中小企業診断士試験

中小企業診断士の中小企業経営・政策の勉強方法を教えます!

試験制度

こんにちは、トシゾーです。

中小企業診断士の中小企業経営・政策は、1次試験の最後に受験する科目です。

これが、なかなか手ごわい科目です。

と言うのも、中小企業に関する膨大な量の統計情報や法令、施策を、暗記することが求められるからです。

中小企業診断士の科目の中では、「暗記科目の代表」とも言える科目です。

もちろん、それらの情報は中小企業診断士として独立すれば必要になってくる情報ですので、きちんとマスターできれば、あとあと役に立ちます。

そうした情報を、できるかぎり効率的に学習していきましょう。

なお、中小企業経営・政策の勉強法については本記事で説明しますが、診断士試験全体の「最速勉強法」ノウハウについては、現在、資格スクールのクレアールが、市販の受験ノウハウ書籍を無料でプレゼントしています。

無料【0円】なので、そちらもチェックしてみてください。

<クレアールに資料請求をすると、市販の書籍「非常識合格法」がもらえる【無料】

現在、クレアールの中小企業診断士通信講座に資料請求すると、市販の中小企業診断士受験ノウハウ本が無料でもらえます。

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

診断士受験ノウハウの書かれた市販の書籍が無料【0円】で貰えるのですから、応募しないと勿体ないですよね。

=>クレアール 診断士試験攻略本(市販の書籍)プレゼント付き資料請求はこちら

 

Contents

中小企業診断士 中小企業経営・政策 科目設置の目的

(科目設置の目的)

中小企業診断士は、中小企業に対するコンサルタントとしての役割を期待されており、中小企業経営の特徴を踏まえて、経営分析や経営戦略の策定等の診断・助言を行う必要がある。

そこで、企業経営の実態や各種統計等により、経済・産業における中小企業の役割や位置づけを理解するとともに、中小企業の経営特質や経営における大企業との相違を把握する必要がある。

また、創業や中小企業経営の診断・助言を行う際には、国や地方自治体等が講じている各種の政策を、成長ステージや経営課題に合わせて適切に活用することが有効である。

このため、中小企業の経営や中小企業政策全般について、以下の内容を中心に知識を判定する。

令和元年度(2019年度)中小企業診断士第1次試験案内

https://www.j-smeca.jp/attach/test/h31/h31_1ji_annai.pdf

この科目の狙いは大きく2つあります。

1つは、中小企業の特性を理解して各種業務を行うために、中小企業経営の実態や各種統計資料にあたること。

※統計資料としては「中小企業白書」「小規模事業白書」から出題されます。

2つめは、国や地方自治体が提供する法律や各種政策を効果的に使いこなすため、それらの法や政策を正しく理解すること。

いずれも、中小企業診断士として活動するために必要な知識です。

中小企業診断士 中小企業経営・政策 科目の内容

中小企業診断士 中小企業経営・政策の出題範囲(その1) 中小企業経営

主に「中小企業白書」と「小規模企業白書」の内容から、中小企業を取り巻く環境と中小企業の現状に関わる統計データを学びます。

たとえば、以下のようなデータです。

  • 製造業、卸売業、小売業、サービス業の企業数
  • 中小企業の開業率・廃業率・倒産率

これらをきちんと把握することにより、中小企業の課題と現状をおさえることができるようになります。

中小企業診断士 中小企業経営・政策の出題範囲(その2) 中小企業政策

まず、中小企業基本法を中心とする、中小企業に関する法知識を学びます。

さらに中小企業をバックアップする国や政府(経済産業省、中小企業庁等)の提供する支援策(中小企業政策)の内容をおさえていきます。

試験時間と配点

科目 試験時間 配点
経済学・経済政策 60分 100点
財務・会計 60分 100点
企業経営理論 90分 100点
運営管理 90分 100点
経営法務 60分 100点
経営情報システム 60分 100点
中小企業経営・政策 90分 100点

中小企業経営・政策は、90分で42問程度の問題を解きます。一問当たりの配点は2点~3点となります。

中小企業診断士 中小企業経営・政策 科目免除

中小企業診断士試験の中小企業経営・政策には、科目合格による科目免除があります。

科目合格による免除

前年または前々年に中小企業経営・中小企業政策の科目を受験して合格している場合、科目免除を申請することができます。

科目合格による科目免除について詳しくは、下記記事を参考にしてください。

最強の科目合格
中小企業診断士の科目合格狙い最強の戦略を教えます!【2022年版】 . こんにちは、トシゾーです。 平成18年度から、中小企業診断士第一次試験に科目合格制度が設けられました。 そ...

他資格等保有による免除

中小企業経営・中小企業政策には他の国家資格を保有していることによる科目免除はありません。

中小企業診断士 中小企業経営・政策 学習のポイント

中小企業診断士 中小企業経営・政策の勉強法

中小企業経営は「中小企業白書」「小規模企業白書」からの出題が多く、中小企業政策は中小企業基本法などの法律および「中小企業施策利用ガイドブック」に掲載されている施策から出題されます。

「中小企業白書」や「小規模企業白書」、「中小企業施策利用ガイドブック」は、いずれも全文が中小企業庁のWebサイトからダウンロードできますが、まず間違えてはいけないことは

  • 前年度の中小企業白書から出題される

ということです。

中小企業施策利用ガイドブックも、その年から記載された新しい施策は、まず出題されません。その代わり、前年~前々年から作られたような施策について出題されやすくなっています。

これは、中小企業診断士の試験問題が、かなり早い段階で制作されていることが理由のようです。

(経営法務の法改正の出題タイミングと同じです)

いずれにしても、出題される年度の資料を間違えないようにして下さい。

また、「中小企業白書」や「小規模企業白書」、「中小企業施策利用ガイドブック」は、一度は目を通した方がよいと思いますが、それらをすべて暗記しようとするのは、量が多すぎて非効率的です。

通学や通信講座のテキスト、独学用のテキストは、白書やガイドブックから重要な部分を専門家の目から見て抜き出していますので、そのテキストを徹底的に覚えた方が効率的です。

中小企業診断士 中小企業経営・政策の勉強時間

基本的には暗記科目であり、二次試験との関連も薄いですから、勉強時間は100時間程度でポイントを絞った学習が必要になります。

特に白書のように無機質な数値を覚える必要がある場合、長時間暗記を続けていると効率が下がります。

他の科目以上に、スキマ時間をうまく使って覚えることが望ましいです。

なお、中小企業診断士試験の勉強時間全般については、下記の記事を参考にしてください。

科目別・一次/二次試験別など、目安となる勉強時間を分かりやすく説明しています。

また合わせて、

「中小企業診断士の試験科目の勉強する順番」

「中小企業診断士の勉強は、いつ頃始めるのがよいのか」

など、中小企業診断士の資格に興味のある方が気になる点についても、お伝えしています。

中小企業診断士の勉強時間
中小企業診断士の勉強時間~一次試験・二次試験・最短時間や勉強開始時期は?【2022年最新版】 こんにちは、トシゾーです。 中小企業診断士試験は科目数も多く、そのため中小企業診断士の難易度は高い、と言わ...

合格率から見た、中小企業経営・政策の難易度

中小企業経営・中小企業政策の過去8年の科目合格率は以下のとおりです。

H26 H27 H28 H29 H30 R1 R2 R3
31.1% 12.2% 12.5% 10.9% 23.0% 5.6% 16.4% 7.1%

この科目は、暗記中心の科目のため、きちんと学習すれば得点が積みあがる傾向にあります。

そのため、合格率2桁%台で安定している年度が多いのですが、令和元年のように突然難易度がアップすることもあります。

「取り組みやすい科目」と安心せずに、しっかり対策をする必要があります。

中小企業診断士 中小企業経営・政策 学習時の注意事項

よいテキストがない場合、「図解要説 中小企業白書を読む 」を使う

「勉強法」のところでテキストの話をしましたが、よいテキストが見つからない場合、「図解要説 中小企業白書を読む 」を利用する手もあります。

「図解要説 中小企業白書を読む 」

こちらは、白書の内容を要領よくをまとめてありますので、おすすめです。

また、繰り返しになりますが、必ず受験年度の前年版のものを買ってくださいね。

問題の傾向は毎年変わる(一次試験科目の中で最大)

中小企業経営・政策の出題傾向の最大のポイントは、出題の内容が毎年大きく変わることです。

特に、中小企業経営で出題される「中小企業白書」「小規模企業白書」の統計データは、中身が毎年変わる訳ですから、出題内容が変わるのは当然といえます。

そのため、過去問も「どのような論点が問われるか」を参考にするのは良いですが、そこに記載されているデータの絶対値は参考にできません。過去問に掲載されている過年度のデータを覚えたりすることがないように気を付けましょう。

「中小企業白書」「小規模企業白書」は数字そのものではなく、傾向を押さえる

中小企業経営の問題では、「中小企業白書」「小規模企業白書」に掲載されている規模別・業種別の企業数や中小企業の開業率・廃業率・倒産率などのデータが問われます。

しかし、数字そのものを覚える必要はありません。

  • 他の業種(規模)に比較して、当該業種(規模)の企業の数字は大きいのだろうか?
  • 過去と比較して、数字は増えているのか、減っているのか、どのような傾向だろうか?

以上のように、全体集合の中における、大まかな傾向が問われます。

まずは過去問を見て、「どのような問われ方をするのか」について、しっかり理解をしてください。

1次試験の中小企業経営・政策と、2次試験との関連

中小企業診断士の中小企業経営・政策の科目は、直接、2次試験には関連しません。

しかし、将来の診断士活動に対しては、かなり関連のある資格といえます。

中小企業診断士1次試験 各科目共通の勉強方法

ここでは、一次試験の各科目に共通する勉強方法についてお伝えします。

満点を狙わず、基本事項・頻出事項に絞って70点を狙う

もっとも効率的に合格するという観点から、70点を確実に得点する戦略を実行すべきです。

満点を取る必要はなく、基本事項や頻出事項に絞り、確実に得点しなければならない部分、捨ててもよい部分などを明確に意識して、勉強を進めていきましょう。

そして、基本事項や頻出事項を確実に押さえるためには、アウトプット学習や過去問対策が必要となります。

アウトプット学習を優先する

受験勉強を始めると、ずっとテキストを精読している人がいます。

もちろん、テキストを読むのは悪いことではありませんが、その方法は効率的ではありません。おすすめは、

まずは、テキストにざっと目を通す

実際に過去問に取り組む

というのがアウトプット中心学習です。

過去問を徹底活用する

アウトプット学習の中心は過去問の活用です。

具体的には、どのように過去問を使えばよいのでしょうか?

まず、テキストの1周目はざっと読み、2周目からはテキストを少し進めたら、そのたびに必ず過去問に挑戦するようにします。

なにより過去問を解いていくことで、自分の理解が足りない部分が明らかになります。

また、テキストだけをじっと読み続けても、なかなか頭に入らないもの。

テキスト→過去問→テキスト→過去問・・・この繰り返しこそが、合格への王道だと心得てください。

詳しくは、以下の要領で進めていきましょう。

①テキストをざっと読む(1周目)→全体像をつかむ

まずは、テキストをざっと読みます。

いわゆる1周目、というやつですね。この目的は、出題分野の全体像をつかむこと。

分からないことがあっても、とにかく短時間でテキスト一冊読み終えましょう。

②テキストを1単元ずつ読み、その単元に関係する過去問をやる

テキストの2周目です。

今回は1周目よりも少し丁寧に読みます。そして一単元を読み終わったら、関連する過去問を解きます。

そのため、「年度別過去問題集」よりも「論点別(テーマ別、ヨコ解き)過去問題集」を使うことをおすすめします。

一般的には、過去5~10年分ぐらいのものがおすすめです。

③間違えた問題などに印をつけ、テキストの関連部分を読み込む

問題を解いた際、「自信を持って正解した問題」「迷ったけど正解した問題」「間違えた問題」などが出てくると思います。ここで

・正解したけれど自信がなかった問題 → △

・間違えた問題 → ×

というように印をつけ、それらについてはテキストの関連部分を読み込むようにします。

④過去問を一通り終わったら、×と△だけ繰り返す

以上のような進め方で、テキストと問題集を終わらせます。

その後、今度は過去問題集だけ使って、冒頭から×と△の問題だけを解くようにします。

⑤×と△がなくなるまで、何度も繰り返す

×と△がなくなるまで、過去問を何周も繰り返します。

以上のような流れで取り組めば、理解が足りないところだけを効率的かつ確実に仕上げることができます。

過去問題集は「過去問完全マスター」(同友館)がおすすめ!

前述のとおり、おすすめの過去問は「論点別(テーマ別、ヨコ解き)」に対応したものですが、こちらに該当するのが、同友館から出版されている「過去問完全マスター」となります。

書店で販売されている中小企業診断士試験の過去問題集は「年度別」に編集されたものも多いですが、年度別だとアウトプット学習に適さないので、論点別に対応した過去問完全マスターをおすすめします。

時間がない人にとって理想的
中小企業診断士の試験対策に過去問が役立つ理由!おすすめは2022年版過去問完全マスター(同友館)使い方は? こんにちは、トシゾーです。 今回は、中小企業診断士試験の勉強にあたり、過去問を重視すべき理由と、おすすめの...

また、中小企業診断士の独学用テキストについては、以下の記事を参考にしてください。

おすすめテキスト
中小企業診断士の独学~独学向けテキストおすすめの29冊を教えます!【2022年向け最新版】 こんにちは。トシゾーです。 私は、独学で中小企業診断士試験に合格しました(3年もかかりましたが・・・) ...

 

時短のために通信講座(オンライン講座)の利用も検討する

独学の場合でも、できればテキストではなく、スタディングのようなスマホ動画であれば、倍速再生で見ることができますので、一番効率的です。

独学と変わらない費用で、かつ、独学よりも時間を有効活用できる「スタディング」はこちら

また、過去問を解くときは、難しくて分からない場合、あまり時間をかけて考えるのは得策ではありません。分からなければ解説を読む。そして理解できれば、次の問題に取り組みましょう。

分からなかった問題にはチェックマークをつけておき、後日、分からなかった問題だけ改めて取り組むのが効率的な方法です。

<スマホ動画対応の通信講座における、問題集の絞り込み機能について

一般的なe-ラーニングや、スマホ動画対応の通信講座では、「問題集はPDFで提供」というケースが多いです。

しかし、前述のスタディングでは、学習システムのなかに「問題集/過去問の絞り込み機能」が搭載されています。

この「問題集/過去問の絞り込み機能」を使えば、間違えた問題・繰り返し解きたい問題だけを選択して取り組むことができるので、講義だけでなく、問題演習もスマホ一台で完結することができます。

スマホ動画対応の通信講座を選択する場合は、上記のような学習システム(e-ラーニング環境)も比較されることをおすすめします。

暗記のポイント

科目によって多寡はありますが、中小企業診断士試験においても暗記は欠かせません。

ここでは、試験勉強時における効率的な暗記のポイントについてお伝えします。

「理解してから暗記(記憶)」を徹底すべし

暗記の正統な方法(基本)は

「しっかり理解して覚える(暗記をする)」

というやり方です。

もちろん、「まずは理解する」というステップが含まれるため、当初は単純な丸暗記に比べ、時間が掛かるでしょう。

しかし、理解して覚えることの効果は、それ以上に大きいのです。

理解して暗記すれば、一度忘れても復習時に覚えやすくなる

理解して暗記することの一番のメリットは、復習時に覚えやすくなることでしょう。

もともと、人間の脳は大量の物事を一度に暗記できるようにはなっていません。

しっかり理解した上で繰り返し覚えることにより、記憶が定着していきます。そして1度目より2度目、2度目より3度目の方が覚えやすくなります。

なぜなら、「理解して覚えた知識」については、覚えたことをすっかり忘れたと思っていても、再度理解しようとする際に、一度は理解したプロセスを脳が思い出すからです。

暗記をする前に、背景から理解する

どんな物にも、成り立ちや変遷があります。そうした背景を理解することにより、時代の要請や諸事情などを踏まえ、仕組みや制度などを立体的に把握することに繋がります。

人間の脳は、無意味で単純な事項を覚えるのが苦手で、意味のあることを覚えるのに向いています。

背景が記憶を思い出す際の取っ掛かりになることもあるでしょう。

語呂合わせは適材適所で

「暗記をするなら、語呂合わせが効果的!」

そう考えている受験生の方も多いかも知れません。

確かに、一部の数字の暗記などには語呂合わせは有効な部分もあります。しかし、語呂合わせを過信するのは禁物です。

中小企業診断士の出題範囲は膨大なため、それらを語呂合わせで1つずつ暗記していくことは、とても現実的ではありません。

また語呂合わせでは、語呂合わせの文章を覚えること自体を目的化してしまい、語呂合わせの意味する内容が、試験範囲のどの部分のことなのかを忘れてしまうことが良くあります。そんなことになってしまえば、まさに本末転倒ですよね。

以上のようなことから、語呂合わせは最小の利用に留め、仮に語呂合わせを使う場合は

「その語呂合わせが、出題範囲のどの部分に関するものなのか」

を常に意識しておくことが重要です。

ツールや五感を使った暗記テクニック

暗記カードやスマホアプリを利用する

昔ながらの紙の暗記カード、現代ならではのスマホアプリの暗記カードなどがあれば、通勤時間帯などのスキマ時間を使って学習ができます。

テキストを音読して暗記する

暗記には五感を使うことも有効です。

キーワードを書き出して暗記する

同じく五感を使った暗記術の1つです。

中小企業診断士1次試験 中小企業経営・政策 まとめ

中小企業診断士1次試験の中で、最終科目である中小企業経営・中小企業政策について、対策などをまとめました。

膨大な量の暗記科目なので、気の乗らない方もいると思います。

しかし、診断士になった後では非常に重宝する知識ばかりですし、統計数値の丸暗記などが多く、難しい理論などを理解する必要もありませんので、考えようによっては「実用的、かつ楽な科目」と考えることもできます。

スキマ時間などを上手く使い、淡々と覚えていくことを習慣化してしまえば、あとはやるだけ得点が伸びます。

ぜひ、頑張って攻略して欲しいと思います。

また、その他の試験対策関連の記事については、下記を参考にしてください。

<一次試験の対策(総合)>

<一次試験 各科目の勉強法や勉強時間、難易度など>

<一次試験の科目合格・科目免除について>

<二次試験の対策>

<中小企業診断士試験 総合>

その他、中小企業診断士に関する記事は、下記も参考にしてください。

<PR>
中小企業診断士の通信講座 おすすめは? ~独学にも使える、2022年最新版 比較・ランキング

著者情報
氏名 西俊明
保有資格 中小企業診断士
所属 合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション