教材・講座の口コミ・評判

中小企業診断士二次試験予備校AAS 口コミ・評判、レビュー(評価)をまとめました!

中小企業診断士二次試験対策予備校AAS

こんにちは、トシゾーです。

今回は、中小企業診断士の二次試験専門予備校として有名なAASについて、評価・評判・口コミの良い点・悪い点(長所と短所)を調べました。

中小企業診断士試験は、一次試験・二次試験とも難易度が高くなっています。

しかし、その2つの試験の性格は全然別のものでして

  • 勉強量に応じて実力がUPしやすい一次試験
  • コツを掴んで短時間で合格できる人がいる一方で、何年かかっても合格できない人もいる二次試験

というような状況にあります。

このように、二次試験においては、暗記や独学ではなく、「正しい解法を伝授してもらう」ということに、非常に意味がありますよね。

このように、一筋縄ではいかない中小企業診断士二次試験の合格において、多くの方の支持を集めるAASとは、いったいどのような学校なのか、

一緒に見ていきましょう。

なお、AASとは別の資格スクールですが、クレアールが、中小企業診断士試験の「最速勉強法」ノウハウについて、市販の受験ノウハウ書籍を無料でプレゼントしています。

無料【0円】なので、こちらもチェックしてみてください。

<クレアールに資料請求をすると、市販の書籍「非常識合格法」がもらえる【無料】

現在、クレアールの中小企業診断士通信講座に資料請求すると、市販の中小企業診断士受験ノウハウ本が無料でもらえます。

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

診断士受験ノウハウの書かれた市販の書籍が無料【0円】で貰えるのですから、応募しないと勿体ないですよね。

※資料請求備考欄に「非常識合格法プレゼント」と記入が必要です。

=>クレアール 診断士試験攻略本(市販の書籍)無料プレゼント付き資料請求はこちら

中小企業診断士二次試験予備校AASの特徴をまとめてみた

中小企業診断士は、ビジネスパーソンの中でも人気の資格です。

中小企業診断士の学習をすると、企業の経営に関わる知識やスキルを身につけることができます。

中小企業診断士二次試験予備校AASは、一次試験合格者を対象とし、短期集中で中小企業診断士の資格を取得できる専門スクールとされています。

以下では、他の専門スクールとは違う中小企業診断士二次試験予備校AASの特徴をまとめてみました。

  • 合宿やアシストゼミを含む2次通学講座と、WEB本科オプション講座が充実している2次通信講座から選べる
  • 通信講座は、「WEB総合本科コース」「WEB新作本科コース」「WEB過去問本科コース」から選べる
  • 過去問事例と新作事例の別々の添削システムで、メリハリをつけた学習ができる
  • スマホやタブレットでも快適に視聴できるため、スキマ時間を使って勉強ができる

「短期間でメリハリをつけ、働きながら中小企業診断士の資格を取得したい」と考えている方に向けた内容になっています。

中小企業診断士二次試験予備校AASの講座の内容

中小企業診断士二次試験予備校AASは、通学講座と通信講座の2種類から選択可能です。

それぞれの講座の内容を紹介していますので、どれが自分に合っているのか比較してみましょう。

<AASの通学講座>

  • 2次本科通学コース:過去18年の実績に基づいた講座を運営している
  • 合格判定合宿:少人数制で実施される短期集中講座
  • 合格アシストゼミ:1日単位で参加できる通学型のオプション講座
  • 2次公開模試:決められた日程で開催される公開模試

<AASの通信講座>

  • WEB本科コース:独自の青ペン添削を通して講師と受験生のコミュニケーションを図れる
  • WEBオプションコース:「事例Ⅰマスターコース」「事例Ⅱマスターコース」「事例Ⅲマスターコース」「事例Ⅳマスターコース」「アウトプット総合コース」「アウトプット新作コース」「アウトプット過去問コース」の7つから選択できる
  • 教材販売「こだわり便」:AASの拘りが詰まった2次試験対策教材が販売されている

どちらも2次専門校として培ってきたノウハウが全て盛り込まれた充実の内容になっています。

中小企業診断士二次試験予備校AASを受講するデメリット

つづいて、AASを受講するメリットとデメリットを見て行きましょう。まずはデメリットから。

確実に中小企業診断士の資格を取得したいのであれば、専門スクールのAASは有力候補です。

しかし、中小企業診断士二次試験予備校AASの受講にも次の3つのデメリットがあります。

  • 「AAS東京」「AAS名古屋」「AAS大阪」など全国に展開しているが、運営母体に違いがあるので品質にバラツキがある
  • 大手資格の予備校と同じように、通学講座でも通信講座でも受講料が高く設定されている
  • 中小企業診断士の2次試験対策専門校なので、1次試験の対策のカリキュラムは用意されていない

中小企業診断士二次試験予備校AASの受講料が高いのは、指導経験豊富な講師が手厚いフォローをしてくれますので仕方がありません。

中小企業診断士二次試験予備校AASを受講するメリット

つづいて、中小企業診断士二次試験予備校AASを受講するに当たり、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 再現性の高い独自メソッドの確立で、中小企業診断士の2次試験対策に特化している
  • 中小企業診断士が講師を担当し、「組織」「マーケティング」「生産」の3事例の考え方を提供してくれる
  • 本科コースでは44回分もの添削指導がついてくるため、手っ取り早く学習できる
  • 通学講座だけではなく通信講座でも個別のフォローやアドバイスが手厚い
  • 「事例Ⅰだけ」「事例Ⅳだけ」と個人の目的に合わせて科目別で受講できる

二次試験対策の専門校としてその専門性を高め、今までに大勢の受験生を合格に導いてきた専門スクールですので、AASは安心感が感じられます。

中小企業診断士二次試験予備校AASの口コミや評判・評価はどう?

初めて二次試験専門スクールを検討されている方のために、ここでは中小企業診断士二次試験予備校AASの口コミや評判・評価をいくつか紹介していきます。

・ある程度のコストはかかりますが、現役診断士の講師から教わることができるのはありがたいですね。「独学ではちょっと厳しいかな~」と思っていましたので、AASで二次試験の対策をしていきます。

————————-

・2次試験3回目でやっと中小企業診断士の資格を取得できました。少し時間がかかったものの、中小企業診断士二次試験予備校AASのサポートやアドバイスのお陰ですね。

————————-

・私はスタディングで1次試験に合格し、2次試験の対策としてAASを利用しています。受験生同士のグループディスカッションやシンプルなメソッドが個人的にお気に入りです。

————————-

・中小企業診断士の資格を取るまでに3年間の歳月をかけてしまいました。勉強時間を確保できないと、中小企業診断士二次試験予備校AASを利用しても短期間で合格できるわけではありません。

————————-

・SNSを通して課題の提出や添削をしてくれるシステムは素晴らしいな~と思います。今の自分に何が足りないのか把握できますので、専門スクールのAASは軌道修正しながらの学習が可能ですよ。

————————-

・AASさんの門を叩いて中小企業診断士の学習をスタートすることにしました。過去問・新作の添削回数が他の通信講座よりも遥かに多く、合格までの道筋ができているのが嬉しいです。

中小企業診断士二次試験予備校AASはどんな人におすすめなの?

中小企業診断士二次試験予備校AASは、下記に該当する方におすすめの専門スクールです。

  • 独学で中小企業診断士の資格取得の勉強をしているが、思うように勉強が捗らない
  • 過去に二次試験を受験しているが、何回も不合格で諦めかけている
  • 独自のメソッドや質の高い講師で中小企業診断士の勉強がしたい
  • 仕事が忙しくて資格取得の勉強時間を中々確保することができない

資格の取得において独学には向き不向きがありますので、専門スクールの利用も選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

中小企業診断士の二次試験で躓いている全ての方に、専門スクールのAASは有効です。

ただし、受講料は高めですので、他の代替手段(別のスクール)などと比較し、あなたに一番合った学校がAASであるか、あなた自身で見極めをすることが必要です。

中小企業診断士二次試験予備校AASでは個人の希望や学習スタイルに合わせて、通学講座と通信講座の2つから選べます。

短期間で合格できたとの口コミや評判を残している方もいますので、中小企業診断士二次試験予備校AASは、有力な二次試験合格の手段の一つには間違いないでしょう。

=>AASの公式ページはこちら