モチベーション理論(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験

マズローの欲求段階説

モチベーション理論(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験

モチベーション理論

モチベーションとは「動機づけ」のこと

モチベーションは動機づけと訳されます。組織全体目標と個人目標を一体化し、組織構成員が組織に対して積極的に貢献する行動を引き出すことが目的です。

モチベーション理論には、「個人を動機づけるのは何か」について対象とする内容理論と「個人はどのようなプロセスで動機づけられのか」を対象にする過程理論の2つがあります。

モチベーション理論 内容理論

主な内容理論には、「マズローの欲求段階説」、「マグレガーのX理論、Y理論」、「ハーズバーグの2要因理論」などがあります。

モチベーション理論 過程理論

主な過程理論には、「ブルームの期待理論」があります。

モチベーション理論の成り立ち

テイラーの科学的管理法

テイラーの科学的管理法とは、伝統的管理論の1つです。そのなかでテイラーは、人間の存在を経済人モデルおよび機械人モデルとして表現しています。

「経済人モデル」とは、「労働者は報酬がよければ、それに比例していくらでも働く」という人間観です。

また、「機械人モデル」とは、「労働者に適切に指示をすれば、機械のように精密に働く」という人間観です。

人間関係論

メイヨーとレスリスバーガーが行ったホーソン実験の中で生み出されたものが、人間関係論になります。

ホーソン実験は当初、「物理的な作業条件を向上させると作業能率も向上する」という科学的管理法の仮説を証明するために開始された実験でした。

しかし、結果的には、科学的管理法の仮説を否定する結論ばかりになりました。

結論として、メイヨーとレスリスバーガーは「生産性向上にとって人間関係は重要な要因である。職場での人間関係、特にインフォーマル(非公式)組織において高い満足を得られていることや、インフォーマル組織を支配する感情が公式組織の目的に対し肯定的な場合においては、各構成員の士気・やる気が向上して、高い生産性を発揮することになる」という人間関係論をまとめました。

これまでの合理性を追求した経済人モデル・機械人モデルを否定し、人間は合理的なだけではなく感情に基づいて向上するという、感情人・社会人モデルが新しく提唱されるようになりました。

人間関係論の問題点

人間関係論は、メンバー同士の感情・満足感が重視されがちな点が問題といえます。

各メンバーの満足度が高く、関係良好でも、「なかよしクラブ」になってしまうと、生産性が上がるとは限らないでしょう。

例えば、組織内の仲良しグループが、「みんなで共謀して、サボタージュしよう」なんて考えることは、よくあるケースです。

つまり、組織の目的と個人の目的や満足をいかに結びつけるか、言いかえれば、合理性と人間性の統合をどのように図るべきか、という視点からモチベーション理論が展開されるようになったのです。

このように、モチベーション理論は、科学的管理法から人間関係論へと流れつつ、発達してきました。

マズローの欲求段階説

心理学者のマズロー(米国)は、人間の持つ様々な欲求を5段階に階層化・体系化した欲求段階仮説を提唱しました。

これは、最も低次の生理的欲求から最も高次の自己実現欲求まで、低次の欲求がある程度満たされると、次の(一段上の)次元の欲求が出現するという考えかたです。

5段階の欲求は、下記のとおりです。

生理的欲求とは、人間の生存に関わる欲求です。水や食べ物、眠りなど生物として生命を維持するのに必要な本能的な欲求となります。生存欲求とも呼ばれます。

安全の欲求とは、危険・恐怖といったものを回避して、安全や安心を求める欲求のことです。物理的な危険だけでなく、雇用の安定といったものも含みます。

愛情の欲求とは、社会や集団において他の方々と交流し、そして承認してほしいという欲求です。社会的欲求ともいいます。

尊厳の欲求人から認められることや尊敬されることを求める欲求です

自己実現の欲求とは、自己の能力を活用して何かことを成し遂げたい、など、自身の表現や自己実現に関わるものです。自己実現欲求は、完全に充たされることはありません。無限に成長を求める欲求といえます。

マズローは組織メンバーが欲求を満たすために、人間関係だけではなく、より欲求が高次になるほど、仕事そのものの魅力を上げていくことが必要と主張しました。

マズローの欲求段階説

マズローの欲求段階説

マグレガーのX理論、Y理論

科学的管理法に基づく人間観、そして、マズローの欲求段階説に基づく人間観、その2つの人間観をもとに提唱されたものが、マグレガーのX理論・Y理論というモチベーション理論になります。

X理論は科学管理法に基づく人間観をベースにしています。また、Y理論はマズローの欲求段階説に基づく人間観がベースとなっています。

X理論

X理論とは、

「人間は本来怠けものなので、仕事はしたくないと思っている」

「人間は強制されなければ努力をしない」

「人間は高い報酬や良い作業環境があれば、それにつられて仕事をする」

などの考え方です。

Y理論

Y理論とは、

「人間は仕事をサボることばかり考えている、というわけではない」

「人間は、自分が主体的に関わって立案した目標に対しては、主体的に努力する」

「自分自身が成長できると思えば、人間は一生懸命に働く」

などの考えかたです。

MBO(目標による管理)

X理論に基づく人間観は、マズローの欲求5段階の低次の欲求を求めています。

しかし、現代の組織においては、各メンバーは低次の欲求を満たしているケースがほとんどです。そのため、現代の組織においては、Y理論に基づくモチベーション管理が必要と言えるでしょう。

その具体的方法として目標による管理(MBO= Management by Objectives)が挙げられます。

ハーズバーグの2要因理論(動機づけ、衛生理論)

ハーズバーグは、職務に満足を感じる要因と不満足を感じる要因は異なり、それぞれが独立して存在する、という2要因理論(動機づけ、衛生理論)を打ち出しました。

動機づけ要因とは職務に対して積極的な態度を引き出すことにつながるものであり、達成感、承認、仕事そのもの、責任、成長、昇進」などが挙げられます。

衛生要因とは改善すれば、組織のメンバーの不満は解消されるが、積極的な職務態度の引き出しには繋がらないものであり、「会社の経営方針、監督者との関係、職場の人間関係、作業条件、給与、雇用の保証」などが該当します。

つまり、仕事に対するモチベーションを上げるためには、動機付け要因を改善することが必要となります。

また、その具体的な方法としては、職務拡大職務充実などがあります。

職務充実と職務拡大

職務拡大は、職務の水平的拡大のことであり、仕事の単調感(マンネリ感)などを解消させるため、仕事に変化の要素を取り入れたり、仕事の構成要素を増やしたりするなどして、仕事の範囲を拡大することをいいます。

職務充実とは、職務の垂直的拡大のことであり、これまで組織メンバーが実施していた業務に加え、その業務に関する戦略策定や管理といった要素を加えることで、権限と責任を拡大させ、業務の充実を図ることをいいます。

ブルームの期待理論

ブルームの期待理論とは、心のなかにモチベーションが発生する過程(プロセス)を明確にしようと試みる理論のことです。期待理論で考えられたモチベーションの心理的プロセスは以下となります。

①努力をして手に入る成果が、自分の求める満足の水準(要求水準)に達しているか

②成果に到達した場合、報酬を手にすることができるのか

③その報酬は、自分にとって魅力的なものであるか

④さらに2次的な報酬はあるのか

以上のプロセスを通して、人間は自分にもっとも有利と考えられる行動を選ぶ、とブルームは主張しました。

また、人間のモチベーションの大きさは

「努力した時の成果が要求水準に達成する見込み(期待値)」

「報酬が自分にとってどれぐらい魅力的か、その程度(誘意性)

の掛け算によって決定する、とブルームは主張しました。

モチベーション理論(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験 <まとめ>

この記事では、モチベーション理論について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか?

モチベーションの目的は、組織全体目標と個人目標を一体化し、組織構成員が組織に対して積極的に貢献する行動を引き出すことでした。

また、モチベーション理論には、「個人を動機づけるのは何か」について対象とする内容理論と「個人はどのようなプロセスで動機づけられのか」を対象にする過程理論の2つがありました。

各理論を覚えるときは、細かい点ばかりにとらわれず、「内容理論なのか、プロセス理論なのか」など、大局的な見地から理解することも有効になるでしょう。

<おすすめ記事>
中小企業診断士の通信講座 おすすめは? ~独学にも使える、2019年最新版 比較・ランキング

スマホ動画対応のおすすめ通信講座は「スタディング(旧 通勤講座)」と「診断士ゼミナール」

スマホ動画対応の低価格通信講座を使えば、独学でテキストを買うのと同程度の金額で、独学以上にスキマ時間を使え、学習もはかどります。

広告・宣伝をカットして低価格を実現していますので、内容については一切妥協しておらず、驚くほどの高品質な講座を実現しています。

良かったら、「スタディング(旧 通勤講座)」「診断士ゼミナール」の以下の記事をチェックしてくださいね。

おすすめ通信講座第1位 通勤講座
【画像出典:スタディングより】 <すぐにスタディングの公式ページに行きたい方はこちら!> おすすめ第1位:「スタディング 中...
診断士ゼミナール
<すぐに診断士ゼミナールの公式ページに行きたい方へ> =>レボ「診断士ゼミナール」 公式ページはこちら! ※現在、2020年...

 

関連記事

経営戦略の策定プロセス

階層別戦略と経営戦略の策定プロセス(企業経営理論-経営戦略論)~中小企業診断士試...

イノベーションの定義 | イノベーションのジレンマ

イノベーションの定義 | イノベーションのジレンマ

NO IMAGE

経営者・管理者行動(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験

MMCの口コミ・評判・レビュー

国際化戦略・国際経営・グローバル戦略

ロジスティクスの概念

チャネル戦略と物流戦略:マーケティングの4P(企業経営理論-マーケティング論) ...

NO IMAGE

組織と文化【組織風土と組織文化】(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験