中小企業診断士試験

中小企業診断士の合格に必要な勉強時間!一次試験・二次試験・科目別も紹介!

中小企業診断士の勉強時間

 

<人気講座ランキング(上位3社)

  • 第1位 診断士ゼミナール基本機能を充実させながら業界最安価格を実現!
  • 第2位 スタディング14万人が受講!低価格で高品質オンライン学習
  • 第3位 アガルート本気の方に嬉しい!合格時全額返金+祝い金3万円

=>中小企業診断士の通信講座おすすめランキング&徹底比較記事はこちら

 

こんにちは、トシゾーです。

中小企業診断士試験は科目数も多く、難易度は高い、と言われています。

そのため、初学者の方は

「いったい、合格までどれぐらい勉強時間が必要なの?」

と疑問が出てきますよね。

そこで、この記事では、科目別・一次/二次試験別など、目安(平均)となる勉強時間を分かりやすく説明します。

また合わせて、

「中小企業診断士の試験科目の勉強する順番」

「中小企業診断士の勉強開始時期は、いつがよいのか」

など、中小企業診断士の資格に興味のある方が気になる点についても、紹介します。

気になる方は、ぜひ参考にしてください。

なお、中小企業診断士試験の「最速勉強法」ノウハウについて、現在、資格スクールのクレアールが、市販の受験ノウハウ書籍を無料でプレゼントしています。

無料【0円】なので、合わせてチェックしてみてください。

<クレアールに資料請求をすると、市販の書籍「非常識合格法」がもらえる【無料】

現在、クレアールの中小企業診断士通信講座に資料請求すると、市販の中小企業診断士受験ノウハウ本が無料でもらえます。

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

診断士受験ノウハウの書かれた市販の書籍が無料【0円】で貰えるのですから、応募しないと勿体ないですよね。

=>クレアール 診断士試験攻略本(市販の書籍)プレゼント付き資料請求はこちら

中小企業診断士の勉強時間 実際は1,000~1,200時間程度

中小企業診断士は「日本版MBA」とも言われ、「民間の経営コンサルタントの唯一の国家資格」です。

非常に魅力ある資格ですが、そのぶん難関なため、合格までに必要な実際の勉強時間の目安(平均)は、1,000~1,200時間前後とされています。

ただし、これから勉強を始める初学者の方は、余裕をもって計画を立てるべきですから、「1,200時間は必要」と考えたほうがよいでしょう。

1,200時間を365で割ると、1日あたりの勉強時間は約3時間20分毎日3時間以上の勉強を1年も続けるイメージであり、決して簡単な道ではありません。土日に集中的に勉強するにしても、平日に2時間程度は必要でしょう。

効率よく工夫したり、モチベーションを高く持って集中したりすることが大切で、それが短期合格のコツになります。

なお、1,000~1,200時間というのは、一次試験・二次試験のすべてに対する勉強時間です。

※twitterでも多くの受験生が勉強時間について呟いていますが、やはり1,000~1,200時間程度という数字が一般的になっています。

中小企業診断士の一次試験 試験科目ごとの勉強時間の目安(内訳)

一次試験7科目、それぞれに必要な勉強時間は次のとおりです。

  • 経済学・経済政策:150時間
  • 財務・会計:200時間
  • 企業経営理論:150時間
  • 運営管理:150時間
  • 経営法務:100時間
  • 経営情報システム:100時間
  • 中小企業経営・中小企業政策:100時間

  合計:全950時間

上のように合計950時間となっていますが、予備をみて、1次試験トータルで1,000時間程度と考えましょう。

人によって必要な勉強時間の差は大きく変わる

とはいえ、科目ごとの時間配分は、それぞれの人の、得意分野・不得意分野と大きく関わってきます。

たとえば私(管理人)の場合は、前職がIT系企業のマーケティング部門でしたので、企業経営理論と経営情報システムには、あまり時間をかける必要はありませんでした。

銀行員や経理部の方、簿記資格をすでにお持ちの方は、財務会計の習得の時間を大きく削減できるしょうし、大学で法律を学んだ方の場合、経営法務の勉強時間を短縮できるでしょう。

受験者ごとに、これまで経験した業種や職種、出身大学および学部、保有資格など、経歴やバックグラウンドは多種多様なため、自ずと得意・不得意な知識が決まってしまいます。

自分の実力を把握した上で、効率的な学習で得意な科目の勉強時間を短縮し、不得意科目に使える時間を捻出するような計画を立てるとよいでしょう。

以下、それぞれの科目について、上記の勉強時間が必要となる要因を説明します。

財務会計の勉強時間:

財務会計は、1次試験7科目中で最長の200時間が目安(平均)となります。

簿記のマスターから始まり、広範な範囲において一つずつ基礎の理解を積み上げていき、かつ、手を動かして正しい解を導き出せるよう、反復して学習しなければ合格できません。

財務会計は2次試験にも相当深い関係がありますし、中小企業診断士試験に合格において、最大のカギとなる科目といえます。

企業経営理論、運営管理の勉強時間:

企業経営理論運営管理も、財務・会計と同様、1次試験だけでなく2次試験にも深い関連のある科目です。

また、どちらの科目も、出題範囲が広範です。さらに、単なる暗記だけでなく、理解して覚えなければ得点に結びつかない点も、財務・会計と同様です。

ただし、財務・会計ほど理解を積み上げるものではありません。その分、財務・会計よりは勉強時間が短く150時間程度ですむことになります。

経済学・経済政策の勉強時間:

経済学・経済政策は、ほとんど二次試験には関係のない科目です。ただし、単なる暗記では得点できない、積み上げ式の理解が必要な科目です。

そのため、他の暗記科目よりは勉強時間が必要となります。

経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策の勉強時間:

経営法務経営情報システム中小企業経営・中小企業政策の3科目は、暗記中心の学習で合格レベルに到達することができます。

経営法務と中小企業経営・中小企業政策は、二次試験との関連は薄いので、一次対策と割り切って、出題されそうな点を中心に勉強を進めるのがよいでしょう。

経営情報システムは、一部、二次試験に関連してきますが、二次試験への対応は暗記するような内容ではありません。二次試験では、事例企業に対し、課題解決策の一つとしてどのようなソリューション(システム)を導入すべきか、その提案力が問われます。

注意点としては、二次試験の過去問を解く際に、

「事例企業に対し、どのような場合に、どのようなソリューションが有効か」

という考え方を整理するのがよいでしょう。

上の3科目は、あまり深入りせずに、合格レベルの得点力を目指すことが必須です。

中小企業診断士の二次試験 勉強時間の目安

二次試験の勉強時間の目安としては、200時間となります。

二次試験には、以下の4科目(事例)がありますが、それぞれを5年分×3回転させるとすると、のべ60事例を解くことになります。

事例Ⅰ.組織・人事の事例
事例Ⅱ.マーケティングの事例
事例Ⅲ.生産技術の事例
事例Ⅳ.財務・会計の事例

200時間でのべ60事例を解くとすると、1事例あたり3.3時間(200分)。試験と同じ80分で問題を解き、残り120分で解説を読みながら振り返りをする。ちょうどそれぐらいの時間になると思います。

注意すべき点として、ストレート合格を狙う方は、一次試験合格後に二次試験の対策を始めたのでは遅くなることです。

というのも、1次試験の合格発表から2次試験まで約7週間しかありません。単純に計算すると、1日1事例を解いても間に合わないことになります。

おすすめは、過去3年分程度(1回転目)を、一次試験と並行して勉強しておくこと。もちろん、一次試験に落ちてしまっては元も子もないので、そこは一次試験勉強の進捗状況をみながら検討することになります。

中小企業診断士の勉強時間 最短では500時間未満の知人がいた

ここまで、一次試験・二次試験の科目別の勉強時間の内訳をみてきましたが、最短では、どれぐらいで合格できるのでしょうか。

私の知人では、4月末(GWの始まり)から試験勉強を始めて、その年の二次試験までストレート合格された方がいます。

正味の勉強時間を聞くと、「500時間を少し切るぐらい」とのことでした。

ただ、この方は、もともと経理職の方であり、財務・会計について、最初から多くの専門知識をお持ちでした。

財務・会計以外でも、あなたの専門分野が、中小企業診断士試験の科目と重なっていれば、その分、勉強時間を短縮できることになるでしょう。

中小企業診断士試験の合格に必要な年数は?

平均受験回数は3回

中小企業診断士試験では、平均受験回数は約3回です。毎年1回しか試験は開催されないため、平均的な受験生は3年間勉強していることになります。

ただ、実際には合格できないまま諦めてしまう人も少なくありません。数年もの間、地道に努力を続けることができれば決して無理な目標ではありませんが、それが如何に難しいことであるか、心に留めておく必要があるでしょう。

働きながら受験する方が多い

中小企業診断士の合格者のボリュームゾーンは30代・40代となっています。そして、これらの方のうち、ほとんどが職業に付いている方です。

つまり、中小企業診断士試験は「働きながら合格できる試験」といえますが、一方で、働きながらだと、常に必要な勉強時間が確保できるとは限りません。

そのため、無理して1年でストレート合格しようとせず、戦略的に2年計画(複数年計画)を実行する方も多くいます。

家族のサポートも必須となるでしょう。

2年計画(複数年計画)を実行する

大前提として、1年でストレート合格できれば、それに越したことはありません。

予備校の戦略もあって、「中小企業診断士に1年でストレート合格」という言葉が巷では溢れていますし、受験に専念できる環境であればストレート合格を目指すべきでしょう。

しかし業務の都合などで、物理的に時間が取れない人は多くいます。

そのような場合、まったく焦る必要はなありません。

無理なく計画的な勉強スケジュールで中小企業診断士の合格を目指すために、2年計画を立て、取り組む方法がおすすめです。

1年間では難しくても、2年計画にすればゆとりをもって中小企業診断士の試験対策ができます。

中小企業診断士試験の2年計画について詳しくは、下記記事を参考にしてください。

中小企業診断士 合格までの2年計画
2年計画で中小企業診断士の合格を目指す!具体的な勉強の戦略・スケジュールを教えます!【2022年最新版】こんにちは、トシゾーです。 中小企業診断士は難易度の高い試験です。 資格予備校などはよく「1年でストレート合格」などのキャッ...

科目合格制度を使った戦略も重要

2年計画を実行するのであれば、科目合格制度を戦略的に狙って活用することが必要です。

ただ、科目合格制度は少々複雑でして、単純に「1年目に合格した科目をすべて免除すると、却って不利になる」ケースも存在します。

科目合格については、同制度を徹底分析して検討した、「最強の科目合格戦略」の記事を、ぜひ参考にしてください。

最強の科目合格
中小企業診断士の科目合格狙い最強の戦略を教えます!【2022年版】 . こんにちは、トシゾーです。 平成18年度から、中小企業診断士第一次試験に科目合格制度が設けられました。 そ...

勉強のスケジュールの順番は

資格受験校LECでは、一次試験7科目のスケジュールを以下の順番で学習します。

  1. 企業経営理論
  2. 運営管理
  3. 財務・会計
  4. 経済学・経済政策
  5. 経営法務
  6. 経営情報システム
  7. 中小企業経営・中小企業政策

LECに限らず、他の受験校や通信講座のスケジュールも、多少の前後はあれ、だいたい、このような順序で学習します。

理由としては、暗記中心の科目(経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策)は、できるだけ後で学習し、理解が必要な科目は早い段階から学習する、という考え方をしているためです。

さらに、しっかり理解することが必要な科目の中でも、中小企業診断士の基本となる企業経営理論は、ほぼすべての講座が、一番に学習します。

もし、あなたが独学をされる場合でも、このような学習の順番は、必ず参考にして欲しいと思います。

勉強開始時期 おすすめは?

「受験勉強は、いつから開始するのがよいですか?」

という質問を、時々受けることがあります。

これには、いろいろな意見があります。

  • 9月から10月に、来年のストレート合格を目指して始める
  • 4月から5月に、科目合格制度を使って翌年の合格を目指す

などが代表的な意見です。

しかし、私の考える勉強のおすすめの開始時期「思い立った時に始める!」というものです。

このことに関しては、それぞれの考え方の根拠などもふくめて、別の記事で詳細に説明していますので、よかったら読んでみてください。

雇用保険・健康保険・厚生年金保険
中小企業診断士の勉強開始時期は、いつからがおすすめ?4月から?1月から?こんにちは、トシゾーです。 中小企業診断士の試験には、一次試験・二次試験(筆記・口述)とあります。 当然ながら、一次試験に合...

難易度や勉強時間を他の国家資格と比較

TACの2021年度版 資格ランキングによる難易度

資格の学校TACでは、様々なビジネス系の資格の難易度をランキングにしています。

2021年のTAC資格ランキングから、比較されることが多い他の士業の難易度ランキングをみてみましょう。

公認会計士 ★★★★★
税理士 ★★★★★
社会保険労務士 ★★★★
中小企業診断士 ★★★★
司法書士 ★★★★★
行政書士 ★★★★
宅建(宅建士) ★★★

上のように、TACの難易度ランキングでは、中小企業診断士と社会保険労務士・行政書士は難易度4で、同程度と位置付けています。

勉強時間から見た難易度

著名な士業について、資格取得までの目安時間を調べてみました。

表では、目安となる勉強時間が長い順に並べていますが、弁護士(司法試験)が突出しているのが分かります。

また、弁護士~税理士までの資格は「働きながら取るのが難しい」と言われたりしますが、確かに2,500~6,000時間も必要だとすると、勉強に専念するほうが現実的かも知れません。

逆に言えば、勉強時間が1,000時間超の中小企業診断士や社会保険労務士(社労士)ぐらいまでが、現実的に働きながら取得することが可能な資格といえるでしょう。

中小企業診断士試験の難易度については、下記の記事も参考にしてみてください。

中小企業診断士の難易度
中小企業診断士の難易度ランキング!偏差値や他の国家資格、大学との比較こんにちは、トシゾーです。 民間の経営コンサルタントを認定する唯一の国家資格が中小企業診断士です。 弁護士や税理士・会計士な...

 

試験の概要

勉強時間や勉強開始時期などを検討するためには、試験日程を押さえておく必要があります。

ここでは、試験日程を中心に、試験制度の各項目を確認しておきましょう。

1次試験の特徴

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく、どなたでも受験可能

試験形式

マークシート方式

7科目(各科目の配点:100点満点)

受験手数料

14,500円

実施地区

札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡・那覇の 8地区

合格基準

総点数の60%以上であって、かつ1科目でも満点の40%未満のないこと

1次試験 実施スケジュール(試験日)

  • 申込受付(出願):5月~6月上旬
  • 試験実施:8月上旬(土曜日・日曜日の2日間)※2021年度は五輪実施のため8月下旬実施でした
  • 解答発表:一次試験終了後、数日以内に中小企業診断協会のHPで発表
  • 一次試験合格発表:9月上旬

合格率

近年は30~40%程度で推移

合格者数

近年は4,000~5,000人程度で推移

2次試験の特徴

受験資格

その年、または前年の一次試験合格者

試験形式

筆記試験: 4科目の事例問題(各科目の配点:100点満点)。20文字~200文字で解答させる設問が6~8個程度出題される記述式(模範解答無し)。

口述試験: 面接による試験(10分程度)

受験手数料

17,800円

実施地区

札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の7地区

合格基準

筆記試験における総点数の60%以上でかつ1科目でも40%未満がなく、口述試験における評定が60%以上のもの

実施スケジュール(試験日)

  • 出願期間:8月下旬から9月中旬
  • 筆記試験実施:10月下旬の日曜日 ※第3日曜日が多い
  • 筆記試験合格発表:12月上旬
  • 口述試験実施:12月中旬の日曜日
  • 口述試験合格発表:12月下旬

合格率

例年20%程度

合格者数

例年、900人前後

実務補習・実務従事

中小企業診断士は、「民間の経営コンサルタントの国家資格」と位置づけられています。

そのため、合格した後に、コンサルティングの実務経験が義務づけられています。

具体的には、登録申請をする前3年以内に実務補習を15日以上受けるか、診断実務に15日以上従事することが必要です。

  • 登録専門機関の実施する実務補習を受ける(15日以上)
  • 条件を満たす実務に従事する(15日以上)

実務補習」と「実務従事」について詳細は、下記記事をご覧ください。

中小企業診断士の実務補習
中小企業診断士の実務補習!働きながらできる?【実際に参加した感想有り】こんにちは、トシゾーです。 今回の記事は「中小企業診断士の実務補習」について。 中小企業診断士の二次試験合格者の大半が、資格...
実務補習と実務従事
中小企業診断士の実務従事!要件や費用について解説!民間の機関はあるの?中小企業診断士の実務従事(診断実務)について こんにちは、トシゾーです。 今回は中小企業診断士の実務従事(診断実務)について、ご...

 

最短の勉強時間で合格するための勉強方法

難関国家資格試験に合格するための勉強法のポイントは以下のとおりです。

  • 満点を目指さない(診断士の場合は70点を目指す)
  • テキストのインプットに時間を掛け過ぎない
  • 過去問を徹底利用してアウトプット学習を増やす
  • 細かい単位ごとにテキスト→過去問のループを繰り返し、何周も回す

ポイントは、テキストと過去問の時間配分の使い方です。

テキストのインプットの量が多くなり過ぎて、アウトプット演習が不足するのが、一番悪いケースです。

過去問を何度も回して基本的な問題を取りこぼしさえしなければ、自ずと合格は見えてきます。

 

一次試験の勉強方法

一次試験勉強方法の詳細について、さらに知りたい方は、下記の「一次試験 完全合格マニュアル」をチェックしてみてください。

中小企業診断士一次試験 勉強法と試験対策
【絶対合格!】中小企業診断士一次試験の勉強法と試験対策【完全版マニュアル】 . こんにちは、トシゾーです。 これまで、中小企業診断士一次試験の勉強法や対策に関し、多くの記事を書いてきました。 ...

 

二次試験の勉強方法

二次試験の勉強方法については、下記の記事を参考にしてみてください。

経営戦略の策定プロセス
中小企業診断士二次試験の対策と勉強法【2022年に絶対受かりたい人向け】 <2022年1月19日 更新> 令和3年度(2021年度) 中小企業診断士 第2次筆記試験 合格発表(口述試験を受ける資格...

 

独学より通信講座のほうが勉強時間を短縮できる

多忙な受験生ほど資格スクールに通学する時間が取れないので「独学で頑張る!」と考えている方も多いのではないでしょうか。

たしかに、中小企業診断士は働きながら独学で取得できない資格ではありません。優秀な方ほど、「仕事しながら独学でも何とかなるでしょ!」と考える傾向にあるようです。

ただし、独学だと以下2つの要因により、どうしても時間がかかります。

  • 学習計画や教材選びに時間が必要
  • 経営戦略・財務会計など難しいテキストを読んで理解するまで一定の時間がかかる

もし、あなたが当初から「数年かけてコツコツ頑張る」というのなら、独学でも良いでしょう。

しかし、

「合格には1,000時間必要なのはわかったけど、仕事も忙しいので、少しでも勉強時間を短縮したい!」

と考えるのであれば、通勤通学や外出時などのスキマ時間を徹底活用でき、コストパフォーマンスも高い「スマホ動画対応通信講座」の利用をおすすめします。

というのも、

  • スマホ対応の動画で、いつでもどこでも、スキマ時間を使って学習できる
  • テレビの情報番組を見ている感覚で、リラックスしながら知識を吸収できる
  • 高額な大手資格学校の講師のレベルと変わらない、質の高い専門講師の講義やカリキュラムを受講できる

など、それらの講座は進化した学習環境となっているからです。

テキストを読むより、かみ砕いて説明してくれる動画講義の方が理解が早いですし、何よりスキマ時間を徹底活用すれば、机に向かって勉強する時間は大きく削減できます。

現在ではスマホ対応講座は多くありますが、5万円台から受講できる「スタディング」と「診断士ゼミナール」が、品質の高さと価格の安さにおいて、他の講座より頭一つ抜き出ています。

どちらを選んでも間違いはないので、気になる方は「スタディング中小企業診断士講座の口コミ・評判」と「診断士ゼミナールの口コミ・評判」の記事をチェックしてみてくださいね。

スタディング中小企業診断士講座の評判・口コミ
スタディング中小企業診断士講座の評判・口コミ!現役の診断士が徹底調査! <すぐにスタディングの公式ページに行きたい方はこちら!> 「スタディング 中小企業診断士講座」~有料受講者14万人突破...

 

診断士ゼミナールの評判・口コミ
診断士ゼミナールの評判・口コミ・評価【合格者の声を徹底調査!】 <すぐに診断士ゼミナールの公式ページに行きたい方へ> =>レボ「診断士ゼミナール」 公式ページはこちら! こ...

 

各講座の公式ページをチェックしたい方は、以下からどうぞ。

まとめ

ここまで、合格に必要な勉強時間について、くわしく説明してきました。

あなたが将来独立するにしても、現在の会社でキャリアを重ねるにしても、中小企業診断士の資格は、十分に大きな力になることは間違いありません。

ぜひ、将来のためにも、適切な勉強方法を選択して、楽しみながら勉強を進めてほしいと思います。

なお、中小企業診断士の独学で利用するテキストや問題集などについては、下記の記事を参考にしてください。

おすすめテキスト
中小企業診断士の独学~独学向けテキストおすすめの29冊を教えます!【2022年向け最新版】 こんにちは。トシゾーです。 私は、独学で中小企業診断士試験に合格しました(3年もかかりましたが・・・) ...

 

また、その他の試験対策に関連する記事については、下記を参考にしてください。

<一次試験の対策(総合)>

<一次試験 各科目の勉強法や勉強時間、難易度など>

<一次試験の科目合格・科目免除について>

<二次試験の対策>

<中小企業診断士試験 総合>

その他、中小企業診断士に関する記事は、下記も参考にしてください。

著者情報
氏名 西俊明
保有資格 中小企業診断士
所属 合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション