診断士コラム

中小企業診断士と宅建のダブルライセンスのメリット! 試験の難易度や勉強時間で比較!

中小企業診断士と宅建のダブルライセンス

こんにちは、トシゾーです。

今回は中小企業診断士と宅建のダブルライセンスに関する記事です。

宅建試験に合格して資格登録などの要件を満たした方を「宅建士(宅地建物取引士)」といい、平成27年から士業の仲間となりました。

そんな宅建ですが、誰もが名前ぐらいは聞いたことがある超人気資格。

なんと年間20万人もの方が受験するのです!(ちなみに、診断士1次試験は年間受験者が2万人程度なので、規模が10倍違いますね・・・)

なぜ、こんなに宅建試験の人気が高いかと言えば、以下のような理由が考えられます。

  • 不動産のプロフェッショナルとして、宅建士にしかできない独占業務がある
  • 不動産業では、一定の割合以上の専任の宅建資格者を雇用する必要がある(就職・転職に有利)
  • 上記2点に関わらず、士業の中では試験の難易度はそこまで高くない

宅建の人気が高いのも頷けますよね。

この記事では、このような宅建と中小企業診断士について、果たしてダブルライセンスは有効なのか、詳しく説明しています。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

なお、中小診断士試験の「最速勉強法」ノウハウについて、現在、資格スクールのクレアールが、市販の受験ノウハウ書籍を無料でプレゼントしています。

もし、あなたが中小企業診断士の資格取得を目指しているのでしたら、無料【0円】なので、そちらもチェックしてみてください。

<クレアールに資料請求をすると、市販の書籍「非常識合格法」がもらえる【無料】

現在、クレアールの中小企業診断士通信講座に資料請求すると、市販の中小企業診断士受験ノウハウ本が無料でもらえます。

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

診断士受験ノウハウの書かれた市販の書籍が無料【0円】で貰えるのですから、応募しないと勿体ないですよね。

※ご応募の際には、必ず「ご請求内容」項目の「その他」欄にチェック(✔)を入れ「非常識合格法」とご記入ください。

=>クレアール 診断士試験攻略本(市販の書籍)プレゼント付き資料請求はこちら

 

中小企業診断士と宅建の業務内容の違い!

中小企業診断士と宅建は相性の良い国家資格の一つ!

まず最初に、中小企業診断士と宅建の業務内容の違いについて見ていきましょう。

  • 中小企業診断士は経営コンサルタントを認定する唯一の国家資格で、中小企業の経営問題の相談に乗ったり解決策のアドバイスを行ったりする
  • 宅建は不動産会社や投資信託会社に勤務し、不動産取引における重要事項の説明や重要事項説明書の記名を独占業務として行う

「2つの資格に関連性はないのでは?」と疑問に思っている方はいませんか?

しかし、中小企業診断士と宅建の資格を保有していると、活躍の場所や幅を今まで以上に広げることができますよ。

中小企業診断士と宅建のダブルライセンスのメリット!

複数の資格を取得して何かしらの業務に携わる人をダブルライセンスと呼びます。

ダブルライセンスの効果的な資格の組み合わせはたくさんありますが、中小企業診断士と宅建はその一つです。

不動産領域を専門とするのであれば、中小企業診断士と宅建のダブルライセンスを目指してみてはいかがでしょうか。

ここでは、中小企業診断士と宅建のダブルライセンスになるメリットを詳しく解説していきます。

不動産の経営戦略を考えられるようになる

中小企業診断士と宅建のダブルライセンスは、不動産業界で大いに役立ちます。

中小企業診断士の資格だけとは違い、不動産に関する経営戦略を考えられるようになるのは大きなメリットです。

宅建の資格が必要な業種は不動産業界に留まらず、担保の不動産を評価する金融機関や自社で建築した物件を販売する建築会社が挙げられます。

つまり、中小企業診断士と宅建の両方の資格を活かし、不動産の経営戦略に関する知識を顧客に提供できるわけです。

不動産と経営の知識を更に応用すれば、経営戦略視点から企画や運用、維持や管理を行うファシリティマネジャーとして活躍するのも不可能ではありません。

両方の資格の能力で業務に携わることができますので、中小企業診断士と宅建はおすすめの組み合わせです。

就職や転職で有利になる

キャリアアップを考えているのであれば、中小企業診断士と宅建のダブルライセンスは有望です。

2つの資格を持つダブルライセンスは他者と差別化を図ることができますので、間違いなく就職や転職で有利になります。

中小企業診断士と宅建の資格でどのような業界への転職に役立つのか見ていきましょう。

  • 建築業界
  • 金融業界
  • 不動産管理会社
  • 小売業

中小企業診断士と宅建のダブルライセンスの魅力は、何も不動産会社だけではありません。

建築業界や金融業界でも、企業の経営相談に乗れる中小企業診断士や不動産取引のスペシャリストの宅建の資格が役立ちますね。

独立開業で集客力がアップする

経営コンサルタントとして独立開業している中小企業診断士は、宅建とのダブルライセンスで大きなメリットがあります。

「コンサルティング業務に宅建士は関係ないのでは?」とイメージしている方はいませんか?

しかし、建築業界や不動産関係は中小企業が多い傾向があります。

もし中小企業診断士に加えて宅建士の資格も持っていれば、「民法」「宅建業法」「法令上の制限」などの専門知識を生かして活躍することができます。

独立開業して成功するには、何よりもまずは顧客やクライアントを集客することから始めないといけません。

集客力をアップさせるに当たり、中小企業診断士と宅建のダブルライセンスはアピールポイントを増やしたり顧客の信頼を掴んだりできます。

中小企業診断士と宅建を試験の難易度で比較!

「中小企業診断士と宅建の資格はどちらが難易度が高いの?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

どちらも司法書士や公認会計士などの資格と比較してみると、そこまで難易度は高くありません。

もちろん、中小企業診断士も宅建も簡単に取得できるほど甘い資格ではないものの、ダブルライセンスのハードルは高くないですよ。

以下では、中小企業診断士と宅建の試験の合格率がどのくらいなのかまとめてみました。

試験年度中小企業診断士(1次)中小企業診断士(2次)宅地建物取引士試験
2013年21.7%18.5%15.3%
2014年23.2%24.3%17.5%
2015年26.0%19.1%15.4%
2016年17.7%19.2%15.4%
2017年21.7%19.4%15.6%
2018年23.5%18.8%15.6%
2019年30.2%18.3%17.0%

それぞれの試験の合格率で比較してみると、中小企業診断士よりも宅建の方が低くなっています。

しかし、宅建は1回の試験なのに対して、中小企業診断士は1次試験と2次試験の2つです。

両方の試験に合格する必要がありますので、その難易度は4~5%。

合格率を比べただけでも、宅建よりも中小企業診断士の方が、かなり試験の難易度が高いと推定できます。

中小企業診断士と宅建を資格取得までの勉強時間で比較!

資格を取得するまでに、どのくらいの勉強時間を費やすのかも気になるところです。

とはいえ、資格の勉強をスタートする時点での知識や学習法によって、合格までの時間は変わります。

そのため、一概に説明することはできませんが、中小企業診断士に合格するまでの目安の勉強時間は1,000~1,200時間、宅建は300時間です。

中小企業診断士と比べると宅建の試験の方が難易度が低く、3ヵ月間と短い期間で合格した方もいます。

宅建の「法令上の制限」、中小企業診断士の「運営管理」では、「都市計画法」の分野が被る

中小企業診断士試験と宅建試験では、出題範囲の重複はほとんどありません。

ただ1点、宅建の「法令上の制限」の科目、中小企業診断士「運営管理」の科目では、どちらも「都市計画法」について出題されます。

特に、中小企業診断士試験のテキストでは都市計画法は詳しく説明されないため、消化不良を感じた方は、宅建のテキストを一読すると、理解が進むと思います。

詳しくは、「運営管理の勉強法」の記事に書きましたので、興味のある方は参考にしてください。

運営管理の勉強法
中小企業診断士 運営管理の勉強法~攻略のコツを教えます!運営管理では、製造業や小売業の具体的なオペレーションについて学びます。 私たちに身近な存在である小売業のオペレーションは「店舗・販...

 

その他には、残念ながら中小企業診断士と宅建の試験に関連性はあまりありません。

科目免除制度も特にないので、ダブルライセンスになるまでには目安として1,300~500時間がかかります。

独学では更に長い勉強時間が必要になりますので、「なるべく短期間でダブルライセンスになって仕事に活かしたい!」と考えている方は、予備校や通信講座を利用して中小企業診断士や宅建の勉強を始めてみてください。

中小企業診断士と宅建の資格を取得する順番は?

「中小企業診断士と宅建のダブルライセンスを目指したいけど、資格取得の効果的な順番はあるの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

この点に関しては、下記のように個人の考え方で違いがあります。

  • 中小企業診断士の資格をメインにして、幅広い視野と見識で経営者をサポートしていきたいのであれば、先に中小企業診断士を取得してから宅建の勉強を始める
  • 不動産業界への就職や転職を第一に考えているのであれば、最初に宅建の資格を取得してからスキルアップとして中小企業診断士も目指す

2つの資格の勉強を並行して取り組むのは無理がありますので、中小企業診断士と宅建のどちらを最初に取得すべきなのかゆっくりと考えてみてください。

難関資格試験に合格するための、戦略的勉強法

難関資格試験に合格するためには、1年どころか、複数年必要なものも珍しくありません。

また、働きながら資格取得を目指す方も多く、

「長期間、かつ、思うように時間の取れないなかで、どのように勉強するのか?」

という勉強の方法論が合否の結果に大きく影響するのは間違いありません。

ここでは、

「できるだけ効率的に、効果の上がる勉強法を実践して短期合格を目指す」

という考え方をベースにした、戦略的勉強法について説明します。

ゴールから逆算したスケジュールを計画する

前述のとおり、難関資格試験に合格するためには、長期間の勉強が必要です。

必ずゴールから逆算した勉強スケジュールを計画しましょう。

「ゴールから逆算」というのは「スケジュール通り勉強すれば、合格レベルの知識が身に付いた状態になる」ということです。

常に全体の流れから遅れていないか、チェックしながら勉強を進めることが大切です。

合格ライン+10%の基本事項・頻出事項に絞る

「ゴールから逆算」という話をしたばかりですが、難関資格試験の対策において、ゴールというのは満点を取ることではありません。

もっとも効率的に合格するという観点からは、合格ライン+10%を確実に得点する戦略を実行すべきです。

満点を取る必要はなく、基本事項や頻出事項に絞り、確実に得点しなければならない部分、捨ててもよい部分などを明確に意識して、勉強を進めていきましょう。

過去問を徹底活用する

難関資格試験において、過去問の対策は非常に重要です。

テキストの1周目はざっと読み、2周目からはテキストを少し進めたら、そのたびに必ず過去問に挑戦しましょう。

なにより過去問を解いていくことで、自分の理解が足りない部分が明らかになります。

また、テキストだけをじっと読み続けても、なかなか頭に入らないもの。

テキスト→過去問→テキスト→過去問・・・この繰り返しこそが、合格への王道だと心得てください。

具体的には、以下の要領で進めてください。

①テキストをざっと読む(1周目)→全体像をつかむ

まずは、テキストをざっと読みます。

いわゆる1周目、というやつですね。この目的は、出題分野の全体像をつかむこと。

分からないことがあっても、とにかく短時間でテキスト一冊読み終えましょう。

②テキストを1単元ずつ読み、その単元に関係する過去問をやる

テキストの2周目です。

今回は1周目よりも少し丁寧に読みます。そして一単元を読み終わったら、関連する過去問を解きます。

そのため、「年度別過去問題集」よりも「論点別(テーマ別)過去問題集」を使うことをおすすめします。

一般的には、過去5~10年分ぐらいのものがおすすめです。

③間違えた問題などに印をつけ、テキストの関連部分を読み込む

問題を解いた際、「自信を持って正解した問題」「迷ったけど正解した問題」「間違えた問題」などが出てくると思います。ここで

・正解したけれど自信がなかった問題 → △

・間違えた問題 → ×

というように印をつけ、それらについてはテキストの関連部分を読み込むようにします。

④過去問を一通り終わったら、×と△だけ繰り返す

以上のような進め方で、テキストと問題集を終わらせます。

その後、今度は過去問題集だけ使って、冒頭から×と△の問題だけを解くようにします。

⑤×と△がなくなるまで、何度も繰り返す

×と△がなくなるまで、過去問を何周も繰り返します。

以上のような流れで取り組めば、理解が足りないところだけを効率的かつ確実に仕上げることができます。

まとめ

皆さんがイメージしている以上に、中小企業診断士と宅建士のダブルライセンスにはメリットがあります。

関連性がない資格のように見えますが、両方の資格を持っていると顧客目線で不動産の経営戦略も同時に考えられるようになるのです。

中小企業診断士と宅建は、努力次第ではありますが、頑張れば両方合わせて2年以内の合格を目指せる試験です。

この記事を読んで、自分のキャリアに相応しいと感じた方は、将来のためにダブルライセンスを目指してみてはいかがでしょうか。


よろしければ、以下の中小企業診断士コラムもどうぞ。