ITパスポート

ITパスポートの内容は?iパスについて、わかりやすく、まるっと解説!

ITパスポートの内容は?

【ITパスポートで最速合格するための参考書!】

※書籍の画像をタップすることで、アマゾンのサイトへ遷移します。

2013年の発売以来10年間で6回もの改訂を行ったロングセラー。ITや情報システムについて「たこ焼き屋チェーンを運営する企業がIT化を推進する」という物語をベースに解説するので、楽しみながら知識を定着させることがができます。

初心者を24時間でITパスポート合格レベルへ導きます。当ブログ管理人が執筆しました。

ITパスポート試験とは?

ITパスポートは、ITの基礎知識を保有していることを証明する国家試験

ITパスポート試験を一言で説明するならば、以下のようになります。

ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験

引用:ITパスポート試験公式サイト

ITパスポートはiパスという略称でも呼ばれています。

ITパスポートが必要とされる背景

現在、私たちの社会はIT全盛の時代となっています。仕事やビジネスにおいても、ITが無ければ立ち行かないことばかりです。

つまり、技術系や理系の方だけでなく、事務系・文系の職種・業種であっても、ITとビジネスに関する総合的な知識がなければ、本当の意味で企業に役立つ人材とはなれないでしょう。

そこで、「経営やビジネス、業務に正しくITを利活用できる知識・能力」が広く求められるようになって来たのです。

以上が、すべての社会人や社会人予備軍である学生にITパスポートが必要とされるようになった背景です。

ITパスポート取得のメリット

ITパスポートを取得するメリットには、以下のようなものがあります。

  • ITやビジネスに関する幅広い知識を身に付けることができる
  • 就職の際などにアピールできる

ITパスポートで出題される内容(概要)

ITパスポート試験では、ストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系の3分野から出題されます。

それぞれの分野の概要(大分類)は以下のとおり。※詳細な内容は後述します。

ストラテジ系 ・企業と法務
・経営戦略
・システム戦略
マネジメント系 ・開発技術
・プロジェクトマネジメント
・サービスマネジメント
テクノロジ系 ・基礎理論
・コンピュータシステム
・技術要素

ITパスポートの名前について

ITパスポートの「パスポート」とは、本来、世界へ旅立つにあたって身分証明書となるもの。

ITパスポートは、現代のIT社会で必要なITの基礎知識を保有することを国が証明する試験、との意味が込められています。

ITパスポート試験の実施機関

ITパスポート試験は、国家試験「情報処理技術者試験」の区分の1つであり、これらは経済産業省傘下の独立行政法人・情報処理推進機構(略称:IPA)により実施されています。

情報処理推進機構(IPA)は、経済産業省のもと、様々なITに関する政策を実行します。

我が国の国家IT戦略に基づき、情報セキュリティー技術の推進や対策方針の立案・作成、我が国の将来を担うIT人材の育成などが主なミッションです。

IT人材の育成の一環として情報処理技術者試験が運営され、ITパスポート以外にも基本情報技術者試験、情報セキュリティマネジメント試験、応用情報技術者試験などが実施されています。

ITパスポート試験の受験資格

ITパスポート試験に受験資格は設定されていません。老若男女、年齢、国籍などを問わず、どなたでも受験することが可能です。

ITパスポートの受験者数/合格者数など(統計)

過去5年のITパスポートの受験者数・合格者数・合格率は以下のとおりです。

年度 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
2021 211,145 111,241 52.7
2020 131,788 77,512 58.8
2019 103,812 56,323 54.3
2018 95,187 49,221 51.7
2017 84,235 42,432 50.4

上のとおり、近年、受講者が急増しており、直近の2年(2019年から2021年)の間に10万人程度だった受験者数が2倍を超える21万人超となっています。

年間20万人を超える受験者数は宅建(宅地建物取引士)試験と同じレベルであり、我が国の国家資格なかで最も人気のある資格の1つといえるでしょう。

なぜ急伸しているのか…それは、小・中・高等学校の新しい学習指導要領に「情報」の科目が必須科目として追加されたのが要因と考えられます。

さらに2025年(令和7年)からは、大学入学共通テストにも「情報」科目は出題されることとなっており、学生や教育業界で働く方々の受験が増えている、と推測されます。

ITパスポートの試験詳細

受験料 7,500円(従来の5,700円から2022年4月より値上げ)
試験会場 全国47都道府県に設置された各会場
実施時期 全国の会場で随時実施
試験時間 120分
出題数 100問
出題形式 多肢選択方式(四肢択一)

ITパスポートの試験形式はCBT方式で実施

ITパスポート試験は、コンピュータを利用するCBT方式により実施されます。CBTとは「Computer Based Testing」の略で、具体的には、各会場の受験生一人ひとりの席に置かれたパソコンに向かい、マウスやキーボードで解答を入力していきます。

今では他の国家試験でもCBTのものはありますが、国家試験として最初にCBTを導入したのはITパスポートです。

ITパスポートの合格基準

ITパスポート試験では、総合評価点と分野別評価点のすべてで基準を満たすことで、合格となります。

・総合評価点
600点以上/1,000点満点

・分野別評価点
ストラテジ系  300点以上/1,000点満点
マネジメント系 300点以上/1,000点満点
テクノロジ系  300点以上/1,000点満点

上のとおり、全体として6割得点できれば合格ですが、3つの分野それぞれで3割以上確保しないと足切りとなります。

分野別の出題数は、ストラテジ系から35問程度、マネジメント系から20問程度、テクノロジ系から45問程度で合計100問ですが、100問すべてが評価の対象ではありません。

100問中8問は採点対象外の問題です。

なぜそのような問題が含まれているかというと、将来出題する問題の検討にあたり、実試験において正答率などデータを取得するためだそうです。

実際、その8問は未回答(不正解)でも、残りの92問が正解であれば1,000点満点となります。しかし、どの問題が採点対象外かは明示されていないため、100問すべて解く必要があります。

ITパスポートで出題される内容(詳細)

ITパスポートでは大きく3分野から出題される

前述のとおり、ITパスポート試験では、ストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系の3分野から、それぞれ35問程度、20問程度、45問程度出題されます。

ここでは、それぞれの分野の詳しい出題内容を説明します。

ITパスポートのストラテジ系分野の出題内容

大分類 中分類
企業と法務 企業活動
法務
経営戦略 経営戦略マネジメント
技術戦略マネジメント
ビジネスインダストリ
システム戦略 システム戦略
システム企画

ストラテジ系では、企業経営や様々な職場での業務、経営戦略に同期したシステム戦略の立案などについて問われます。

特に出題数が多いのが法務関係。著作権や特許権、不正競争防止法や労働者派遣法など、ビジネスに関わる様々な法規から出題されます。

ITパスポートのマネジメント系分野の出題内容

大分類 中分類
開発技術 システム開発技術
ソフトウェア開発管理技術
プロジェクトマネジメント プロジェクトマネジメント
サービスマネジメント サービスマネジメント
システム監査

マネジメント系は、システム開発などの管理技術やITの運用管理(サービスマネジメント)、システム監査などについて問われます。

特にサービスマネジメントとシステム監査は頻出で、どちらも出題範囲はあまり広くないものの、毎回合計して10問程度出題されます。

ITパスポートのテクノロジ系分野の出題内容

大分類 中分類
基礎理論 基礎理論
アルゴリズムとプログラミング
コンピュータシステム コンピュータ構成要素
システム構成要素
ソフトウェア
ハードウェア
技術要素 情報デザイン
情報メディア
データベース
ネットワーク
セキュリティ

テクノロジ系は純粋なIT技術に関わる分野です。この分野で頻出は情報セキュリティ。ITに関わるリスクは日々脅威を増し、それらに対する対策も日進月歩です。

もっとも技術進展の変化が速い分野のため、注目度が高く、出題も増えるわけです。

ITパスポートの難易度

ITパスポートは、12区分ある情報処理技術者試験のなかでもレベル1に位置付けられ、もっとも初級の内容となっています。

実際の試験の合格率は50%前後であり、これらを勘案すると、一般的には難易度の低い試験と分類されるでしょう。

ただし、試験範囲が広範なのが特徴で、「カンタンな試験だ」と舐めて掛かると、合格するのは難しいかも知れません。

ITパスポートの難易度についてくわしくは、下記の記事をご覧ください。

ITパスポート試験は難しい?
ITパスポート試験は難しい?令和4年や令和5年の難易度は?1,000点満点合格者が解説! ITパスポート試験の概要 ITパスポート試験(通称:iパス)は、経済産業省配下のIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が主催する...

 

ITパスポートの合格に必要な勉強時間

一般的には、ITパスポートを取得するための勉強時間は100時間程度と言われています。

ただし、これは全くの初心者の場合。ITに関する知識がある方や、経営やビジネス・社会人の経験がある方などは、さらに短時間で合格できる可能性が高いです。

ある程度素養のある方でしたら、過去問を中心に学習して20時間程度でも合格できるでしょう。

ITパスポートの勉強時間について詳しくは、下記の記事を参照してください。

ITパスポートの勉強時間
ITパスポートの勉強時間は最短でどのくらい?勉強方法や取得のメリットについても解説! 様々な業務に役立つ資格の取得を目指したい方に人気なのがITパスポート試験。 ITの内容を理解し、知識・スキルを有す...

 

ITパスポートの参考書の選び方

ITパスポートの参考書の選び方のポイントは次のとおりです。

  • 適時イラストや図や表が入っていて読みやすい
  • 文章も読みやすい
  • 最新のシラバス(出題範囲)に対応していて、出題の傾向分析もしている
  • 長く販売している(ロングセラー)であること
  • 【最重要】必ず中身をチェックして、自分に合うと思えるものを買う

ITパスポートの参考書の選び方について詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

ITパスポートの参考書
ITパスポートの参考書・テキストの選び方のポイント!おすすめは?【2023最新】「ITパスポートを受験するにあたり、どんな参考書を選ぶのがよいのだろうか?」 「いろいろな参考書が売られているけれど、どれが自分に...

 

【ITパスポートで最速合格するための参考書!】

※書籍の画像をタップすることで、アマゾンのサイトへ遷移します。

2013年の発売以来10年間で6回もの改訂を行ったロングセラー。ITや情報システムについて「たこ焼き屋チェーンを運営する企業がIT化を推進する」という物語をベースに解説するので、楽しみながら知識を定着させることがができます。

初心者を24時間でITパスポート合格レベルへ導きます。当ブログ管理人が執筆しました。