スタディング(旧 通勤講座)中小企業診断士講座の評価・評判・口コミの良い点・悪い点を徹底分析!

おすすめ通信講座第1位 通勤講座

【画像出典:スタディングより】

<すぐにスタディングの公式ページに行きたい方はこちら!>

 

こんにちは。管理人のトシゾーです。

KIYOラーニングの「スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座」は、本サイトで一番人気の勉強法(通信教育の教材)です。

  • 通勤時間に動画講義を視聴するなど、徹底的に効率化した学習で短期合格が可能
  • 大手の資格学校の通学・通信講座の5分の1程度の低価格(圧倒的なコストパフォーマンス)

上記2つのポイントを両立していることが、高く評価されているようです。

とは言え、あなたに合うかどうかは、また別の問題ですよね。

本当に、自分にスタディング(STUDYing、旧 通勤講座)は合うのだろうか??

ということを、きちんとチェックして欲しいと思います。

これから学習を始める方にとっては、どんな勉強法を選ぶかは、非常に大事な決断ですから、当然です。

そこで、この記事では、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座に関する、2ちゃんねる(5ch)・Yahoo!知恵袋・そして合格の体験記の口コミや評判を集めてみました。

これらの口コミ・評判を、まずは読んでみてください。

記事の後半では、口コミや評判を踏まえ、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)の機能やポイントについて、徹底分析しています。

また、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)では、無料講座を体験することもできます。

口コミ・評判よりも、「まずは無料で試してみたい!」と言う方は、下記から無料講座に登録して、試してみてください。

=>「スタディング(旧 通勤講座)中小企業診断士講座」の無料お試しはコチラ!

その他、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)を展開するKIYOラーニングでは、中小企業診断士以外にも様々な資格の講座を展開しています。

中小企業診断士以外の資格・検定の講座を無料お試してみたい方は、以下からどうぞ!

=>「すべての資格・検定の講座」の無料お試しはコチラ!

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座の評価・評判・口コミの良い点・悪い点

Contents

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座の概要

「スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座」は、株式会社KIYOラーニングの提供するスマホ動画対応の通信講座です。

KIYOラーニングは、司法試験・税理士・宅建など、約20種類の通信講座を40,000人の受講者の方に提供してきた実績のある、ビジネス系資格の通信講座でNo.1の会社です。

KIYOラーニングでは、同社の通信講座のブランド名を、以前は「通勤講座」としていましたが、2018年12月に「スタディング(STUDYing)」に変更しました。=>公式サイトのプレスリリースはこちら

「スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)」の最大の特徴は、スマホやタブレットを使いながら、徹底的にスキマ時間を利用し、合格できる仕組みになっている点です。

また、最短時間で合格できることを目的に、

「よく出題される基本的な部分から繰り返し学習する」
「知識を整理・体系化し、重要なポイント関連づけながら効率的に理解する」

など、多くの工夫が凝らされています。

スマホ動画以外にも、全教科のテキストがPDFで提供されますので、テキストを使った復習も問題ありません。

以上のように実績・内容とも充実した講座が、4万円台からという低価格で受講できる点も大きな特長の1つです。

スタディングでは、講義動画や問題集、オンラインテキストなどが無料で試せますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

=>おすすめ第1位の通信講座「スタディング(旧 通勤講座)中小企業診断士講座」の無料お試しはこちら

.

その他にも、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)の最新のキャンペーンや価格の情報は、下記記事で確認してください。

おすすめ通信講座第1位 通勤講座
こんにちは、トシゾーです。 この記事では、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座の価格やキャンペーン情報をまとめ...

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座の口コミ・評判

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座の【2ちゃんねる(5ch)】の口コミ・評判

2ちゃんねる(5ch)には、以下のような口コミ・評判が書き込まれていました。

テキストで取り上げられてるテーマの数・ボリュームが多ければ多いほど安心するけど、
じゃあ実際にそれを覚えたり理解できるかっていうと別なんだよな
だから通勤講座みたいに基礎だけ集めたテキストをやり込んだほうが成績は上がるし、あとあと応用問題にも対応しやすい

ーーーーーーーーーー

通勤講座で4ヶ月の勉強で一次合格したけど、一次だけなら通勤講座オススメだよ。
ひたすら講座の音声と記憶フラッシュ、基礎問題繰り返せば短期間にそれなりになる。
大事なところは覚えるつもり。そうでないところは理解して聞き流せばオーケー。
あとは付属の過去問3回ぐらい解けば合格レベル。

————-

綾部清だっけ?
声がいいよね。滑舌も良く、なんとなく聞いてても何を言ってるのか良くわかるように
くどいくらい主語をちゃんと入れて、単文で説明してる。
診断士の学習を何をどのようにやればいいかがわかる入門者には、もってこいの教材だと思います。
しかしながら教材の内容レベルでは、実際の診断士試験には、太刀打ちできない可能性が高いですね。

ーーーーーーーー

通勤講座の長所って音声流してたら強制的に勉強モードになれるところだよね。

———-

書店いってスピテキとかFocusとか見てきた。
その結果、学習範囲は同じだけど、記憶の残しやすさや説明の簡潔さの観点からは通勤講座の方が良かった。あくまで個人的にはだけどね。

——————–

60分かけての車通勤時間や、家に帰って子供の寝かしつけをしながら音声で勉強できたのは助かったわ。
スタートが出遅れたので、スキマ時間を有効活用できなかったら勉強時間が足りずに絶対落ちてた。

——————–

少なくとも通勤時間が使えて、心が折れづらいぞ。
ちゃんと一周勉強出来たのはこれが初めてかもしらん。

【以上、出典:「5ch 資格全般」より】

2ちゃんねる(5ch)の口コミ・評判は、思っていたよりも肯定的な意見が多い印象でした。

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座の【yahoo! 知恵袋】の口コミ・評判

【yahoo! 知恵袋】の口コミ・評判は、以下のようなものです。

通勤講座は良くも悪くも合格点を取るための教材だと思います。本試験で、通勤講座ではやっていない問題が出ましたが、合否に影響を与えるようなことはありませんでした。

———————-

なるべく費用も時間もかけずに合格したいのなら、通勤講座はアリなのかなと思います。そのうえで、必要と懐、勉強時間に応じてテキストを買い足していく感じですね。

———————

通勤講座は科目ごとに6~12単元に分かれていて、各単元は1時間程度の音声講義です。
音声はゆっくりで聞きやすいですが、ボリュームは少なく、内容的に私は足りないような気がします。

【以上、出典:yahoo!知恵袋より】

私の個人的な感想ですが、2ちゃんねる(5ch)の口コミ・評判よりも、yahoo! 知恵袋の口コミ・評判の方が、冷めているというか、少しクールなものが多い印象でした。

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座 2ちゃんねる(5ch)、Yahoo!知恵袋の口コミ・評判 まとめ

ここまで、2ちゃんねる(5ch)、Yahoo!知恵袋の口コミ・評判を見てきました。

肯定的な口コミ・評判から否定的な口コミ・評判まで、いろいろな意見がありますね。

あなたは、これらの口コミ・評判を読まれて、どのような感想をお持ちになりましたか?

私は

「肯定的な口コミ・評判も、否定的なものも、実は同じことを言っている」

と感じました。

具体的には、

「スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)は、合格に必要な内容だけに絞り込んでいる」

という事実を、肯定的(戦略的)に捉えているか、否定的に捉えているかの違い、だと思います。

実際、否定的な意見のほとんどは

「スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)は、内容が少ない気がする」

という主旨で書かれています。

確かに、書店で売られているTACのスピードテキストや、資格受験校のテキストなどに比べれば、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)の内容はボリュームを抑えています。

しかし、それは「合格に必要最低限の内容を、スキマ時間でマスターする」というスタディング(STUDYing、旧 通勤講座)のコンセプトであり、戦略なのです。

中小企業診断士試験は、一次・二次とも、全体の60%以上の得点を獲得することにより、合格することができます。

そのため、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座では、「7割を確実に獲得できるカリキュラム」を作成しています。

一方、他のテキストや通学講座では、出題範囲すべてがカリキュラムに組み込まれています。

当然、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座の内容が、他のテキストや通学講座の内容より少なくなるのは当たり前です。

というわけで、「時間をたっぷり使って、できるだけ高得点を目指す」という方には、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座は向かないでしょう。

その代わり、「スキマ時間を使って、できるだけ効率的に合格したい」という方には、最適な教材だと言えます。

【スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)で中小企業診断士に合格した方】の合格体験記(抜粋)

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)で合格された方の口コミ・評判には、以下のようなものがありました。

中小企業診断士の勉強は、範囲が広いですが、経営という1点において、それぞれの分野がどこかで関連しているのが特徴だと思います。
その関連性を可視化してくれたのが、私にとっては学習マップのツリー構造でした。
それぞれの項目や科目をバラバラに勉強するのでは、半年程度の短期間ではとても合格することはできなかったと思いますので、通勤講座に出会うことができて、私は幸運でした!ありがとうございました。

2017年度合格 武富さん

——————————–

仕事が忙しく勉強の時間が取りにくい私にとって、電車の時間が有効に使える通勤講座は強い味方でした。
おかげさまで初受験でストレート合格できました。
仕事が忙しく勉強の時間が取りにくい私にとって、電車の時間が有効に使える通勤講座は強い味方でした。
1次試験は、何回も繰り返すことを重視。動画で一度インプットしてから、問題集を早いサイクルで何度も回して電車の中で学習しました。
問題集は間違った問題を取り出して勉強できるので電車の中での学習には最適でした。

2017年度合格 正留さん

——————————–

最初、一次試験の物量に圧倒されていましたが、毎日1講座ずつ進めることにより、12月から2月の間で一次試験全科目の学習を一通り終えられました。
あとは問題集での復習をすることにより、早期に一次試験の準備が整いました。

2017年度合格 柳井さん

——————————–

通勤講座のメリットは
①スキマ時間を有効に活用できる勉強形態がとりやすく
②必要最低限に絞り込んだ効果的な勉強量を
③繰り返し勉強することで実力をつける
というコンセプトとそれを実践できる情報提供形態にあると思います。

2017年度合格 Hさん

——————————-

【以上、合格者の声 出典:スタディングより】

以上が、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座を使った方の合格体験記から抜粋した口コミ・評判です。

いずれもスタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座を使って合格した方々の意見ですから、さすがに肯定的な口コミ・評判ばかりですね。

合格された方はどなたも、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座のポイントを押さえて、うまく使いこなしているなぁ、という印象です。

気になった方は是非一度、無料登録して、お試し講座を視聴してみてください。

また、無料登録すると、お試し講座の受講以外に、全133Pの勉強法冊子(PDF版)もダウンロードすることができます。

加速合格法(PDF冊子)全133ページ

加速合格法(PDF冊子)全133ページ【画像出典:スタディングより】

このPDF冊子には、「短期合格の秘訣(ポイント)」や、1次試験と2次試験それぞれの学習方法が分かりやすく書かれています。無料ですので、ぜひダウンロードして読んでみてください。

=>「スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座」の無料お試しはコチラ!

また、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)には、中小企業診断士以外にも、宅建・FP・司法書士・簿記・税理士・行政書士・司法試験など、全部で22の資格・検定の講座があります。

それらもすべて無料お試し講座があるので、気になる方は、そちらもどうぞ。

=>「すべての資格・検定の講座」の無料お試しはコチラ!

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座のポイント

ここで、通勤講座のポイントをまとめておきましょう。

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)のポイント1:忙しい方でもスキマ時間で資格が取れる

スキマ時間で資格が取れる

スキマ時間で資格が取れる【画像出典:スタディングより】

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)では、机に座って勉強する必要はありません。

スマートフォン、PC、タブレットで受講できるため、通勤時間、 移動時間、昼休み、待ち時間、就寝前後など、ちょっとしたスキマ時間で気軽に勉強できます。

繰り返しになりますが、忙しい方でも、「スキマ時間で資格が取れる」のがスタディング(STUDYing、旧 通勤講座)です。

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)のポイント2:テレビ番組を見るように学べる

テレビ番組を見るように学べる

テレビ番組を見るように学べる【画像出典:スタディングより】

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)では、テレビの情報番組を見るような感覚でインプット学習ができます。

初心者でも分かりやすいビデオ講座により、知識をスムーズにインプットできます。講座は1講座30分程度になっているため、通勤時間などで視聴しやすくなっています。倍速再生もできるので、短い時間で復習することも可能。

また、音声講座も付属しており、携帯音楽プレーヤーやオーディオ機器で視聴できるので、家事をしながらやランニング中、車載オーディオなどでも学習ができます。

ただでさえ、「合格に必要最低限な内容に絞ったカリキュラム」なのに、さらに倍速再生まで対応しているのですから、効率的な勉強できるのは当然ですよね。

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)のポイント3:段階的なアウトプット学習で合格を引き寄せる

段階的なアウトプット学習

段階的なアウトプット学習【画像出典:スタディングより】

試験に合格するための最大のコツは「問題練習をしながら実力をつけること」。

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)では、ビデオ/音声講座でインプットした後、最適な順番でアウトプット学習できるよう「学習フロー機能」が組まれてます。

「通勤問題集」で基礎力をつけた後、試験の過去問を解くなど、段階的に問題練習をすることによって無理なく試験に合格できる実力が身につきます。

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)のポイント4:効率的な勉強法と学習ツールが揃っている

効率的な勉強法と学習ツール

効率的な勉強法と学習ツール【画像出典:スタディングより】

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)は、短期間で合格した人の勉強法を、誰でも再現できるように作られています。

中小企業診断士講座では、一次試験と二次試験、それぞれの講座において、画期的な勉強法・学習ツールを提供しています。

一次試験用の勉強法・学習ツール:学習マップ

学習マップ

学習マップ【画像出典:スタディングより】

学習マップは、「マインドマップ」を利用して、中小企業診断士試験の基礎知識を体系的に理解・記憶するためのツールです。

マインドマップとは、脳の記憶のしくみに似た手法で、アイデアを発想したり、記憶を定着させたりするための思考ツールです。

マインドマップでは、関連のあるキーワードを、用紙の中央から放射状へ、どんどん広げて書いていき、つなげていきます。

この構造が人間の脳の構造と似ているため、理解や記憶の定着化が進むといわれています。

スタディングでは、効率的に理解・記憶をするために、マインドマップのような脳科学の手法を活かしたツールを利用しているのです。

二次試験の勉強法・学習ツール:ロジックマップ

ロジックマップ(イメージ)

ロジックマップ(イメージ)【画像出典:スタディングより】

「ロジックマップ」とは、「与件文」を読み込み、「問題」にある指示や条件を確認して、「解答のロジック」を考え、「解答文」を記述するための二次試験対策ツールです。

このロジックマップを使うことにより、論理的な解答作成方法が徹底されるため、短時間で高いレベルの解答を作成することが可能です。

また、「与件文」→「問題文/ロジック」→「解答」、の流れがシンプルなので、訓練次第で、誰にでも使いこなせる再現性の高いツールであることも特長です。

以上のような各種の学習ツールは、スマートフォンやPC、タブレットを使っていつでも練習できるため、スキマ時間で繰り返すことで、実力がアップします。

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)のポイント5:圧倒的な低価格で始められる

圧倒的な低価格

圧倒的な低価格【画像出典:スタディングより】

いくら素晴らしい講座でも、購入できない金額であれば意味はありません。スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)では、運営コストを極限まで削減することで、圧倒的な低価格を実現しています。

「安すぎるのではないか?」という声も多くあるそうですが、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)は、実は講座の開発コストは削っていないとのこと。むしろ、ビデオ制作などの設備には多額の投資をしており、品質はどこにも負けていないと自負しているそうです。

コストを削減しているのは、教室のコストや、大勢の講師、運営コスト、印刷・配送代などです。これらのコストは、講座の開発に関係が無いので、これらを極限まで削減することで圧倒的な低価格が実現できたとのことです。

2020年版 一次二次合格コースは、さらに3つのコースから選択する

スタディング(STUDYing) 中小企業診断士講座は、次の3つのコースがあります。

教材名/コース名ミニマムコーススタンダードコースコンプリートコース
合格戦略講座(9回、合計約6時間)
一次基礎講座(58回、合計約58時間)
実践フォローアップ講座(49回、合計約14時間)
スマート問題集(58回)
過去問セレクト講座(56回)
直前対策講座(7回、合計約21時間)
合格模試(全7科目、解説講義)
二次基礎講座(40回、合計約31時間)
学習Q&Aサービスの利用(チケット制)
Q&Aチケット
冊子版オプション(一次基礎講座)オプションオプションオプション
価格(税抜)¥48,900¥57,900¥72,900

スタディングの売れ筋であるスタンダードコースは、約5.8万円。TACやLECなど大手資格学校では、30万円近くする内容です。

さらに、スタディングでは「合格お祝い金(1万円キャッシュバック)」も貰えます。

大手資格学校の約5分の1と、圧倒的なコストパフォーマンスであることがお分かりかと思います。

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座と、大手資格学校や通信講座と比べた場合のメリット(長所)

ここでは、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座と他の通学講座・通信講座(大手)を比較した場合のメリットについて考えてみます。

スタディング(旧 通勤講座)のメリット(長所)<その1> 学習場所と時間

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座大手資格学校・通信講座(TAC、LECなど)
いつでもどこでも学べる

スマートフォン、タブレット、PCがあれば全ての講座を学べる

教室や、自宅など勉強のための場所が必要

テキストや問題集などを用意・持ち運ぶ必要がある

<管理人からひとこと>
やはり、いつでもどこでもスマホ1つでオッケーというのは大きなメリットですよね。口コミ・評判でも、一番評価されていた点です。

スタディング(旧 通勤講座)のメリット(長所)<その2> インプット学習

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座大手資格学校・通信講座(TAC、LECなど)
専用スタジオによる高品質な映像講義

テレビの情報番組のようにテキスト無しで理解できる

教室などの講義を撮影した映像

テキストが無いと理解できない

<管理人からひとこと>
テレビの報道番組や教養番組のノリで勉強できるのは、資格取得に慣れていない方でも、勉強が苦にならずに済みそうです。

スタディング(旧 通勤講座)のメリット(長所)<その3> テキスト

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座大手資格学校・通信講座(TAC、LECなど)
WEBでいつでも参照可能冊子のみ

<管理人からひとこと>
スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)はテキストをPDFで提供しています。必要な部分だけを印刷してもよいですし、オプションで冊子のテキストも用意しています。

スタディング(旧 通勤講座)のメリット(長所)<その4> 問題練習

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座大手資格学校・通信講座(TAC、LECなど)
オンラインでいつでも練習できる冊子が中心

<管理人からひとこと>
問題演習も、動画で講師が解説してくれるので、理解しやすいです。もちろん、PDF版もあるので、そちらを読んでもオッケーです。

スタディング(旧 通勤講座)のメリット(長所)<その5> 講師

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座大手資格学校・通信講座(TAC、LECなど)
ベストな講師の講義が受けられる通学だとアルバイト講師に当たる場合も多い

<管理人からひとこと>
大手資格学校の通学講座の生(ライブ)講義は迫力ありますが、確かにイマイチな先生もいます。学校によっては、若いアルバイト先生のほうが分かりやすく、ベテランの先生のほうが話し方にクセがあったりして、分かりにくいこともあります。
スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座の綾部講師の活舌の良さが、口コミ・評判でも評価されていましたね。確かに、聞き流すのに活舌は大事ですね。

スタディング(旧 通勤講座)のメリット(長所)<その6> 価格(値段・料金)

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座大手資格学校・通信講座(TAC、LECなど)
大手の資格学校・通信講座の5分の1程度

個人がすぐに払える金額

中小企業診断士で30万前後、司法書士は40万~50万円程度と高額

個人がすぐに払える金額ではない

<管理人からひとこと>
中小企業診断士講座の場合、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)と独学では、あまり費用は変りません。中小企業診断士は1次試験だけで7科目ありますし、それぞれテキストや問題集を購入すると3~4万円も掛かってしまいます。さらに2次試験の教材のことも考えると、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)を受講できてしまうんですよね。

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)と、大手資格学校や通信講座と比べた場合のデメリット(短所)

多くのメリット(長所)のあるスタディング(旧通勤講座)ですが、もちろん、デメリット(短所)もあります。

スタディングを使う上で気になるデメリットは、次の2点です。

スタディング(旧 通勤講座)のデメリット(短所)<その1> 紙のテキスト(冊子)が手に入らないものがある

前述のとおり、スタディングではテキストはすべてPDFで配布します。

一般の科目のテキストは、オプションで購入することもできます。

ただし通勤問題集や過去問題集は冊子版は販売しておりません。必要であれば、自分で印刷をするしかありませんが、ページ数も多く、あまり現実的ではないでしょう。

世の中にはどうしても紙のテキストが欲しいという方も一定数いらっしゃいますので、そうした方には、スタディングは使いにくいかも知れません。

スタディング(旧 通勤講座)のデメリット(短所)<その2> 一部の科目は、動画を閲覧するだけでは十分ではない

財務会計や経済学など一部の科目では、「計算式を書く」「グラフを書く」など、手を動かすことで理解を深めていきます。

そのため、「すべての科目を隙間時間の動画講義の閲覧でマスターしよう」と考えいる方にとっては、財務会計や経済学のマスターは難しいかも知れません。

これらの科目は、どうしても、机に座って一定のアウトプットをすることが必須となります。

ただ、これらのデメリット(短所)は、スタディングだけの問題ではなく、通信講座全般に関していえることです。

中小企業診断士の学習をする上では、インプットだけではなく、アウトプット学習も必要になる、ということです。

「スタディング(STUDYing)」と「診断士ゼミナール(レボ)」、どっちを選ぶべきか?

スタディングと同じく、「高品質でコストパフォーマンスが高い動画対応の通信講座」として、株式会社レボの「診断士ゼミナール」も人気です。

それでは、スタディングと診断士ゼミナールのどちらを選べばよいのでしょうか?

ズバリ、結論から言うと、どちらも甲乙つけがたい、というのが本音です。

ただし、実際に比較して分かったこともあります。

それは、比較すると異なるポイントも多い、ということ。

両者を比較することで、管理人が強く感じたことは、コンセプトの違いにより、それぞれの講座が力を入れているポイントが異なっている、ということです。

分析した結果、両者のコンセプトをまとめると

標準価格の範囲内で、合格のための基本機能を徹底的に充実させた「診断士ゼミナール(レボ)」

診断士ゼミナール(レボ)より若干高価ではあるが、知名度・実績ともに高く、オプションにも力を入れたバランスのよい「スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)」

となります。

結論としては、どちらを選んでも間違いはないので、あなたが共感できるコンセプトの講座を選ぶべきです。

スタディングと診断士ゼミナール(レボ)の詳細比較を知りたい方は、下記の記事をチェックしてください。

診断士ゼミナール(レボ)と通勤講座 徹底比較 どっちがおすすめ?
こんにちは、トシゾーです。 現在、中小企業診断士の学習用教材では、スマートフォンで視聴できる動画講義に対応した通信講座の人気が、非常に高く...

スタディング(STUDYing)は、こんな方におすすめしたい!

ここまでスタディング(STUDYing)について様々な点をチェックしてきましたが、その結果、ずばりスタディング(STUDYing)をおすすめしたい方は、以下に該当する方です。

  • 独学で中小企業診断士に挑戦しようとしている方
  • スキマ時間などを活用して、できるだけ短時間で合格したい方
  • 低価格でも高品質な教材を求めている方

まず、独学希望の方に対しては、スタディング(STUDYing)を始めとする「低価格な動画講義対応の通信講座」を強くおすすめしています。

というのも、実は、あまり知られていないのですが、市販のテキストだけを使う独学でも、

「意外と費用がかかる」

のです。

たとえば、診断士のテキストとして一番人気のTACのスピードテキストおよび問題集(オリジナル問題集と過去問の2種類)を7科目分買い揃えると、35,000円程度。

さらに、2次試験用の教材もとなると、4~5万円程度はみておかなければなりません。

一方、スタディング(STUDYing)の場合、スタンダードコースで約5.8万円ですが、合格お祝い金で1万円オフ、となります。

さらに、1年間でストレート合格できなかった場合、市販のテキストは買い替えになりますが、スタディング(STUDYing)の場合は、更新版講座が15,980円(税込)で購入できます。

つまり、複数年かけて計画的に中小企業診断士試験に挑戦する場合、スタディング(STUDYing)の方が明らかに低コストになります。

そのうえ、ここまで見てきたとおり、スタディング(STUDYing)なら、スキマ時間を徹底活用して短期合格を狙えます。

以上が、先に挙げた事項に該当する方に、スタディング(STUDYing)をおすすめしたい理由です。

一方、スタディング(STUDYing)をおすすめできない方も確実にいらっしゃいます。

それは、

  • TACやLECなどの大手資格学校の通学コースに通う費用と時間のある方

です。

管理人は、大手予備校の実績のある講師のクラスに通えるならば、それが一番だと考えています。

分からないことがあれば、すぐに納得行くまで質問できますし、一緒に勉強を頑張れる仲間もできる。これは非常に大きなメリットですし、お金では買えない友人が見つかる可能性もあります。

ただし、毎回、同じ講師の授業に通えずに代替授業を受けたり、ビデオ講義で補講を受けたりする可能性のある方は注意してください。

代替授業やビデオ講義の講師は、資格を取得したばかりの経験の浅い講師であることが多いのです。

いずれにしても、あなたにとって最適な手法で、中小企業診断士試験に挑んで欲しいと思います。

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)には、中小企業診断士以外にも、様々な資格・検定に対応した講座が揃っている

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)には、中小企業診断士講座以外にも、22の資格・検定に対応した講座があります。

「宅建士 通勤講座」
「FP 通勤講座」
「司法書士 通勤講座」
「簿記 通勤講座」
「税理士 通勤講座」
「行政書士 通勤講座」
「司法試験 通勤講座」
「外務員 通勤講座」
「ビジネス実務法務検定 通勤講座」
「コンサルタント養成講座」
「マンション管理士 通勤講座」
「データサイエンティスト基礎講座」
「技術士 通勤講座」
「ビジネス著作権検定 通勤講座」
「販売士 通勤講座」

どのコースも、通勤時間などのスキマ時間で学べ、内容は初心者の方にも学びやすい講座となっています。

また価格は、従来の資格学校・通信教育よりも、格段に安くなっているのは、中小企業診断士講座と同等です。

他の資格・検定に興味のある方、差別化のためにダブルライセンスを狙う方など、上記の22の資格・検定でも、すべて無料お試しがあります。

まず、実際に試してみて、どんな感じの講座なのかを実感してみてください。

=>「すべての資格・検定の講座」の無料お試しはコチラ!

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座(KIYOラーニング)の評価・評判・口コミを徹底分析! <まとめ>

ここまで、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)について、徹底的に調査・分析をしてきました。

スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座の口コミ・評判は、すべてが肯定的なものではないものの、否定的な口コミ・評判は

「スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)の内容が少ないのでは?」

という講座のボリュームに関するものであることが判りました。

しかし、

「合格に最低限な内容だけにして、スキマ時間を使い最短合格を目指す」

というのがスタディング(STUDYing、旧 通勤講座)のコンセプトであり、戦略です。

この戦略に賛同して頂ける方には、まさに最適な学習ツールとなることでしょう。

ここまで読まれて、スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)のコンセプトや戦略が理解できたら、まずは、無料お試し講座を受講してみてください。

そうすれば、本当に自分に合う講座かどうかが、はっきりすることでしょう。

もちろん、合わせて、全133Pの勉強法冊子(PDF版)もダウンロード&読んでみてくださいね。

加速合格法(PDF冊子)全133ページ

加速合格法(PDF冊子)全133ページ【画像出典:スタディングより】

=>「スタディング(旧 通勤講座)中小企業診断士講座」の無料お試しはコチラ!

=>「すべての資格・検定の講座」の無料お試しはコチラ!

また、最新の勉強法ランキングをチェックしたい方は、以下の記事を読んでみてください。

<関連記事>
中小企業診断士の通信講座 おすすめは? ~独学にも使える、2019年最新版 比較・ランキング!

 

関連記事

STUDYing(スタディング)年末年始お年玉キャンペーン

スタディング(旧 通勤講座)がお年玉キャンペーンで、10%OFFクーポンを進呈中...

STUDYing(スタディング) ロゴ

「通勤講座」が「スタディング(STUDYing)」にブランド名を変更しました

資格の大原 口コミ・評判

資格の大原 中小企業診断士講座の口コミ・評判、レビュー

NO IMAGE

診断士ゼミナール(レボ)のテキストを分析! 配信スケジュールもお伝え

診断士ゼミナールで合格!

診断士ゼミナールの評判|受講者の口コミ・合格体験記を紹介します。

「診断士ゼミナール 申し込みできない」

【診断士ゼミナール 申し込みできない】問題を解決します!