ポーターのバリューチェーン(企業経営理論 -戦略論) ~中小企業診断士試験

ポーターのバリューチェーン(価値連鎖)とは?

ポーターが提唱したバリューチェーン(価値連鎖)とは、企業活動を5つの主活動と4つの支援活動に分解し、

「その企業の価値(=競争優位)は、どのプロセスにあるのか」

ということを分析するものです。

このバリューチェーンの考え方の前提には、

「企業とは、諸活動を整合性をもって連結し、顧客への価値提供を行う」

という考え方があります。

バリューチェーンの5つの主活動とは?

バリューチェーンの5つの主活動には、

「購買物流」「製造」「出荷物流」「販売・マーケティング」「サービス」

があります。

バリューチェーンの4つの支援活動とは?

バリューチェーンの4つの支援活動とは

「人事労務管理」「技術開発」「調達活動」「全般管理」

があります。

仮に、バリューチェーンの中の1部分の活動のみ優位性があったとしましょう。

それは素晴らしいことですが、しかし、それだけではライバルに対して、競争優位は続きません。なぜなら、一つだけの優位性は、模倣模倣しやすいといえるからです。

すなわち、複数の機能でコスト削減や差別化などの優位性を持ちつつ、企業活動全体として、付加価値が高まるような、企業活動の統合が必要といえます。

このように、バリューチェーンのフレームワークで「企業活動のなかで、どこに強みがあるのだろうか」と分析を行いながら、一方では、全体プロセスを俯瞰し、統合的な強みについても確認を怠らないことが必要です。

価値システム

バリューチェーンに関連するものに「価値システム」があります。

バリューチェーンは、1つの企業の中での考えかた・コンセプトでした。

しかし、価値システムは、複数企業の統合に関するコンセプトです。

というのも、現実には調達・製造・物流・販売などが各々別の企業であることは、よくあるからです。

いいかえると、価値システムとは、複数企業から成立するバリューチェーンといえるのです。

価値システムの考えかたの1つとして、川上(売り手)の価値は川下(買い手)の中に組み込まれる、と考えます。

スマホ動画対応のおすすめ通信講座は「スタディング(旧 通勤講座)」と「診断士ゼミナール」

スマホ動画対応の低価格通信講座を使えば、独学でテキストを買うのと同程度の金額で、独学以上にスキマ時間を使え、学習もはかどります。

広告・宣伝をカットして低価格を実現していますので、内容については一切妥協しておらず、驚くほどの高品質な講座を実現しています。

良かったら、「スタディング(旧 通勤講座)」「診断士ゼミナール」の以下の記事をチェックしてくださいね。

おすすめ通信講座第1位 通勤講座
【画像出典:スタディングより】 こんにちは。管理人のトシゾーです。 KIYOラーニングの「スタディング(STUDYing、旧 通勤講...
診断士ゼミナール
<すぐに診断士ゼミナールの公式ページに行きたい方へ> =>レボ「診断士ゼミナール」 公式ページはこちら! ※現在、2020年...

 

関連記事

イノベーションの普及過程(採用曲線)

消費者行動のプロセス | 消費者の購買意思決定プロセス(コトラー)など

NO IMAGE

労働組合法(企業経営理論-組織論-労働関連法規) ~中小企業診断士試験

NO IMAGE

組織学習(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験

NO IMAGE

組織間関係(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験

製品アーキテクチャとオープン・アーキテクチャ戦略

製品アーキテクチャとオープン・アーキテクチャ戦略

NO IMAGE

組織開発と組織活性化(企業経営理論-組織論)~中小企業診断士試験