士の広範なネットワークが構築できる

ということがあります。

前述の仕事の紹介も、「診断士同士のネットワーク構築の副産物」という見方もできるでしょう。

各県協会には、数十名~数百名(都協会には数千名)の中小企業診断士が加盟しています。

さらに、各県協会では、多くの研究会や同好会があり、いずれも活発に活動しています。

そのため、各県協会に入会し、自分から積極的に活動すれば、多くのネットワークを作ることも可能です。

企業内診断士の方でも、各県協会に入会すれば独立診断士と接点を持つことができます。

将来の独立を視野にした企業内診断士が、多くの独立診断士とネットワークを作って情報を得たい、という気持ちで入会しているケースも多いようです。

中小企業診断協会の会誌は同友館が発行。編集者と縁が出来れば出版のチャンスもある!

中小企業診断協会の会誌は「企業診断ニュース」といいます。

この会誌の編集・発行は同友館が担当しています。同友館といえば、中小企業診断士の受験生の方にも馴染みが深い出版社ですよね。

二次試験対策の「ふぞろいの合格答案」シリーズや「クイックマスター」「過去問完全マスター」などのテキスト・問題集など、中小企業診断士受験向けの書籍を多く出版しています。

そのため、企業診断ニュースに投稿・寄稿することで、出版するチャンスを掴むこともできます。

というのも、企業診断ニュースは、ほぼ中小企業診断士しか読みません。一般の雑誌に比べ、投稿や寄稿の応募はダントツに少ないと想像できます。

つまり、投稿や寄稿が企業診断ニュースに掲載され、編集者と知り合いになれるチャンスが非常に大きいのです。

私の知り合いにも、同友館の雑誌に連載を持ったり、単行本を出版することに成功した人などがいます。

中小企業診断協会に入ることにより、出版のチャンスもグッと近づきます。

中小企業診断協会の会誌「企業診断ニュース」の詳細は、下記の記事も参考にしてください。

企業診断ニュースなど
こんにちは、トシゾーです。 今回は、中小企業診断協会の会誌である「企業診断ニュース」についてお伝えします。 中小企業診断協会に入会す...

結局のところ、中小企業診断協会に入会したほうがよいのか?

中小企業診断協会は、年会費5万円と、決して安くない会費を取ります。

さらに、会費を払ったからといって、独占業務ができるわけではありませんし、入会しなくとも、中小企業診断士を名乗って仕事をすることはできます。

しかし、入会したことで得られる人的ネットワークは非常に大きなものです。

結論としては、

明確な目的を持って、人的ネットワークの構築や、そこから得られる情報を活用したい

と考える人であれば、入会するメリットは大きい、と言えるでしょう。

中小企業診断協会について まとめ

ここまで、中小診断協会について、まとめました。

中小企業診断協会は、実際に中小企業診断士に登録してみないと、その実情が分かりづらいものです。

しかし、特に独立を考えている中小企業診断士予備軍の方にとっては、中小企業診断士に登録後、とても関係が深い組織となります。

「経営コンサルタントとして独立」というと、孤独なイメージがあるかも知れませんが、実際の独立診断士の方は、多くの人が中小企業診断士のネットワークの中で助け合ったり、情報を共有したりしています。

特に、中小企業診断士の受験勉強をしている方には、そのような将来活躍しているイメージをモチベーションに変えて、受験を乗り切って欲しいと思います。

<関連記事>
勉強法に迷ったら、以下の記事も参考にしてみてください。

中小企業診断士の通信講座 おすすめは? ~独学にも使える、2019年最新版 比較・ランキング

その他、中小企業診断士の概要については、下記も参考にしてください。

スマホ動画対応のおすすめ通信講座は「スタディング(旧 通勤講座)」と「診断士ゼミナール」

スマホ動画対応の低価格通信講座を使えば、独学でテキストを買うのと同程度の金額で、独学以上にスキマ時間を使え、学習もはかどります。

広告・宣伝をカットして低価格を実現していますので、内容については一切妥協しておらず、驚くほどの高品質な講座を実現しています。

良かったら、「スタディング(旧 通勤講座)」「診断士ゼミナール」の以下の記事をチェックしてくださいね。

おすすめ通信講座第1位 通勤講座
【画像出典:スタディングより】 <すぐにスタディングの公式ページに行きたい方はこちら!> おすすめ第1位:「スタディング 中...
診断士ゼミナール
<すぐに診断士ゼミナールの公式ページに行きたい方へ> =>レボ「診断士ゼミナール」 公式ページはこちら! ※現在、2020年...

 

関連記事

中小企業診断士資格の更新

中小企業診断士資格の更新 |更新要件、理論研修や実務補習・実務従事、ポイントなど

中小企業診断士の仕事内容

中小企業診断士の仕事内容!求人の探し方は?

中小企業診断士は食えない? 使えない?

中小企業診断士は食えない? 使えない? ~ネガティブなイメージに全力で反論してみ...

中小企業診断士 資格の休止制度

中小企業診断士の資格の休止制度!申請や届出の方法は?

実務補習と実務従事

中小企業診断士の実務補習と実務従事について、徹底解説します!

中小企業診断士とは

中小企業診断士とは | 資格の概要