中小企業診断士 経済学・経済政策の勉強法~攻略のコツを教えます!

中小企業診断士試験の科目免除について

こんにちは。トシゾーです。

経済学・経済政策は、苦手意識のある方が多い科目です。

大学で経済学や商学などを学んだ方以外は、これまであまり縁のなかった科目でしょうし、単純に暗記で乗り切れるものでもありません。

また、文系の科目ですが、数式やグラフを読み解くことも必要です。

以上のようなことが、多くの方が苦手意識を持ってしまう原因ではないでしょうか。

今回の記事では、苦手な方でも攻略できるような、経済学・経済政策の勉強法について書いていきます。

なお、経済学・経済政策の勉強法については本記事で説明しますが、診断士試験全体の「最速勉強法」ノウハウについては、現在、資格スクールのクレアールが、市販の受験ノウハウ書籍を無料でプレゼントしています。

無料【0円】なので、そちらもチェックしてみてください。

<クレアールに資料請求をすると、市販の書籍「非常識合格法」がもらえる【無料】


現在、クレアールの中小企業診断士通信講座に資料請求すると、市販の中小企業診断士受験ノウハウ本が無料でもらえます。

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

診断士受験ノウハウの書かれた市販の書籍が無料【0円】で貰えるのですから、応募しないと勿体ないですよね。

※資料請求備考欄に「非常識合格法プレゼント」と記入が必要です。

=>クレアール 診断士試験攻略本(市販の書籍)プレゼント付き資料請求はこちら

中小企業診断士 経済学・経済政策(1次試験) 勉強法や勉強時間、難易度など

中小企業診断士 1次試験 経済学・経済政策 科目設置の目的

(科目設置の目的)

企業経営において、基本的なマクロ経済指標の動きを理解し、為替相場、国際収支、雇用・物価動向等を的確に把握することは、経営上の意思決定を行う際の基本である。また、経営戦略やマーケティング活動の成果を高め、他方で積極的な財務戦略を展開していくためには、ミクロ経済学の知識を身につけることも必要である。このため、経済学の主要理論及びそれに基づく経済政策について、以下の内容を中心に知識を判定する。

平成30年度中小企業診断士第1次試験案内

https://www.j-smeca.jp/attach/test/h30/h30_1ji_annai.pdf

世の中の経済状況は、中小企業を取り巻く外部環境でもあります。中小企業診断士は経営コンサルタントとして、中小企業の経営に影響を与える経済状況をきちんと理解し、必要に応じて予測・分析できなければいけません。

それが、中小企業診断士試験に経済学・経済政策が設置されている目的と言えるでしょう。

中小企業診断士 1次試験 経済学・経済政策 科目の内容

経済学・経済政策では、「ミクロ経済学」「マクロ経済学」について学習します。

経済学・経済政策の分野(その1) ミクロ経済学

消費者や企業の行動が、どのような効果をもたらすのか」という観点から経済の動きを分析します。

中小企業診断協会が公表している「第一次試験案内」に科目の内容が書いてあります。そのうち、ミクロ経済学の出題範囲の内容は以下のとおりです。

  1. 市場メカニズム
  2. 市場と組織の経済学
  3. 消費者行動と需要曲線
  4. 企業行動と供給曲線
  5. 産業組織と競争促進

経済学・経済政策の分野(その2) マクロ経済学

国全体や国同士の経済活動といった大きな(マクロな)観点から、経済状況を分析します。

中小企業診断協会が公表している「第一次試験案内」に科目の内容が書いてあります。そのうち、マクロ経済学の出題範囲の内容は以下のとおりです。

  1. 国民経済計算の基本的概念
  2. 主要経済指標の読み方
  3. 財政政策と金融政策
  4. 国際収支と為替相場
  5. 主要経済理論

中小企業診断士一次試験 経済学・経済政策 学習のポイント(勉強法など)

一次試験の経済学・経済政策 勉強法

経済学・経済政策は、単なる暗記の科目ではありません。順番に知識を積み上げて、初めて全体が理解できるようになります。

そのような理由から、テキストで勉強する方は、きちんと順番にテキストを読み込んでいく必要があります。なかには、グラフの読み方など難しい論点もあるので、できれば、通学や通信講座の講師が行う講義を聴講するほうが良いでしょう。

しかし、独学だったり、どうしても理解できない場合は、下記の書籍などを参考にしてみてください。

「中小企業診断士のための経済学入門」

以下のアマゾンレビューが、この本の性格をよく表しています。

診断士受験校の最大手TACで、長年「経済」を指導されている先生が書かれた本です。通年で学ぶ大学と違い、1ヵ月強でド素人を合格レベルに引き上げる訳ですから、「なぜ苦手に感じるか」をベースにした、「わかりやすい説明」なので安心です。

このように、中小企業診断士の受験を知り尽くした方が「受験で受かること」を前提に書かれていますので、まずはこの本で全体像を理解し、そのうえで細かい点はテキストに戻ることが有効でしょう。

試験攻略入門塾 速習!マクロ経済学

こちらは、マクロ経済学の基本を、図表を使って非常に分かりやすく説明しています。さらに、無料の動画講義も視聴できるため、しっかり理解することが可能です。

アマゾンのレビュー37件中、81%が★5であり、診断士受験生の方もレビューを書いていました。こちら、以下に引用します。

某資格学校のテキストでは説明が不足しており、「なぜこうなるのだ?」という疑問を解決することができず、諦め気味で受験したH29試験。当然に不合格でした。
その後、こちらのレビューを見て『速習!マクロ・ミクロ経済学』のことを知り、両方とも購入のうえYouTube授業を受けました。石川先生の話し方はとてもわかりやすく、前年までの疑問が「なるほど」に変わったのを実感できました。おかげさまでH30試験では経済学合格でした。
H30試験では貯蓄投資バランスが出題されましたが、試験の最中、石川先生がお話されていた内容が頭に思い浮かび、迷うことなく正答を選ぶことができました。
レビューという形ではありますが、石川先生には感謝申し上げます。診断士試験を受験される方にはおすすめの本です。

 

試験攻略入門塾 速習!ミクロ経済学

前項の「試験攻略入門塾 速習!マクロ経済学」のミクロ版です。

こちらは、アマゾンレビュー33件中、79%が★5でした。もちろん、講義動画も視聴可能です。以下レビューから。

初版から約6年経っているが、今尚内容に不足は全くありません。
WEB動画視聴でのサポートも、
内容が理解できない=それは自分がどこかで諦めているだけ。と理解しても良いくらい充実しています。

入門編とされていますが、本書を一通り理解することが出来れば、
再現は難しくとも、基本的な資格や大学試験の択一問題は確実に対応できる。そんな本です。
マクロも拝読しましたが、同様に素晴らしい。

初版は2011年。
原発問題などが盛んに議論された年ですが、石川先生は今に至る経過や未来も一部言い当てています。
それもまた今読む(見る)と面白い。

私自身、本書に出会ってから色んな学問に興味が出て、様々な学問に触れるたび
例えば今の生産工学もマーケティングも、基礎基本の考え方の源泉は経済学にある気がします。
購入以来繰り返し読んでいますが、そんな源泉の経済”学”とはなんたるかを知ることができます。

マクロと併せてオススメです。間違いなく購入して勉強するに値します。

 

一次試験の経済学・経済政策 勉強時間

苦手な方が多い科目と言っても、二次試験に直接関係ない科目ですし、あまり時間をかけてはいられません。

勉強時間は100時間を上限と考え、勉強する際は集中して理解できるように取り組みましょう。

一次試験の経済学・経済政策 難易度

経済学・経済政策の過去7年の科目合格率は以下のとおりです。

H25H26H27H28H29H30R1
2.1%19.4%15.5%29.6%23.4%26.4%25.8%

最近は安定していますが、平成25年のように、急激に難易度が上がることがあります。

たとえ、経済学・経済政策が得意でも、得点源と考えることには危険性があります。

足切りを避けることは前提として、60点取れればまずまず、と考えたほうがよいでしょう。

中小企業診断士 一次試験 経済学・経済政策 学習時の注意事項

経済学・経済政策に力を入れ過ぎない

経済学・経済政策には、数学的な面白さがあります。

一部の方は、経済学・経済政策を勉強しているうちに、その面白さにハマってしまい、「経済学・経済政策を極めてみたい」と考えるようになります。

しかし、より上位の目的は「中小企業診断士の試験に合格すること」です。

経済学・経済政策で高得点を取れるのは喜ばしいことですが、必要以上に経済学・経済政策の学習に力をいれ、他の教科の学習がおろそかになっては本末転倒です。

経済学・経済政策の面白さにハマってしまっても、「極めるのは、中小企業診断士の取得後にしよう」と考え、受験勉強の時間を適切に配分してください。

一次試験の経済学・経済政策と、二次試験との関連

前述のとおり、経済学・経済政策は中小企業診断士二次試験とは関連がありません。1次突破だけを考え、できるだけ効率的な学習が必要といえます。

中小企業診断士 1次試験 経済学・経済政策 まとめ

ここまで見て来たとおり、経済学・経済政策は、苦手意識を持つ方が多い一方、面白くなってハマる方も出てくるような、ちょっと特徴のある科目と言えるでしょう。難解なパズルに近い、と表現できるかも知れません。

必要以上に怖れることなく、また必要以上に乗めり込むこともありません。スケジュールを決めて、ある意味、淡々と取り組むことが、この科目を攻略する近道と言えるでしょう。

また、その他の試験対策に関連する記事は、下記を参考にしてください。

<PR>
中小企業診断士の通信講座 おすすめは? ~独学にも使える、2019年最新版 比較・ランキング

スマホ動画対応のおすすめ通信講座は「スタディング(旧 通勤講座)」と「診断士ゼミナール」

スマホ動画対応の低価格通信講座を使えば、独学でテキストを買うのと同程度の金額で、独学以上にスキマ時間を使え、学習もはかどります。

広告・宣伝をカットして低価格を実現していますので、内容については一切妥協しておらず、驚くほどの高品質な講座を実現しています。

良かったら、「スタディング(旧 通勤講座)」「診断士ゼミナール」の以下の記事をチェックしてくださいね。

おすすめ通信講座第1位 通勤講座
【画像出典:スタディングより】 <すぐにスタディングの公式ページに行きたい方はこちら!> おすすめ第1位:「スタディング 中...
診断士ゼミナール
<すぐに診断士ゼミナールの公式ページに行きたい方へ> =>レボ「診断士ゼミナール」 公式ページはこちら! ※現在、2020年...

 

関連記事

中小企業診断士1次試験 当日の持ち物

中小企業診断士第1次試験 当日の持ち物や注意事項など【令和元年度(2019年度)...

中小企業診断士 資格の受験勉強、いつから開始するのがベスト?

中小企業診断士 資格の受験勉強、いつから開始するのがベスト? おすすめの時期は?

独学で中小企業診断士になる方法

独学で中小企業診断士になる方法|独学で一発合格するための近道とは

経営戦略の策定プロセス

中小企業診断士 二次試験の対策と勉強法【令和元年度(2019年度)版】(事例Ⅰ~...

経営法務の勉強法

中小企業診断士 経営法務の勉強法~攻略のコツを教えます!

中小企業診断士二次試験 事例Ⅱのポイント

中小企業診断士 二次試験 事例Ⅱ(マーケティング・流通の事例)の勉強法、試験対策...