コトラーのマーケティングマネジメントプロセス

MMCの口コミ・評判・レビュー

こんにちは、トシゾーです。

この記事では、「マーケティングマネジメントプロセス」について説明します。

マーケティングマネジメントプロセスとは、マーケティング活動を効果的に実施するための進め方(管理活動)のことです。

まずは、コトラーの提唱したマーケティングマネジメントプロセスの内容から見ていきましょう。

マーケティングマネジメントプロセス

コトラーのマーケティングマネジメントプロセス

P・コトラーは、その著書「新版マーケティング原理」のなかで、マーケティングマネジメントプロセスを以下のように定義しています。

  1. 市場の機会を分析する
  2. 標的市場を選定する
  3. マーケティングミックス戦略を開発する
  4. マーケティング活動を実行・統制する

以下、詳細に見ていきましょう。

①市場の機会を分析する

マーケティング環境の分析のことです。

市場の機会と脅威、自社の強みと弱みを見極め、SWOT分析などの手法により、自社の強みを、市場の機会にぶつけることが、マーケティングの基本戦略となります。

さらに、、その基本戦略に対する「マーケティング目標」の設定を行います。

②標的市場を選定する

経営資源に劣る中小企業は、ターゲットを絞ることが必要です。

狭いターゲットに対し、持ちうる資源を集中的に投下するのです。

そのための考え方が、「ターゲットマーケティング」です。

ターゲットマーケティングは、さらに次の3つのステップから構成されます。

  1. セグメンテーション(市場を細分化する)
  2. ターゲティング(ターゲットとなるセグメントを決定する)
  3. ポジショニング(対象セグメントにおける、自社の立ち位置=ポジションを決定する)

このセグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングは、それぞれの頭文字を取って「STP」と呼ばれます。

STPとは、ターゲットマーケティングそのものである、と言えるでしょう。

③マーケティングミックス戦略を開発する ④マーケティング活動を実行・統制する

企業は、マーケティング目標を達成するためにマーケティング戦略を実行します。マーケティング戦略の中心となるものが、マーケティングミックスの構築と実行になります。

マーケティングミックスとは、マーケティングの要素である4Pを統一的、全体最適化して市場に投入することを言います。

4Pとは、Product(製品)Price(価格)Place(流通)Promotion(プロモーション)の頭文字をとったものです。これら4つの要素の整合性・バランスをとりながら、最良の組み合わせでマーケティング活動を実施していきます。

また、一連のマーケティング活動の実施後には、必ず結果を評価することが必要です。評価(チェック)の結果、うまくいった部分は継続し、そうではない部分は修正します。

いわゆるPDCAを回して、マーケティング活動を精緻化していくことが重要です。

なお、マーケティングの4Pの各戦略については、下記の記事を参考にしてください。

製品戦略
こんにちは、トシゾーです。 今回は、マーケティングの4Pの1つである「製品」についての戦略をご説明します。 4Pとは、Product...
心理的価格政策
こんにちは、トシゾーです。 今回は、マーケティングの4Pの1つである「価格」についての戦略をご説明します。 前回の製品戦略の記事では...
ロジスティクスの概念
こんにちは、トシゾーです。 今回は、マーケティングの4Pのうち、「チャネル戦略・物流戦略」について、お伝えします。 まず、「チャネル...
プッシュ戦略とプル戦略
こんにちは、トシゾーです。 今回は、マーケティングの4P(マーケティングミックス)の最後の1つ、プロモーション戦略について説明します。 ...

伝統的なマーケティングの4Pには含まれないものの、近年のマーケティングにおける重要な要素として「関係性マーケティング」「サービスマーケティング」があります。

それらについては、下記記事を参考にしてください。

サービスマーケティング
こんにちは、トシゾーです。 今回は、関係性マーケティングとサービスマーケティングについて、お伝えします。 まず、関係性マーケティング...

 

コトラーのマーケティングマネジメントプロセス <まとめ>

今回学習した、コトラーのマーケティングマネジメントプロセスは、マーケティング活動の全体像といえるものです。

内容的にも難しいものではありませんので、必ず頭に入れておき、各種マーケティング施策など、詳細な論点について考えるときも、常に全体像を忘れないようにしてください。

なお、この記事で説明したマーケティングマネジメントプロセスのうち、「環境分析・目標設定・標的市場の設定(STP)」については、以下の記事で詳細に説明しています。よろしければ、こちらもチェックしてください。

独学で中小企業診断士になる方法
こんにちは、トシゾーです。 今回は、「マーケティング環境分析」、「マーケティング目標の設定」と「標的市場の設定」について、お伝えします。 ...

 

スマホ動画対応のおすすめ通信講座は「スタディング(旧 通勤講座)」と「診断士ゼミナール」

スマホ動画対応の低価格通信講座を使えば、独学でテキストを買うのと同程度の金額で、独学以上にスキマ時間を使え、学習もはかどります。

広告・宣伝をカットして低価格を実現していますので、内容については一切妥協しておらず、驚くほどの高品質な講座を実現しています。

良かったら、「スタディング(旧 通勤講座)」「診断士ゼミナール」の以下の記事をチェックしてくださいね。

おすすめ通信講座第1位 通勤講座
【画像出典:スタディングより】 <すぐにスタディングの公式ページに行きたい方はこちら!> おすすめ第1位:「スタディング 中...
診断士ゼミナール
<すぐに診断士ゼミナールの公式ページに行きたい方へ> =>レボ「診断士ゼミナール」 公式ページはこちら! ※現在、2020年...

 

関連記事

NO IMAGE

意思決定の階層構造(企業経営理論-戦略論) ~中小企業診断士試験

「死の谷」と「ダーウィンの海」

ベンチャー企業のマネジメント

NO IMAGE

育児・介護休業法、高年齢者等雇用安定法、職業安定法(企業経営理論-組織論) ~中...

マーケティングコンセプト

マーケティングコンセプトとマーケティングの機能(企業経営論-マーケティング論)~...

マズローの欲求段階説

モチベーション理論(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験

NO IMAGE

組織のパワーとポリティクス(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験