製品アーキテクチャとオープン・アーキテクチャ戦略

製品アーキテクチャとオープン・アーキテクチャ戦略

こんにちは、トシゾーです。

今回は、製品アーキテクチャについて説明します。

アーキテクチャという用語は、機能や構造の基本構成を意味します。

いわゆる製品以外でも、建造物、情報システム、そして組織などにも、アーキテクチャという用語は使われます。

製品アーキテクチャという場合は、製品の基本的な設計思想のことです。

「基本的な設計思想」なんて、少しカッコよいですね。ちょっと気になりますよね。

それでは、一緒に学習していきましょう。

製品アーキテクチャ

前述のとおり、製品アーキテクチャとは、製品の基本的な設計思想のことです。

製品はいくつかの部品や技術から構成されています。

その製品の機能と構造の構成、そして機能と構造の相互関係に関する基本設計のことであり、複数部品間のインターフェース(継ぎ手)をどのように設計・調整するか、ということに関わる基本的な設計思想のことです。

製品アーキテクチャは、モジュール型インテグラル型の2つのタイプにわけることができ、この2つのタイプでよく対比して説明されます。

モジュール型アーキテクチャ

モジュールとは、製品の構成要素であり、1つまたは複数の組み合わさった部品と考えることができます。レゴのようなもの、とイメージしてもよいでしょう。

モジュール型アーキテクチャとは、モジュール間の相互依存性を小さくし、各モジュールの独立性を高めた製品アーキテクチャです。よくモジュール型製品の代表例として挙げられるものがパソコンです。

パソコンでは、インターフェースの集約や明確な定義が徹底され、ユーザーが部品を自分で購入して交換することもできます。

インテグラル型アーキテクチャ

インテグラル型アーキテクチャは、製品の構成要素である部品等の独立性が低く、相互に複雑な依存関係を持っています。さらに、インターフェースも標準化されていない、システム全体として「擦り合わせ」が必要な、調和的に構成された製品アーキテクチャとなっています。

インテグラル型アーキテクチャを採用する製品の代表例は、自動車です。

自動車は、3万点もの部品から作られ、製品の生産にあたり、微妙な調整が必要になってきます。

パソコンのように、素人が簡単に部品交換をしたりできるものではありません。

また、構成要素(部品)の変更にあたり、多くの他の部品に変更を加えることも必要です。まさに「擦り合わせ」技術の結晶といえるのです。

モジュール型アーキテクチャのメリットとデメリット

モジュール型アーキテクチャのメリット

モジュール型アーキテクチャのメリットとしては、まず、構成要素間の調整にかかるコストが削減できる点が挙げられます。また、各モジュール間の独立性が高いため、システムに対する変化を、モジュールレベルでの対応へ落とし込むことが可能です。

さらに、モジュールを簡易に取り換えることができるので、多様なシステム構成を取ることができます。

モジュール型アーキテクチャのデメリット

モジュール型アーキテクチャのデメリットとしては、まず、インターフェースの仕様明確化がモジュール型の特徴のため、インターフェース部分の進化が進みにくい状態となることが挙げられます。

また、様々なモジュールに対応するため、インターフェースは標準的かつ汎用的であることが求められ、結果としてシステム全体として無駄な部分が発生してしまいます。

インテグラル型アーキテクチャのメリットとデメリット

インテグラル型アーキテクチャのメリット

インテグラル型アーキテクチャのメリットは、まず、システム全体として無駄のない、全体最適なシステムとしての構成が可能なことが挙げられます。

また、構成要素の組み合わせにノウハウが必要であり、製法に関する競争優位が確保できる点もメリットです。

イングラル型アーキテクチャのデメリット

インテグラル型アーキテクチャのデメリットとしては、まず、各構成要素は相互に依存しているため、調整(擦り合わせ)のコストが発生する点が挙げられます。

また、同じく相互依存性のため、多様なシステム構成を実現しにくい状態であることも、デメリットです。

オープン・アーキテクチャ戦略

オープン・アーキテクチャ戦略とは、國領二郎によると、「本来複雑な機能を持つ製品やビジネスプロセスを、ある設計思想(アーキテクチャ)に基づいて独立性の高い単位(モジュール)に分解し、モジュール間を社会的に共有されたオープンなインターフェースでつなぐことによって汎用性を持たせ、多様な主体が発信する情報を結合させて価値の増大を図る戦略」(出所:「オープン・アーキテクチャ戦略」ダイヤモンド社)と定義されます。

具体的には、ある製品の製造メーカーが、その商品のインターフェースを社会一般に、広く公開します。

そして、その商品が売れているのであれば、他の周辺機器メーカーがその商品の周辺機器を販売することによって、その製品自体の利便性が高まるようなことを言います。

かつて、IBMがIBM-PCを発売した際に、このオープンアーキテクチャ戦略を実施しました。

 

スマホ動画対応のおすすめ通信講座は「スタディング(旧 通勤講座)」と「診断士ゼミナール」

スマホ動画対応の低価格通信講座を使えば、独学でテキストを買うのと同程度の金額で、独学以上にスキマ時間を使え、学習もはかどります。

広告・宣伝をカットして低価格を実現していますので、内容については一切妥協しておらず、驚くほどの高品質な講座を実現しています。

良かったら、「スタディング(旧 通勤講座)」「診断士ゼミナール」の以下の記事をチェックしてくださいね。

おすすめ通信講座第1位 通勤講座
【画像出典:スタディングより】 こんにちは。管理人のトシゾーです。 KIYOラーニングの「スタディング(STUDYing、旧 通勤講...
診断士ゼミナール
<すぐに診断士ゼミナールの公式ページに行きたい方へ> =>レボ「診断士ゼミナール」 公式ページはこちら! ※現在、2020年...

 

関連記事

バランススコアカード

2つの戦略アプローチ(分析型アプローチとプロセス型アプローチ(企業経営理論-経営...

「死の谷」と「ダーウィンの海」

ベンチャー企業のマネジメント

NO IMAGE

労働基準法(その2)-労働時間・休憩・休日(企業経営理論-組織論)~中小企業診断...

イノベーションの定義 | イノベーションのジレンマ

イノベーションの定義 | イノベーションのジレンマ

NO IMAGE

雇用保険・健康保険・厚生年金保険(企業経営理論-組織論-労働関連法規) ~中小企...

経営戦略の策定プロセス

階層別戦略と経営戦略の策定プロセス(企業経営理論-経営戦略論)~中小企業診断士試...