中小企業診断士の仕事内容!求人の探し方は?

中小企業診断士の仕事内容

中小企業診断士の仕事内容をまとめてみた

中小企業診断士という資格名を聞いたことがあっても、具体的にどのような仕事内容と携わるのかわからない方は多いのではないでしょうか。

簡単に説明すると、中小企業診断士の仕事は経営コンサルタントです。

経営で何かしらの問題を抱えている中小企業に対して、次の助言やアドバイスを行っていきます。

  • 経営面に関する相談に乗って問題点を分析する
  • それぞれが抱える問題点に合わせて課題解決の手助けをする
  • 新しいビジネスの支援や古いビジネスの変革を行う

中小企業診断士の仕事内容は独占業務ではありませんので、資格を持っていなくてもアドバイスや助言の業務は可能ですね。

しかし、中小企業診断士は国が認めた経営コンサルタントとしての国家資格ですので、資格を持っているだけで自身の能力やスキルを証明できます。

今の仕事で活かすだけではなく、キャリアアップや転職、独立開業する際にもおすすめの資格です。

対象顧客が幅広くて日本には多くの仕事がありますので、中小企業診断士の資格取得を目指してみてください。

中小企業診断士の魅力

中小企業診断士は2016年の日本経済新聞の「新たに取得したい資格ランキング」で、ビジネスパーソンが選ぶ第1位になりました。

コンサルタントと言っても、「人材」「キャリア」「医療」「不動産」と一つではありません。

数多くの中でも一般的なコンサルタントとして認知されているのが経営コンサルタントで、中小企業診断士は国から認められています。

中小企業診断士の資格を取得して仕事に携わるに当たり、どのような魅力があるのかいくつか挙げてみました。

  • 企業の経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)に関わる知識を身につけて経営のスペシャリストになれる
  • 結論を相手にわかりやすく伝えられるロジカルシンキングを強化し、ビジネスでも人間関係でも役立つ
  • 未来のキャリアプランを自由自在に描いて将来の選択肢の幅を広げられる
  • 中小企業診断協会や研究会、勉強会での活動で人脈を更に広げられる

中小企業と聞き、ネガティブなイメージを持っている方はいませんか?

しかし、日本全体で99.7%が中小企業に該当しますので、中小企業診断士の資格は今後も重宝されますよ。

中小企業診断士に求められる能力やスキル

中小企業診断士として仕事に携わるに当たり、求められる能力やスキルを見ていきましょう。

経営全般に関する幅広い知識:売上アップやコスト削減など中小企業の経営目標を達成するための知識
創業や経営革新を促す能力:中小企業の代わりに経済の変化と自社の状況を見極め、市場にフィットできるように提言するスキル
助言する能力:誰もが理解できる用語で経営者に論理的で簡潔にアドバイスできる能力

中小企業診断士の試験の学習や勉強で培ったスキルは、あなたの今後のキャリアに役立ちます。

中小企業診断士の働き先や活躍できる場所

これから中小企業診断士の試験勉強を始めるに当たり、「資格を取得した後にどこで働けるの?」「資格の取得後にどんな仕事ができるの?」と悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

将来に役立てることができなければ、頑張って資格を取得する勉強をする意味がないですよね。

中小企業診断士の働き先や活躍できる場所は、次のようにたくさんあります。

今の勤務先で資格を活かす⇒ビジネススキルを身につけた証明になるため、希望部門への異動や昇進を望むことができる
転職先で資格を活かす⇒業種や職種を問わず様々な分野で活躍できるので、就職先や転職先の幅が広がる
独立開業で資格を活かす⇒企業内診断士ではなく独立診断士として将来的に独立開業を目指す

中小企業診断士の資格を取得した後は、組織の中で活かすのか独立するのか考えないといけません。

企業内診断士は他のサラリーマンと一緒で企業に属して自社の経営診断を行うのに対して、独立診断士は複数の企業とコンサルタント契約を結んで経営診断を行っていきます。

独立して活躍したいと考える中小企業診断士は多いのですが、「顧客を集められない」「顧客は集まるけどリピートに繋がらない」など集客に関する悩みはつきものです。

それに、独立して仕事を獲得するにはただ中小企業診断士の資格を取得するだけではなく、経営コンサルタントとしてのスキルを更に高める必要がありますので、企業内診断士として経験を積んでから将来的に独立を考えるのが良いでしょう。

中小企業診断士の求人の探し方は?

中小企業診断士は転職を考えている方に有利な資格です。

「中小企業診断士だけ持っていればOK」というわけではありませんが、他者と差別化を図ることができます。

それは中小企業診断士の資格を取得するために学ぶ領域が幅広く、コンサルティング業界では特に評価対象になるからです。

以下では、中小企業診断士の求人の探し方をいくつか挙げてみました。

  • ハローワークに行って中小企業のコンサルティングを実践している会社を探す
  • リクナビやマイナビ、エンジャパンなどの大手転職サイトや求人サイトに登録して応募する
  • 求人の紹介から転職までを完全にサポートしてくれる転職エージェントに相談する
  • 中小企業診断士になって築いた人脈を活用して転職活動を進める

人材紹介会社を使ったり人脈を利用したりすれば、中小企業診断士の資格を活かした転職ができますよ。

また、中小企業診断士は幅広い業界や職種の転職で有利になりますが、地方の転職に強いのが大きな特徴です。

都心部と比較してみると、地方には中小企業診断士が少なくて60歳以上の年齢の人が多いため、若い世代の中小企業診断士の希少価値が高くなります。

中小企業診断士の転職については、下記記事でも詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

中小企業診断士の転職
こんにちは、トシゾーです。 今回は、「中小企業診断士の転職事情」について、徹底的にご説明します。 中小企業診断士の資格は経営全般に関...

 

もちろん、中小企業診断士としての経営コンサルティングスキルを活かし、地方に事務所を構えて独立開業するのも選択肢の一つです。

中小企業診断士として副業できる?

中小企業診断士の資格を取得し、上手に活用したいな~と考えている方はいます。

多くの人は転職や独立開業で役立てていますが、中小企業診断士の資格を活かして副業してみてはいかがでしょうか。

副業を認める会社はまだまだ少ないものの、大企業でも徐々に認める動きを見せています。

中小企業診断士として副業するに当たり、どのような方法があるのか見ていきましょう。

  • 受験予備校関連のお手伝いで副業
  • 補助金申請支援で副業
  • 他の中小企業診断士のお手伝いで副業

副業によって年収がアップするだけではなく、中小企業診断士の世界をより深く知ることができます。

自身のスキルアップにも繋がりますので、今の仕事をしながら中小企業診断士として副業する働き方も選択肢に加えてみてください。

副業については、下記記事にも詳しくまとめてありますので、チェックしてみてください。

中小企業診断士の年収は?
こんにちは、トシゾーです。 中小企業診断士は難易度の高い資格ですから、「年収をどのぐらい稼げるのか」は、非常に気になるところですよね。 ...

 

まとめ

中小企業診断士の仕事内容や魅力、求人の探し方についておわかり頂けましたか?

中小企業診断士の仕事内容は一言でまとめると経営コンサルタントですが、「経済学」「経営戦略」「マーケティング」「財務」「会計」「店舗管理」「IT」と幅広い知識を身につけられます。

就職や転職でも有利に働く資格ですので、中小企業診断士の試験勉強を始めてみてください。

なお、中小企業診断士試験の「最速勉強法」ノウハウについて、現在、資格スクールのクレアールが、市販の受験ノウハウ書籍を無料でプレゼントしています。

これから中小企業診断士の資格取得を考えている方は無料【0円】なので、そちらもチェックしてみてください。

<クレアールに資料請求をすると、市販の書籍「非常識合格法」がもらえる【無料】


現在、クレアールの中小企業診断士通信講座に資料請求すると、市販の中小企業診断士受験ノウハウ本が無料でもらえます。

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

診断士受験ノウハウの書かれた市販の書籍が無料【0円】で貰えるのですから、応募しないと勿体ないですよね。

※資料請求備考欄に「非常識合格法プレゼント」と記入が必要です。

=>クレアール 診断士試験攻略本(市販の書籍)プレゼント付き資料請求はこちら

スマホ動画対応のおすすめ通信講座は「スタディング(旧 通勤講座)」と「診断士ゼミナール」

スマホ動画対応の低価格通信講座を使えば、独学でテキストを買うのと同程度の金額で、独学以上にスキマ時間を使え、学習もはかどります。

広告・宣伝をカットして低価格を実現していますので、内容については一切妥協しておらず、驚くほどの高品質な講座を実現しています。

良かったら、「スタディング(旧 通勤講座)」「診断士ゼミナール」の以下の記事をチェックしてくださいね。

おすすめ通信講座第1位 通勤講座
【画像出典:スタディングより】 <すぐにスタディングの公式ページに行きたい方はこちら!> おすすめ第1位:「スタディング 中...
診断士ゼミナール
<すぐに診断士ゼミナールの公式ページに行きたい方へ> =>レボ「診断士ゼミナール」 公式ページはこちら! ※現在、2020年...

 

関連記事

中小企業診断士としての起業

中小企業診断士の資格は起業に役立つ?独立のメリットは?

中小企業診断士 資格の休止制度

中小企業診断士の資格の休止制度!申請や届出の方法は?

実務補習と実務従事

中小企業診断士の実務補習と実務従事について、徹底解説します!

大学生は中小企業診断士を取ると就活に有利

大学生は中小企業診断士を取って、就職(就活)を圧倒的に有利にしよう

中小企業診断士とダブルライセンス

中小企業診断士のダブルライセンスについて|行政書士・FP・宅建・社労士・税理士な...

中小企業診断協会

【入会しないデメリットとは?】中小企業診断協会の入会は任意。会費やメリットなど