ワンポイントWeb講座

工場レイアウトの設備配置とSLP

工場レイアウトの設備配置

工場内における設備配置には、以下のようまものがあります。

固定型レイアウト(製品固定型レイアウト)

大型の機械(船舶、大型機械、重電機、航空機等)を製造する時に使われる方式です。

大型で動かしにくい製品の周りに設備や原材料、作業者を配置します。

設計や工程を柔軟に変更できる点がポイントですが、当然ながら大量生産などに向くレイアウトではありません。

機能別レイアウト(工程別レイアウト、ジョブショップ型レイアウト)

たとえば、旋盤・ボール盤・フライス盤のような類似の設備ごとにまとめてレイアウトする方式で、多品種少量生産に向いています。

製品を製造時する際、多くの種類の製品が、それぞれの製造工程に合わせた経路で各設備の間を移動します。そのため製造する製品の数が増えると、仕掛中の製品の移動が錯綜しやすくなります。

製造の流れは複雑になりやすく管理が複雑な一方、一度に多品種の製品が製造できるメリットがあります。

製品別レイアウト(フローショップ型レイアウト)

製品別に専用のラインを作るレイアウトで、少品種大量生産に向いています。

製品の製造の流れに合わせて直線的に設備を配置します。

特定の製品専用のラインで流れもシンプルなため、工程管理や進捗管理がしやすく、短時間に大量の商品を作りやすいのが特徴です。仕掛在庫も少なくなります。

一方で、工程順序が異なった製品や異なる設備を使用する製品を製造する場合には段取り替えが必要となりますし、一部の機械の故障でライン全体を停止することが必要なことも多くあります。

このように、変化に弱い側面もあります。

グループ別レイアウト

GT(グループテクノロジ)と呼ばれる手法を利用して考案されたものです。。

使用する設備や工程が似ている複数の製品を1つのグループとして、共通ライン化することで流れ作業化を実現します。

製品別レイアウトに近い方式ではあるものの、各製品の流れは全く同一ではないため、製品別レイアウトよりは効率が低下します。

SLP(システマティックレイアイウトプランニング)

SLP(システマティックレイアイウトプランニング)とは、工場のレイアウトを決定する方法の1つで、戦略的(戦略的かつ合理的)に工場のレイアウト配置を決定する方法です。

SLPでは、「物の動きとアウティビティ」を重視します。

アクティビティとは、「設備・事務所・出入り口・通路」などの工場の構成要素のことであり、適切に設備を配置することで、物の流れも適切・シンプルにすることを目指すのです。

以上のような考えを元に、SLPは1961年にリチャード・ミューサーによって提唱されました。

SLPでは、以下の手順で、レイアウト配置を決定します。

  1. P-Q分析
  2. ものの流れ分析
  3. アクティビティ相互関連図表
  4. アクティビティ相互関係ダイヤグラム
  5. スペース相互関係ダイヤグラム
  6. レイアウト案の作成、比較

それぞれを詳しく見ていきましょう。

P-Q分析

「ABC分析」の方式を参考に、製品(Product)を横軸に、生産量(Quantity)を縦軸にしてグラフを作ります。

そのうえで、大量生産するもの、少数しか作らないもの、その中間のもの、という形で製品を分類します。

さらに、大量生産するものは「製品別レイアウト」、少数しか生産しないものは「機能別レイアウト」、中間のものは「グループレイアウト」などの考え方をベースに、それぞれのレイアウトを決定していきます。

ものの流れ分析

P-Q分析により各製品の生産方式が決定したあと、工場内を材料・部品・仕掛品および製品が移動する際に、どのような流れが最適なのかを分析します。

ものの流れ分析には、単純工程分析・多品種工程分析・フロムツーチャートなどの手法を活用します。

アクティビティ相互関連図表

それぞれのアクティビティ(設備・事務所・出入り口・通路」などの工場の構成要素)において、相互にどの程度結びつきが強いのか(場所を近接する必要性が、どの程度か)を分析するためにアクティビティ相互関連図表を活用します。

アクティビティ相互関係ダイヤグラム

アクティビティ相互関係ダイヤグラムとは、「ものの流れ分析」と「アクティビティ相互関連図表」を元に、平面図に展開したものです。

平面図上に各アクティビティを記号にして、ものの流れを考慮しながら書きこんで行きます。

アクティビティ同士の関係の強弱について、結合する線の太さや線の本数で表します。

関係性の強いアクティビティ同士は、なるべく近接し、さらに物の流れの交差ができるだけ少なくなるように調整します。

スペース相互関係ダイヤグラム

アクティビティ相互関係ダイヤグラムに、各アクティビティの設置に必要な面積が分かるように視覚化した図表のことです。

レイアウト案の検討・比較

複数のレイアウト案を検討したうえで、それぞれ評価します。