中小企業診断士試験の過去問について|近年の傾向と活用方法

製品アーキテクチャとオープン・アーキテクチャ戦略

中小企業診断士試験の過去問について

中小企業診断士試験にクリアするには過去問の有効活用は必須です。

「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」。

何かと戦う時、戦わなくてもなにかに取り組む時に必ず引かれるこのフレーズは、中小企業診断士試験にも当てはまります。

他の資格試験や大学入試、特に難関試験と言われる試験では、試験対策のなかでの過去問の重要性はより大きなものとなってきます。

中小企業診断士試験においても過去問は、学習を進めていく上で中心に据えておくべき位置づけと言っていいでしょう。

過去問を知っておくこと、過去問で覚えることの重要性をお話したいと思います。

過去問を知らなければ効率的な学習はできない

中小企業診断士1次試験各科目の問題数と試験時間は以下のようになっています。

経済学・経済政策   25問   1時間
財務・会計              25問   1時間
企業経営理論          40問前後   1時間30分
運営管理                 40〜45問前後   1時間30分
経営法務                 20〜25問   1時間
経営情報システム   25問   1時間
中小企業経営・中小企業政策   40問強   1時間30分

各科目ともに1問解くのにかけられる時間は3分以下です。

その問題を解くのに

「時間をかけていいのか」 or 「捨てるべき問題なのか」

を判断しながら試験時間を使っていく必要があります。

中小企業診断士試験の各科目の問題のうち2割ぐらい

つまり、1時間の試験では4〜5問、1時間30分の試験では8〜9問ぐらいはほとんどの受験生が解けない難問で、残りの8割が過去に出題されたことのある問題といわれています。

中小企業診断士試験において時間をかけて解くべきはこの8割の問題で、2割の他の人も解けない問題に引っかかって時間を無駄に使っている暇はありません。

「過去問を知る」ということはこういうこと

〜財務・会計(ファイナンス分野)の例〜

その8割の問題の中身を財務・会計科目、ファイナンス分野の2017年度から過去5年の問題を例に見てみます。

経営指標分析、キャッシュフロー計算、CAPM理論とβ値などは毎年、WACCの計算は2014年以外毎年、MM理論は2013年と2016年を除く毎年出ている問題です。これらの問題については最重要論点として、理解しなければならない理論や公式を覚え、どんな問われ方をするのかを知っておく必要があります。

正味現在価値は2015年と2016年、差異分析は2015〜2017年、CVP分析は2013〜2015年にそれぞれ出題されています。これらは2次試験にも活用しなければならない論点なので着実に解答できるようにしておかなければならないところです。

為替・オプション取引は2013、2014、2017年に出題されています。金融関係のバックグラウンドがある人以外にとっては仕組みの理解と価格を当てはめた時の計算がやっかいだと思います。中小企業診断士試験の2次試験にも出たことがあるので、マスターするに越したことはないのですが、これまでの出題頻度からすると、簿記の知識があるなど制度会計のほうで得点できる自信があれば、前に上げた論点よりは少し優先順位は下がるかなといった感じです。

・他の人も解けない2割の問題の例のひとつをあげてみると、2016年第15問ポートフォリオ理論の問題が典型的な例です。
投資案A、B、Cの収益パターンが示され設問1で投資案A、Bの共分散と相関係数の値の組み合わせ、設問2で投資案A、Cの予想収益率について分散、相関係数、期待値、標準偏差についての正誤を選ぶという問題です。
テキスト、問題集で分散、共分散、標準偏差、相関係数を求める手順を学習するので、この問題も一見するとそれぞれの数値を求めることが頭に浮かびます。
設問から計算は可能なのですが、乗数やルートの計算が入り計算過程も複雑なため普通の人が3分で計算するのはまず不可能です。
解答は、設問1は投資案AとBの収益パターンが逆であることに着目し、共分散と相関係数のプラス・マイナスから選択肢を選ぶことができ、設問2では期待値のみの簡単な計算をして、他の選択肢は分散、標準偏差の性質、相関係数の範囲から消去法で選ぶことができるという内容でした。
この種の問題は他の人も解けないので後回しにして、解答にたどり着けなかったらヤマ感でマークだけしておくのが正しい戦略です。

・中小企業診断士試験に毎年出題される経営指標分析ですが、インスタントカバレッジレシオという指標が2015年に登場し、2017年にも出題されています。経営指標分析で覚える公式は十数個ぐらいありますが、その一つにインスタントカバレッジレシオも加えておくべきでしょう。

中小企業診断士試験の財務・会計の科目を一例に取りましたが、他の科目も同様で、それぞれの論点で出題頻度に差があり、過去問を遡ることで傾向の変化も把握できます。

こういった情報は、中小企業診断士資格予備校の講座でも提供されると思いますし、中小企業診断士の業界誌、「企業診断」で各年度の本試験の講評が毎年同じ時期に掲載されるので、傾向を掴んでおくことは重要です。

無論、最新年度版のテキストや問題集は、出題傾向を把握した上で構成されているはずなので、すべて学習することは大切です。

しかし、すべての論点を平面的に学習するのは若干効率が悪いのは確かです。

大手予備校TAC、大原では受講生の中小企業診断士・1次試験の自己採点の結果を収集して、年度ごとの1次試験の各問題の正答率を算出しています(他の大手でもやっていると思われます)。

これらの予備校は中小企業診断士試験1次試験の各科目ごとに過去5年間分を収録し、解説を加えた過去問集を発売していて、各問題それぞれに正答率が高い順にA〜Eのランク付けが示されています。

この問題ランクを基準として学習の力の入れ具合を調整することができます。

試験範囲を立体的にとらえることで、自分の理解度と合わせて、覚えなければならない論点をより明確にすることにつながります。

中小企業診断士・1次試験の過去問集としておすすめなのが同友館の「過去問完全マスター」です。

各科目ごとの過去問10年分を論点別に分類し並べ替えた、いわゆる「ヨコ解き」ができる問題集です。

こちらも問題ごとにランクがつけられていますが正答率ではなく、出題頻度によりランクづけされています。

「ヨコ解き」というのは、例えば前にあげた財務・会計であれば、キャッシュフローの問題だけをまとめて解くということです。

年度ごとの過去問集では同じ論点の問題にたどり着くにはページをひっくり返さないとならないのですが、「過去問完全マスター」ではキャッシュフローの問題がまとまって連続して掲載してあるので、この論点がどういう問われ方をするのかということがより比較しやすくなっています。

しかも中小企業診断士試験の「過去問10年分」というのもおすすめポイント。

※年度別を「ヨコ解き」、論点別を「タテ解き」称しているところもあるようで混乱するのですが、ここでは「論点別にまとめて問題を解くこと」を「ヨコ解き」とします。

中小企業診断士「過去問で覚える」ヨコ解きのメリット

中小企業診断士1次試験の過去問を「ヨコ解き」するメリットがわかる一例をあげたいと思います。

企業経営理論の2015年の第1問、2016年、2017年の第2問にPPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)の問題が出題されています。

5択の文章から正しいものを選ぶ問題です。

中小企業診断士1次試験企業経営理論は「国語の問題」と言われたりするほど選択肢の文章が難解で、言葉の引っかけが仕組んであったりするので、文章を正確に読み取る力が必要とされます。

PPMのテキストの解説を見ると、SBU(問題児、花形、金のなる木、負け犬)ごとに、相対市場占有率、資金流入、市場成長率、PLC(プロダクトライフサイクル)、資金流出のそれぞれの特徴を箇条書きにしてあります。

スッキリしていてわかりやすいのですが、試験問題として順番入り乱れて文章化されると、とたんにめんどくさいことになってきます。

【2017年第2問 選択肢ア】

『衰退期に入った業界の「金になる木」事業と「負け犬」事業は可及的速やかに撤退し、〜』

→衰退期=撤退とイメージしてしまうが、「金のなる木」はキャッシュフローを獲得している事業なので撤退は間違い。

→「負け犬」も撤退のイメージが結びつくが、資金流入が少ないと同時に資金流出も少ないため一概に撤退(可及的速やかに)とは言えない。

『〜、成長率の鈍化した業界の「花形事業」の再活性化〜』

→長いタイムスパンで見れば「花形事業」の成長率が鈍化することもありそう。しかし、そもそも成長率が高い事業が「花形」なので再活性化の必要などない。

選択肢をひとつだけ取り上げてみても、テキストで理解している段階と、試験問題として文章化された時の違いが分かるのではないでしょうか。

中小企業診断士試験(2015〜2017年)の3年分、5択の選択肢の15の文章の記述から多面的に理解することで、PPMの全体像が知識として身についてきます。

過去問の学習は中小企業診断士試験の王道

中小企業診断士試験に挑戦するにあたり、

「同じ問題は出ないから過去問をやっても無意味」

「選択肢を覚えてしまうので、過去問を繰り返しやっても効果はない」

ということを言う人もいますが、中小企業診断士試験についてこれは当てはまりません。

前述のとおり、中小企業診断士試験(一次試験)の問題の8割は、過去に出題されたテーマを繰り返して出題したものです。

「過去に出されたテーマの繰り返し」とは、言い換えれば、基本的な論点。一次試験は、どの科目も6割正解すれば合格ですから、過去に出題されたことのない難問のことは気にせず、基本的な論点をきっちり抑えるだけで、必ず合格できます。

自分の理解度をはっきりさせて、効率的に学習を進めていく上で、中小企業診断士試験の過去問は必須の学習アイテムと断言します。

過去問には、出来るだけ早く取り組む

あなたは、どのタイミングで過去問に取り組むべき、と思っていますか?

もしかして、「テキストの内容を出来るだけ覚えてから、最後に過去問で仕上げよう」

なんて考えていませんか?

その考えは大間違いです。正解は、

「各論点についてテキストをざっと読んだら、すぐに過去問を解いてみる」

ということです。

たとえば、企業経営理論の「競争戦略」の単元のテキストを読んだら、すぐに「競争戦略」に関する過去問を解きます。

もちろん、ヨコ解きの問題集を使うことで、過去5~10年分の「競争戦略」に関する過去問をすべて抑えることができます。

このようにすれば、「競争戦略の単元は、どのような問題が出題されるか」を理解できます。

繰り返しになりますが、「過去に何度も出題された論点」に関する問題を解くだけで合格できます。

もはや過去問は「問題集」というより、良質かつ最高のテキスト、と言えるでしょう。

さらに、過去問を解いて、答え合わせをする際にもポイントがあります。

それは、

「〇か×をつけるだけでなく、答えが〇でも、解答に迷ったものには△をつけておく」

ということ。

つまり、自信をもって解答できたものだけに〇をつけ、しばらく日を空けてから、今度は△と×の印をつけた過去問だけを解いていく・・・すべての過去問に〇がつくまで、これを繰り返します。

こうすることで、問題を解く時間を短縮しながら、理解が不十分な点を確実につぶせます。

一次試験の勉強においては、すべての科目において、以上のように過去問中心の学習を行ってください。

必ず、合格できる力が養成されるはずです。

スマホ動画対応のおすすめ通信講座は「スタディング(旧 通勤講座)」と「診断士ゼミナール」

スマホ動画対応の低価格通信講座を使えば、独学でテキストを買うのと同程度の金額で、独学以上にスキマ時間を使え、学習もはかどります。

広告・宣伝をカットして低価格を実現していますので、内容については一切妥協しておらず、驚くほどの高品質な講座を実現しています。

良かったら、「スタディング(旧 通勤講座)」「診断士ゼミナール」の以下の記事をチェックしてくださいね。

おすすめ通信講座第1位 通勤講座
こんにちは。管理人のトシゾーです。 KIYOラーニングの「スタディング(STUDYing、旧 通勤講座)中小企業診断士講座」は、本サイトで...
診断士ゼミナール
<すぐに診断士ゼミナールの公式ページに行きたい方へ> =>レボ「診断士ゼミナール」 公式ページはこちら!   ※現在、5,0...

 

関連記事

最強の科目合格

中小企業診断士の科目合格 最強の戦略、教えます!【一次試験】

製品戦略

中小企業診断士 企業経営理論(経営戦略論、組織論、マーケティング論)【一次試験】...

中小企業診断士第2次試験 当日必要な持ち物など、

中小企業診断士第2次試験 当日必要な持ち物など、気をつけるべきこと

中小企業診断士二次試験 事例Ⅱのポイント

中小企業診断士 二次試験 事例Ⅱ(マーケティング・流通の事例)の勉強法、試験対策...

財務・会計の勉強法や勉強時間、難易度など

中小企業診断士 財務・会計(1次試験) 勉強法や勉強時間、難易度など

経営法務の勉強法

中小企業診断士 経営法務(1次試験) 勉強法や勉強時間、難易度など