中小企業診断士 企業経営理論(経営戦略論、組織論、マーケティング論)【一次試験】 勉強法や勉強時間、難易度など

製品戦略

こんにちは、トシゾーです。

企業経営理論は、その名のとおり、「企業を経営するための考え方(理論)」ですから、中小企業診断士の基本となる科目です。

一次試験だけでなく、二次試験でも、この科目で学ぶことは必要になります。ぜひ、頑張って得意科目にしてしまいましょう!

中小企業診断士 企業経営理論 勉強法

中小企業診断士一次試験 企業経営理論 科目設置の目的

中小企業診断協会の発行する試験案内には、科目設置の目的として、以下のように書かれています。

(科目設置の目的)

企業経営において、資金面以外の経営に関する基本的な理論を習得することは、経営に関する現状分析及び問題解決新たな事業への展開等に関する助言を行うにあたり、必要不可欠な知識である。

また、近年、技術と経営の双方を理解し、高い技術力を経済的価値に転換する技術経営(MOT)の重要性が高まっており、こうした知識についても充分な理解が必要である。このため、経営戦略論、組織論、マーケティング論といった企業経営に関する知識について、以下の内容を中心に判定する。

平成29年度中小企業診断士第1次試験案内

https://www.j-smeca.jp/attach/test/h29/h29_1ji_annai.pdf

上記の科目設置の目的には、「資金面以外の経営に関する基本的な理論」と書かれています。

まさに、経営のプロフェッショナルに必要な知識・理論です。中小企業の経営者が、自社の経営に活かすために、中小企業診断士試験にチャレンジするケースが多いのも、理解できますよね。

ちなみに、資金面に関する経営の基本的な理論は、財務・会計で学習します。

中小企業診断士一次試験 企業経営理論 科目の位置づけ

大企業は、「ヒト・モノ・カネ・情報」といった経営資源を潤沢に持っています。

しかし、ほとんどの中小企業は、そうした経営資源に乏しいことが一般的です。

中小企業にとって、希少で貴重な経営資源を、いかに有効に活用して業績を向上させるか、そのために必要な考え方(理論)が企業経営理論です。

中小企業診断士一次試験 企業経営理論 科目の内容

企業経営理論は、「企業戦略論」「組織論」「マーケティング論」の3つのテーマに分かれます。中小企業診断士の7つの受験科目の中でも、もっとも範囲の広い科目の1つです。

企業経営理論 企業戦略論

試験案内に書かれた出題内容は、以下のとおりです。

  1. 経営計画と経営管理
  2. 企業戦略
  3. 成長戦略
  4. 経営資源戦略
  5. 競争戦略
  6. 技術経営(MOT)
  7. 国際経営(グローバル戦略)
  8. 企業の社会的責任(CSR)
  9. その他経営戦略論に関する事項

 

具体的には、企業戦略論では以下のような内容を問われることになります。

企業活動の全体像
企業の目標やビジョンの立て方
自社の強み/弱みや、自社を取り巻く環境の分析方法
分析した結果をもとに、自社の経営を向上させる経営戦略の策定方法

また、経営分析や経営戦略の策定のためのツール(フレームワーク)も数多く学びます。

たとえば、SWOT分析は、「自社の強み/弱みや、自社を取り巻く環境を総合的に分析するフレームワーク」です。

この企業戦略論は、まる暗記をするだけでは通用しません。というのも、二次試験では、実際にSWOT分析などのフレームワークを使いながら、問題文(与件)に書かれた企業の経営分析などを行って解答することが求められるからです。

フレームワークを使いこなせるレベルになることが求められます。

SWOT分析」については、以下の記事も参考にしてください。

経営戦略の策定プロセス
経営戦略は大きく3つの階層からなっています。それを「階層別戦略」と呼びます。この記事では、最初に「階層別戦略」について見ていきます。 さら...

企業経営理論 組織論

試験案内に書かれた出題内容は、以下のとおりです。

  1. 経営組織の形態と構造
  2. 経営組織の運営
  3. 人的資源管理
  4. その他組織論に関する事項

具体的には、経営資源のうち、ヒト(人材)をどのように活かし、経営戦略上の目標を達成するか、ということを問われます。

組織の形態や人材の配置・管理、リーダーシップ論、モチベーション理論、など、組織全体から個人の能力の活用まで、ヒトに関する幅広い理論が問われることになります。

また、労働基本法などの労働関連法規も出題されます。

なお、モチベーション理論リーダーシップ論については、下記記事に分かりやすくまとめていますので、よかったら参考にしてください。

マズローの欲求段階説
モチベーション理論(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験 モチベーション理論 モチベーションとは「動機づけ」のこと モチベーションは...
SL理論
リーダーシップ理論(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験 リーダーシップ論 リーダーシップ論 概要 組織の人間関係において、もっとも...

企業経営理論 マーケティング論

試験案内に書かれた出題内容は、以下のとおりです。

  1. マーケティングの基礎概念
  2. マーケティング計画と市場調査
  3. 消費者行動
  4. 製品計画
  5. 製品開発
  6. 価格計画
  7. 流通チャネルと物流
  8. プロモーション
  9. 応用マーケティング
  10. その他マーケティング論に関する事項

マーケティングとは、一言で言えば「お客様の”欲しい!”という気持ちを作る」ものです。

そのために、顧客の欲求(ニーズ)をキャッチするための市場調査方法や、商品を売るための仕掛けを企画・実行するマーケティング戦略の立案方法などが問われます。

具体的には、4Pと呼ばれる、プロダクト(製品)、プライス(価格)、プロモーション(販売促進)、プレイス(場所、物流)のそれぞれの戦略理論を学ぶ必要があります。

マーケティングの基礎」については、以下の記事を参考にしてください。

マーケティングの基礎
こんにちは、トシゾーです。 今回は、マーケティングの基本について学びます。 「マーケティング」という言葉を聞いたことがない方はいない...

中小企業診断士一次試験 企業経営理論 学習のポイント

一次試験 7科目の学習順序 : 企業経営理論を最初に学習しよう!

資格受験校LECでは、一次試験の7科目を以下の順番で学習します。

(1)企業経営理論
(2)運営管理
(3)財務・会計
(4)経済学・経済政策
(5)経営法務
(6)経営情報システム
(7)中小企業経営・中小企業政策

LECに限らず、他の受験校や通信講座も、多少の前後はあれ、だいたい、このような順序で学習します。

理由としては、暗記中心の科目(経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策)などは、できるだけ後で学習し、理解が必要な科目は早い段階から学習する、という考え方をしているためです。

さらに、しっかり理解することが必要な科目の中でも、中小企業診断士の基本となる企業経営理論は、ほぼすべての講座が、第一に学習します。

もし、あなたが独学をされる場合でも、このような学習の順番は、ぜひ参考にして欲しいと思います。

勉強方法 : アウトプット学習を優先しよう!

受験勉強を始めると、ずっとテキストを精読している人がいます。

もちろん、テキストを読むのは悪いことではありませんが、その方法は効率的ではありません。おすすめは、

まずは、テキストにざっと目を通す

実際に過去問に取り組む

というアウトプット中心学習です。

独学の場合でも、できればテキストではなく、スタディングのようなスマホ動画であれば、倍速再生で見ることができますので、一番効率的です。

独学と変わらない費用で、かつ、独学よりも時間を有効活用できる「スタディング」はこちら

また、過去問を解くときは、難しくて分からない場合、あまり時間をかけて考えるのは得策ではありません。分からなければ解説を読む。そして理解できれば、次の問題に取り組みましょう。

分からなかった問題にはチェックマークをつけておき、後日、分からなかった問題だけ改めて取り組むのが効率的な方法です。

<スマホ動画対応の通信講座における、問題集の絞り込み機能について

一般的なe-ラーニングや、スマホ動画対応の通信講座では、「問題集はPDFで提供」というところがほとんどです。

しかし、前述のスタディングでは、学習システムのなかに「問題集/過去問の絞り込み機能」が搭載されています。

この「問題集/過去問の絞り込み機能」を使えば、間違えた問題・繰り返し解きたい問題だけを選択して取り組むことができるので、講義だけでなく、問題演習もスマホ一台で完結することができます。

スマホ動画対応の通信講座を選択する場合は、上記のような学習システム(e-ラーニング環境)も比較されることをおすすめします。

勉強時間

初学者の場合、合格に必要な勉強時間は一次試験7科目で1,000時間程度が目安となります。

そのうち、企業経営理論は約150時間ほど必要になるでしょう。

とは言え、科目ごとの時間配分は、それぞれの方の、得意分野・不得意分野と大きく関わってきます。

たとえば私(管理人)の場合は、前職がIT系企業のマーケティング部門でしたので、企業経営理論と経営情報システムには、あまり時間をかける必要はありませんでした。

これだけ試験範囲の広い中小企業診断士試験ですから、社会人の受験生の方は、1つや2つ、自分の業務に関連する科目もあると思います。その科目の勉強時間を短縮することで、不得意科目に使える時間を捻出するようにしましょう。

企業経営理論の難易度

企業経営理論の難易度は、他の科目と比べて、毎年の難易度の差は、あまりありません。

また、過去問題の傾向を分析すると、3つのテーマのうち、組織論がもっとも難しい、と言われる年度が多い傾向にありました。

あくまで傾向なので、「今年はマーケティング論が一番取り組みにくかった」とされた年度も当然あります。

企業経営理論 学習時の注意事項

問題文の解釈が難しい

問題文の日本語が堅い文語体であり、「どう解釈してよいか」分かりにくいケースが多々あります。

このような問題文の癖に慣れるためにも、早い段階から過去問に当たることが重要です。

労働法規は深入りしない

毎年5問ほど、組織論において労働法規に関する出題がされます。具体的には、労働基準法等に関する出題ですが、なかには、非常に詳細な事項に関する出題もなされます。

それらに完全に対応しようとすると、莫大な時間を要することになってしまいます。そのため、労働法規に関する対策は、ある程度に割り切り、「得点できない問題が数問あっても仕方ない」と考えることが重要です。

二次試験との関連

二次試験では以下の4つの事例が出題されます。

1.組織・人事の事例
2.マーケティングの事例
3.生産・技術の事例
4.財務・会計の事例

このように、1番目の事例では組織論が関連しますし、2番目の事例ではマーケティング論が関係します。

しかし、それだけではありません。

すべての事例に、SWOT分析などのフレームワークが必要となってきます。つまり、企業戦略論は、すべての事例に関係してくるのです。

企業経営理論は、二次試験にもっとも関連する科目であることが、十分に理解できると思います。

中小企業診断士一次試験 企業経営理論 まとめ

ここまで、企業経営理論の概要をチェックしてきました。

中小企業診断士試験において、もっとも基本となる科目であることが分かったと思います。

言い換えれば、一番「コンサルタントらしい科目」と言えるかも知れません。

範囲は広いですが、ぜひ、あなたが中小企業診断士になった後の企業診断の様子をイメージしながら学習してみてください。

そうすれば、モチベーションを保ちながら学習を続けることができると思います。

<関連記事>
中小企業診断士試験全般の勉強法については、以下の記事を参考にしてください。

中小企業診断士の通信講座 おすすめは? ~独学にも使える、2019年最新版 比較・ランキング

 

<一次試験 各科目の勉強法や勉強時間、難易度など>

<一次試験の科目合格・科目免除について>

<二次試験の対策>

<中小企業診断士試験 総合>

スマホ動画対応のおすすめ通信講座は「スタディング(旧 通勤講座)」と「診断士ゼミナール」

スマホ動画対応の低価格通信講座を使えば、独学でテキストを買うのと同程度の金額で、独学以上にスキマ時間を使え、学習もはかどります。

広告・宣伝をカットして低価格を実現していますので、内容については一切妥協しておらず、驚くほどの高品質な講座を実現しています。

良かったら、「スタディング(旧 通勤講座)」「診断士ゼミナール」の以下の記事をチェックしてくださいね。

おすすめ通信講座第1位 通勤講座
こんにちは。管理人のトシゾーです。 KIYOラーニングの「スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座」は、本サイトで...
診断士ゼミナール
<すぐに診断士ゼミナールの公式ページに行きたい方へ> =>レボ「診断士ゼミナール」 公式ページはこちら!   ※現在、5,0...

 

関連記事

経営戦略の策定プロセス

中小企業診断士 二次試験の対策と勉強法(事例Ⅰ~事例Ⅳ 共通)【元・診断士講座の...

中小企業診断士試験の科目免除について

中小企業診断士試験の科目免除について、徹底解説します!

中小企業診断士 資格の受験勉強、いつから開始するのがベスト?

中小企業診断士 資格の受験勉強、いつから開始するのがベスト? おすすめの時期は?

独学で中小企業診断士になる方法

独学で中小企業診断士になる方法|独学で一発合格するための近道とは

中小企業診断士の難易度

中小企業診断士の難易度|難易度に見合ったメリットはある? 

中小企業診断士試験の科目免除について

中小企業診断士 経済学・経済政策(1次試験) 勉強法や勉強時間、難易度など