大学生は中小企業診断士を取って、就職(就活)を圧倒的に有利にしよう

大学生は中小企業診断士を取ると就活に有利

こんにちは、トシゾーです。

今回は、大学生の方向けに、「中小企業診断士の資格を取り、就職(就活)を有利にする」という考え方・具体的な進め方などについて、お伝えします。

いきなりですが、最近の大学生は優秀、というか、本当に意識の高い方が多いですよね。

私が大学生の頃は、いわゆるバブルの後期だったのですが、日本中の空気がフワフワ浮かれているような状態でした(・・・こんなことを書くと、年代がバレちゃいますが・・・笑)

そのため、当時の私は、あまり将来の目標などに問題意識を持たず、現在の大学生の方々と比べて、ノホホンと暮らしていた気がします。

それに引き換え、現在の大学生は、皆さん、将来の生活や仕事・人生の目標などに関して、高い問題意識を持っているように感じます。

これは、バブルの頃のように、「それなりの企業に就職すれば、一生安泰だ」という状況ではなくなり、否が応でも、将来のことを考えなければならないという、この国の経済・社会の状況が悪化したことも、要因の一つなのでしょう。

少子高齢化により、今後も、ますます減速する我が国の経済。そんななかで、就職活動をはじめ、大学生が今後の将来を生き抜くにあたり、学生時代に中小企業診断士資格を取得することは、非常に大きなメリットがあります。

大学生の方、この記事を是非読んでみてくださいね。

中小企業診断士、大学生の合格率は?

中小企業診断協会が公表している統計資料によれば、数は多くありませんが、職業が「学生」となっている合格者も一定数います。

区分が「学生」なので、正確には専門学校生なども含まれているはずですが、その多くは大学生だと想定しています。

平成30年度の場合、一次試験に学生は479人申し込み、47人合格しています(合格率9.8%)。

全体の合格率が23.5%ですから、その半分以下ですね。

・平成30年度中小企業診断士第1次試験に関する「統計資料」

二次試験は55人申し込み、10名ほど合格しています(合格率18.2%)。

二次試験の全体の合格率は18.8%ですから、こちらは全体とあまり変わりません。

二次試験は、一次試験の合格者のみが受験しますから、一次試験を合格するような優秀な学生は、他の年代の受験者にも引けを取らない、ということかも知れません。

・平成30年度中小企業診断士第2次試験に関する「統計資料」

中小企業診断士は、大学生にとって難易度が高い?

前述のとおり、中小企業診断士の一次試験において、大学生の合格率は全体の合格率に比べ、低くなっています。

これは、「大学生にとって、中小企業診断士は難易度が高過ぎる」ということでしょうか。

私は、そうは思いません。

そもそも、一般の方にとっても、中小企業診断士の資格は難易度の高いものです。

最初に受験する一次試験は、その科目の多さを始めとする、広範な受験範囲が難易度の高い最大の要因となっています。

しかし、一次試験はマークシートの試験です。しかも、全体の6割を正解すれば合格。

たしかに覚えることが膨大な試験ですが、8、9カ月~1年程度、毎日しっかり時間を取って勉強を継続すれば、必ず合格レベルに達します。

全7科目すべて合格できなくても、現在では科目合格制度もあります。

大学入試における受験勉強のように、毎日勉強を継続する、という習慣が残っている大学生であれば、一般の方に比べて、特に中小企業診断士の受験の難易度が高い、ということはありません。

むしろ、比較的時間があり、学習習慣も残っている大学生ならば、一般の方より合格しやすい、といえるでしょう。

また、第二次試験は筆記試験であり、正解が発表されないこともあって、何年かけても合格できない人もいる、ある意味、特殊な試験です。

確かに、第二次試験で合格するためには、ある種のコツのようなものが必要かも知れません。

しかし、その”コツ”というものは、決して特殊なものではないのです。

「出題者の意図に沿うことを徹底し、提示された与件文の中から解答に関する材料を拾い出し、定められた文字数にまとめる」

ということを忠実に守っていけば、必ず合格レベルの答案を作成できます。

多くの大学生は、小論文の作成演習などで、決められた時間に、一定量の文章をアウトプットする訓練はできています。

そうした小論文のバリエーションの一つ、と考えて取り組めば、恐れることはありません。

中小企業診断士、大学生は独学すべき?

大学生は中小企業診断士の試験勉強に、どのように取り組むべきでしょうか?

もともと、中小企業診断士試験の受験生の多くは社会人です。

社会人の受験生は、ある程度、経済力もありますから、TACLECを始めとする資格の学校の通学講座に通われる方も多くいます。

私も、予算と時間に余裕があるのならば、資格の学校の通学講座がベストだと思います。

いつでも質問できる環境、講師や勉強仲間から貰えるモチベーションなど、独学や通信講座にはないメリットが多々あります。

しかし、なんといっても「費用がかかる」点が一番のデメリットです。

TACやLECの場合、20~30万程度の受講料がかかります。

お金のない大学生にとって、この費用の問題が一番のネックとなるでしょう。

一方、一般的に、大学生には、社会人の方よりは自由になる時間が多くあります。

そのため、

「一番お金のかからない独学をしよう」

と思われる大学生の方も多いのではないでしょうか。

しかし、「独学が一番安い」というのは、大きな誤解です。

たとえば、市販のテキストで人気のTACのスピードテキストおよび問題集(オリジナル問題集と過去問の2種類)を7科目分買い揃えると、35,000円程度。

さらに、2次試験用の教材もとなると、4~5万円程度はみておかなければなりません。

中小企業診断士試験は、科目数が多いため、独学でも、かなり費用がかかってしまうのです。

そこで、おすすめなのが、「スマートフォン対応の動画講義が中心の通信講座」

その代表が「スタディング」と「診断士ゼミナール」です。

どちらも4万円台から始めることができ、スマホ動画が中心なので、電車内やカフェなど、場所を選ばずに勉強ができます。

しかも、専門の講師が分かりやすく講義をしてくれるので、難しいテキストを読むときのように、眠くなることもありません。

そして、「スタディング」と「診断士ゼミナール」が独学より費用面でもっとも優れているところ、それは

「複数年利用する際も、無料または格安で翌年度版の教材が利用できること」

です。

中小企業診断士試験は難易度が高いため、2~3年かけて合格する方のほうが、圧倒的に多いことが特徴です。

まったくの独学で市販テキストを使う場合、翌年は、新傾向を盛り込んだ新しいテキストを購入する必要があります。

その場合、また4~5万円も費用が掛かってしまうのです。

一方、スタディングと診断士ゼミナールは前述のとおり、無料または格安で新たな教材のすべてを入手することができます。

費用面、勉強しやすさの両方の点で、独学よりも、スマホ動画対応の通信講座のほうが、大きなアドバンテージがあるのです。

なお、スタディングと診断士ゼミナールは、どちらを選んでもハズレのない講座内容になっていますが、細かいところでは色々異なる点もあります。気になる方は、以下の徹底比較記事を読んでみてください。

診断士ゼミナール(レボ)と通勤講座 徹底比較 どっちがおすすめ?
こんにちは、トシゾーです。 現在、中小企業診断士の学習用教材では、スマートフォンで視聴できる動画講義に対応した通信講座の人気が、非常に高く...

中小企業診断士、大学生が実務補習に参加する際に気を付けたいこと

中小企業診断士の一次試験、二次試験(筆記)の難関試験を突破後、不合格になることがほとんどない口述試験を終えて、晴れて中小企業診断士の資格ホルダーになるためには、

「二次試験合格日以降、3年以内に実務補習を15日以上受けるか、診断実務に15日以上従事すること」

という登録要件を満たして、中小企業診断士新規登録申請を行う必要があります。

要は、中小企業診断士として正式に資格登録するための、最後のハードルが実務補習になるわけです。

実務補習の参加者は、ほとんどが社会人です。一番のボリュームゾーンは30~40代の働き盛りの世代ですが、50~60代のベテラン世代の方も多くいらっしゃいます。

実務補習は、指導員1名と受講生5~6名が1チームとなって実施しますが、上記のように、参加者の世代は様々です。

そんな中では、大学生の方は、間違いなく一番年下の参加者となるでしょう。

つまり、実務補習とは、様々な年代の混成チームによる共同コンサルティングのようなものであり、世代がバラバラなため、打ち合わせなどにおいても、様々なギャップが発生することになります。

特に、社会経験がない大学生と、社会に出ている他の参加者の認識には、大きなギャップが発生します。

当然、社会経験がない大学生のほうが、打ち合わせにおいても、適切な発言・提案など難しいと思います。

しかし、そんなことは気にしても仕方がありません。

「社会人の諸先輩から、様々な経験値を学ぶ」

という意識で、相手に敬意を以て接すれば、他の社会人メンバーも、大学生のあなたに対し、色々と教えてくれることでしょう。

このような経験は、あなたにとって何者にも代えがたいものですし、就職活動において活かせる大きなアドバンテージである、と言えるでしょう。

大学生が就活をする際、中小企業診断士の資格があれば非常に評価が高くなる!

大学生が中小企業診断士の資格を取っておくと、どの企業の採用担当者にも、非常に高く評価をしてもらえます。

これは、ただ単に「難関資格だから」という理由ではありません。

中小企業診断士は、「経営・組織運営のプロフェッショナル」を認定する資格ですから、企業の担当者が最大限の評価をするのは当然です。

中小企業診断士の資格よりも、難易度の高い資格には、医師免許・弁護士・会計士などあります。

しかし、これらの資格は、ある特殊な業務におけるスペシャリストの資格であり、すべての企業や部署で価値がある、とは言えません。

これに対し、新入社員として入社当初から、高い経営・組織運営スキルを持つ大学生は、すべての企業や部署で価値がある、と断言できます。

もちろん、企業で本当に活躍できる人は、経営・組織運営のようなビジネススキルだけでなく、創造性やコミュニケーション・スキルなども合わせ持つ必要があります。

ですが、多くの就職活動中の大学生が、ビジネススキルも保持していない状況のなか、中小企業診断士という「ビジネススキルを保証するライセンス」を持っている学生が引く手あまたなのは、当然のことといえるでしょう。

もちろん、学生だけでなく、すでに活躍している社会人にとっても、中小企業診断士の資格は大人気です。

たとえば、中小企業診断士は、2016年、日本経済新聞に掲載された「新たに取得したい資格ランキング」において、1位となっています。

社会人でさえ、取得することが評価される資格ですから、それを入社前の大学生が持つことが、どれだけ価値が高いか、容易に想像できますよね。

大学生は中小企業診断士を取って、就職(就活)を圧倒的に有利にしよう <まとめ>

ここまで、

  • 大学生の中小企業診断士の合格率
  • 中小企業診断士の資格の難易度
  • 大学生が資格を取得する方法
  • 大学生が実務補習で気をつけるべきこと
  • 大学生が中小企業診断士の資格を持つと、採用担当者に最大限評価される理由

などについて説明しました。

現在は昔と違い、「一つの会社に、一生を捧げる時代」ではありません。しかし、卒業後、最初にどのような企業に入社するかは、人生において大切な選択であることは間違いありません。

この記事を読んで、ぜひ中小企業診断士に在学中に挑戦して、就職活動を圧倒的に有利に進めて欲しいと思います。

その他、中小企業診断士の概要については、下記も参考にしてください。

スマホ動画対応のおすすめ通信講座は「スタディング(旧 通勤講座)」と「診断士ゼミナール」

スマホ動画対応の低価格通信講座を使えば、独学でテキストを買うのと同程度の金額で、独学以上にスキマ時間を使え、学習もはかどります。

広告・宣伝をカットして低価格を実現していますので、内容については一切妥協しておらず、驚くほどの高品質な講座を実現しています。

良かったら、「スタディング(旧 通勤講座)」「診断士ゼミナール」の以下の記事をチェックしてくださいね。

おすすめ通信講座第1位 通勤講座
【画像出典:スタディングより】 <すぐにスタディングの公式ページに行きたい方はこちら!> おすすめ第1位:「スタディング 中...
診断士ゼミナール
<すぐに診断士ゼミナールの公式ページに行きたい方へ> =>レボ「診断士ゼミナール」 公式ページはこちら! ※現在、2020年...

 

関連記事

中小企業診断士資格の更新

中小企業診断士資格の更新 |更新要件、理論研修や実務補習・実務従事、ポイントなど

女性の中小企業診断士の活躍

女性の中小企業診断士の割合は?女性にチャンスが多いって本当?

企業診断ニュースなど

中小企業診断協会の会誌「企業診断ニュース」(同友館)のご紹介

中小企業診断士の転職

中小企業診断士は転職に有利?|気になる求人事情は? 本音で徹底解説!

中小企業診断士は食えない? 使えない?

中小企業診断士は食えない? 使えない? ~ネガティブなイメージに全力で反論してみ...

中小企業診断士とダブルライセンス

中小企業診断士のダブルライセンスについて|行政書士・FP・宅建・社労士・税理士な...