中小企業診断士 運営管理(1次試験) 勉強法や勉強時間、難易度など

運営管理の勉強法

運営管理では、製造業や小売業の具体的なオペレーションについて学びます。

私たちに身近な存在である小売業のオペレーションは「店舗・販売管理」の科目で学習し、製造業のオペレーションは「生産管理」で学習します。

小売業は私たちに非常に身近な存在ですので、店舗・販売管理の科目は、比較的イメージしやすいでしょう。

一方、製造業の生産管理は、その業種で勤務した経験のある人以外はイメージしにくい部分があり、なかなか理解が進まないかも知れません。

そのような方にも効率的に学べるような勉強法について説明します。

中小企業診断士 運営管理(1次試験) 勉強法や勉強時間、難易度など

中小企業診断士 1次試験 運営管理 科目設置の目的

(科目設置の目的)

中小企業の経営において、工場や店舗における生産や販売に係る運営管理は大きな位置を占めており、また、近年の情報通信技術の進展により情報システムを活用した効率的な事業運営に係るコンサルティングニーズも高まっている。このため、生産に関わるオペレーションの管理や小売業・卸売業・サービス業のオペレーションの管理に関する全般的な知識について、以下の内容を中心に判定する。

工場や店舗といった製造業・小売業は、我が国中小企業の代表的な存在です。そのため、それら企業のオペレーションノウハウである生産管理や店舗・販売管理の科目を学ぶことは、中小企業診断士になる人にとって必須と言えるでしょう。

中小企業診断士 1次試験 運営管理 科目の内容

運営管理の分野(その1) 生産管理

試験案内に書かれた出題内容は、以下のとおりです。

  1. 生産管理概論
  2. 生産のプラニング
  3. 生産のオペレーション
  4. その他生産管理に関する事項

生産管理では、「QCDを実現すること」を目的としています。Qとは品質(クオリティ)、Cはコスト、Dは納期(デリバリー)のことです。

この目的を達成するために、各種生産方法(受注生産、見込生産など)や設備の配置などのオペレーション方法が問われます。

また、生産計画や在庫管理の計画手法等についても問われることになります。

運営管理の分野(その2) 店舗・販売管理

試験案内に書かれた出題内容は、以下のとおりです。

  1. 店舗・商業集積
  2. 商品仕入・販売(マーチャンダイジング)
  3. 商品補充・物流
  4. 流通情報システム
  5. その他店舗・販売管理に関する事項

店舗の立地条件から商圏分析、店舗の外装、店内の陳列や照明、プロモーションまで、小売業の経営に必要なオペレーション全般が問われます。

また、ショッピングセンターや商店街などの商業集積地に関する事項や、店舗施設に関する法律知識も知っておく必要があります。

中小企業診断士 1次試験 運営管理 学習のポイント

1次試験の運営管理 勉強法

前述のとおり、店舗・販売管理の科目は多くの人にとってイメージしやすいと思いますが、生産管理の科目は、業種経験者以外はイメージしにくいと思います。

生産管理は2次試験でも出題される重要な科目ですから、中小企業診断士のテキストで分かりにくければ、通学講座や通信講座の講義を聴いたり、運営管理に特化した参考書を活用することも検討しましょう。

通信講座については、低価格かつスマホ動画で講義を視聴できる「通勤講座」がおすすめです。

=>「中小企業診断士 通勤講座」の無料お試しはコチラ
おすすめ通信講座第1位 通勤講座
【画像出典:スタディングより】 <すぐにスタディングの公式ページに行きたい方はこちら!> おすすめ第1位:「スタディング 中...

 

運営管理に特化した参考書としては、「中小企業診断士試験 ロジックで理解する運営管理」がおすすめです。

「中小企業診断士試験 ロジックで理解する運営管理」

こちらは私も受験時代に使いました。かなりボリュームがある書籍ですが、見開き単位で1単元が構成されており、必要な項目だけ読んで理解を深めるようにしました。

生産管理の各手法が、それぞれ図入りで詳しく説明されているので、しっかりイメージできるようになります。

2次試験との関連が低い科目であれば暗記だけで乗り切ることもできますが、生産管理については、しっかり理解するようにします。

1次試験の運営管理 勉強時間

運営管理は生産管理と店舗・販売管理の2科目からなるため、かなりボリュームがある科目です。

そのため、科目として学習時間は多めに設定する必要があります。勉強時間は150時間ほどが目安になるでしょう。

特に生産管理については、業種経験者以外はしっかり時間を取ってでも、理解を深めるようにしましょう。

1次試験の運営管理 難易度

運営管理の過去6年の科目合格率は以下のとおりです。

H25H26H27H28H29H30
10.5%17.8%20.5%11.8%3.1%25.8%

従来は、中小企業診断士試験の7科目の中では、「試験範囲は広いが、しっかり勉強すれば点数が取れる科目」という評価でしたが、昨年(H29)は、非常に難易度が上がりました。

その一方で、平成30年度は、合格率が大きく回復しました。

今後も難易度の上下があると思いますが、1次・2次ともに必要な科目であるため、あまり難易度の変化に気を取られることなく、しっかり学習することが大切です。

中小企業診断士 1次試験 運営管理 学習時の注意事項

1次試験の運営管理と、2次試験との関連

2次試験の事例2「マーケティング・流通の事例」には、店舗・販売管理が関連します。

事例3「生産・技術の事例」には、生産管理が関連します。

繰り返しになりますが、運営管理は、1次試験・2次試験ともに大きく関連しますので、中小企業診断士の学習科目の中でも、中核的な科目の1つとなっています。

中小企業診断士 1次試験 運営管理 まとめ

ここまで見たように、運営管理は非常に範囲も広く、かつ、重要性も高い科目です。

この科目をきちんとマスターするのは大変だと思いますが、しっかり抑えておけば、将来の中小企業診断士の活動で大きな武器となります。

ぜひ、頑張って欲しいと思います。

なお、その他の試験対策に関連する記事は、以下を参考にしてください。

<PR>
中小企業診断士の通信講座 おすすめは? ~独学にも使える、2020年最新版 比較・ランキング

スマホ動画対応のおすすめ通信講座は「スタディング(旧 通勤講座)」と「診断士ゼミナール」

スマホ動画対応の低価格通信講座を使えば、独学でテキストを買うのと同程度の金額で、独学以上にスキマ時間を使え、学習もはかどります。

広告・宣伝をカットして低価格を実現していますので、内容については一切妥協しておらず、驚くほどの高品質な講座を実現しています。

良かったら、「スタディング(旧 通勤講座)」「診断士ゼミナール」の以下の記事をチェックしてくださいね。

おすすめ通信講座第1位 通勤講座
【画像出典:スタディングより】 <すぐにスタディングの公式ページに行きたい方はこちら!> おすすめ第1位:「スタディング 中...
診断士ゼミナール
<すぐに診断士ゼミナールの公式ページに行きたい方へ> =>レボ「診断士ゼミナール」 公式ページはこちら! ※現在、2020年...

 

関連記事

中小企業診断士の関連資格

中小企業診断士の関連資格まとめ! 中小企業診断士試験の合格に役立つ関連資格をまと...

試験制度

中小企業診断士 中小企業経営・中小企業政策(1次試験) 勉強法や勉強時間、難易度...

中小企業診断士試験の科目免除について

中小企業診断士試験の科目免除について、徹底解説します!

経営法務の勉強法

中小企業診断士 経営法務の勉強法~攻略のコツを教えます!

製品アーキテクチャとオープン・アーキテクチャ戦略

中小企業診断士試験の過去問について|近年の傾向と活用方法

中小企業診断士試験の科目免除について

中小企業診断士 経済学・経済政策の勉強法~攻略のコツを教えます!