診断士コラム

銀行員に中小企業診断士の資格取得がおすすめの理由!出世に繋がるの?

中小企業診断士と銀行員

銀行で出世するために必要なこと!

こんにちは、トシゾーです。

今回は、銀行員の方や、銀行員を目指す方に向けた記事です。

銀行員として働くに当たり、「どうすれば出世できるの?」「何をすれば高年収を目指せるの?」と疑問に思っている方はいませんか?

銀行員に就職したり転職したりしたのであれば、誰もが一度は出世したいと考えますよね。

まず最初に、銀行で出世するために必要なことをいくつか見ていきましょう。

銀行の本店で出世部署に異動する

多少は運の要素もありますが、銀行の本店で出世部署に異動すると「出世コースに乗った」と考えることができます。

銀行における代表的な出世部署には、以下のようなものがあります。

  • 人事部・総務部:銀行員の人事権や情報を握る
  • 経営(戦略)企画部:銀行の経営計画の立案や運用を行う
  • 本店(法人)営業部:本部直下で大企業の顧客への対応をする
  • 秘書室・広報:役員秘書や銀行の広報業務を行う
  • 融資審査部:融資案件に関する可否を審査する
  • 市場業務関連部:金利商品や為替を取り扱う
  • 投資銀行部:シンジケートローンやプロジェクトファイナンスを取り扱う

銀行は人事が全てと言われていますので、良い店舗や部署に配属されるのが出世で欠かせません。

自分で配属先を選ぶことはできないため、銀行での出世には実力と運の要素が必要です。

営業スキルや営業成績を上げる

結果が全ての金融業界では、営業スキルや営業成績を上げるのも出世で忘れてはいけないポイント!

どれだけ良いマネジメントができる能力を持っていても、営業成績を残していない銀行員は中々評価されません。

つまり、銀行でキャリアを築いて年収を上げたいのであれば、営業スキルを磨いて成績を残す努力を日々の業務で行いましょう。

もちろん、営業成績は一過性のものではなく、継続して良い成績を残す再現性も兼ね備えておく必要がありますよ。

再現性を持っていない方は継続して営業成績を残すのが難しく、自分の実力だと判断されにくいのが理由です。

銀行で出世したい方は、営業スキルに加えて社内人間関係の構築力を身につける努力も同時に行いましょう。

資格を取得して特別な知識を身につける

銀行員が出世するに当たり、資格の取得を目指すのも選択肢の一つです。

金融業界と関連する資格を持っていれば、「特別な知識やスキルを持つ人材」として認められます。

資格の保有者は、営業成績が多少芳しくなくても、出世してステップアップできる可能性を秘めているわけです。

以下では、銀行員が取得すべきおすすめの資格をまとめてみました。

  • 中小企業診断士:経営コンサルティング業務にどれだけ強いのかを測る資格で、外回りを担当する銀行員や経営支援を行う部署に配属された時に本領を発揮する資格
  • 証券アナリスト:証券投資分野における高度な専門知識と技術を持つ方で、市場金融部門(ディーラー業務)を行う方に役立つ資格
  • 銀行業務検定:「財務」「法務」「税務」など業務別に分かれている資格で、最も難しい2級は銀行員の中堅から上級レベルの役席者までが取得しておく必要あり
  • ファイナンシャル・プランナー(FP):お金に関するプロフェッショナルで、不動産や税金、金融資産運用など銀行業務と直接的な関わりもある資格
  • TOEIC:英語力を測る「Test of English for International Communication」の略称で、スコアが高いほどグローバル人材として採用されやすい

上記以外にも、税金のスペシャリストの税理士や不動産売買のスペシャリストの宅地建物取引士など、銀行員が取得するメリットがある資格はたくさんあります。

資格の保有数で全てが決まるわけではありませんが、銀行員が出世するには特別な知識やスキルを持っておくのが大事だと心得ておいてください。

銀行員に中小企業診断士の資格取得がおすすめの理由!

中小企業診断士は、銀行員に最もおすすめの資格だと考えられます。

数多くの国家資格の中でも、中小企業診断士は経営コンサルタントを認定する唯一の資格です。

中小企業診断士の資格を持っていると、「中小企業の経営診断の業務に従事できる者」として判断されますよ。

なぜ銀行員が中小企業診断士の資格を取得すべきなのか、詳しい理由を見ていきましょう。

金融機関で取得が推奨されている

銀行員が中小企業診断士の資格を取得して有利に働くのは、金融機関で取得が推奨されているからです。

中小企業診断士になれば、取引先の事業をフレームワークを用いて分析し、将来性を見極められると判断できます。

他の人材と差別化を図ることができますので、銀行員は中小企業診断士を持っておいて損はありません。

銀行員として働きながら中小企業診断士の資格を取得する勉強をこなすのは大変ですが、目指す価値は十分にあります。

財務会計に加えて幅広い経営知識を習得できる

財務会計は銀行員が得意とする分野です。

もし中小企業診断士を取得すれば、財務会計に加えて次のように幅広い経営知識を習得できます。

  • 経営戦略
  • マーケティング
  • 人事労務
  • 生産管理
  • ITスキル

外回りを担当する銀行員や経営支援を行う部署に配属されている方は、中小企業診断士のスキルが顧客と一番近い場所で本領を発揮するでしょう。

顧客から確かな信頼を獲得することができれば、当然のように出世にも大きく響きますね。

銀行員は中小企業診断士の1次試験と2次試験の両方に合格する必要あり?

中小企業診断士になるには、次の3段階のステップを踏む必要があります。

  1. 1次試験の合格(企業経営やコンサルティングなど基本的な知識が問われる)
  2. 2次試験の合格(企業の問題点や改善点に関する筆記試験と面接試験が行われる)
  3. 実務補習・実務従事(中小企業診断士として実務ができるのかコンサルティングで実践する)

中小企業診断士の資格を取得するには1次試験と2次試験に合格し、更に登録するには実務補習を行わないといけません。

普通に受験すると中小企業診断士はかなり難しい資格ですが、銀行員は1次試験さえ合格すればOK!

銀行員が中小企業診断士の1次試験に合格すると、そのまま養成課程に進むことができます。

つまり、銀行員は中小企業診断士の2次試験である筆記試験と面接試験の両方が免除される仕組みです。

さらに、実務補習・実務従事の内容も、養成課程で実施しますので、個別に申し込む必要はありません。

地方銀行や信用金庫に加えて信用保証協会や商工会議所はこの制度を持っていますので、中小企業診断士の資格取得を目指す方が多いのではないでしょうか。

中小企業診断士の養成課程とは?

中小企業診断士の養成課程とは、経済産業省が認めた登録機関が行うカリキュラムを受講し、経済産業大臣に中小企業診断士として認められる制度を指しています。

銀行員は1次試験の後に養成課程に進むことができますので、2次試験が免除されて中小企業診断士になれるわけです。

以下では、中小企業診断士の養成課程に関する概要をまとめてみました。

中小企業診断士の養成課程の概要
目的中小企業への経営支援を通じて地域や社会の発展に貢献する中小企業診断士を養成する
研修期間大よそ6ヵ月間
研修場所中小企業大学校 東京校
定員80名ないし40名を予定
応募条件「中小企業診断士第1次試験合格者」「約6ヵ月間の研修を受講できる」「開講時点で実務経験を2年間有する」
選考方法書面審査(800字以内の小論文の提出)と面接審査(受入審査委員会にて審査)
研修内容中小企業診断士養成課程のカリキュラム

参考:https://www.smrj.go.jp/institute/tokyo/training/supporter/smeconsultant/about/index.html

中小企業診断士の養成課程は座って講義を聴く形式だけではなく、中小企業を訪問して課題を提出したりソリューションのプレゼンを行ったりと実践的な内容になっています。

養成課程の内容は簡単ではありませんが、銀行員は中小企業診断士の2次試験および実務補習・実務従事が免除されるのは嬉しいポイントです。

それに養成課程の費用は金融機関が負担してくれますので、銀行員自身がお金を支払う必要はありません。

「将来的にステップアップできる」「年収が上がる可能性が高い」といった魅力がありますので、銀行員は中小企業診断士の資格取得を目指してみましょう。

中小企業診断士の養成課程について詳しくは、下記の記事もチェックしてみてください。

中小企業診断士の養成課程
中小企業診断士の養成課程について ~費用や期間、評判は? こんにちは、トシゾーです。 中小企業診断士の養成課程については、名前を聞いたことがあっても、詳しくは知らない方が多...

 

銀行員の経歴と中小企業診断士の資格があれば転職に活かせる!

中小企業診断士の資格は、銀行員として役立てるだけではありません。

銀行員の経歴と中小企業診断士の資格の両方を持っている方は、転職市場でも重宝される存在になります。

なぜ中小企業診断士を持っている方が転職で有利になるのか、いくつかの理由を挙げてみました。

  • ビジネスにおける様々な知識やスキルを持っている人材として評価される
  • コンサルティングファームや士業系事務所、商工会議所など転職先の選択肢が多い
  • 研究会や交流会に参加していれば、人脈やネットワーク形成に役立つ

金融機関だけではなく、中小企業診断士の資格を活かしてコンサルティング業界に転職する銀行員もいます。

自分の転職市場での価値を高められますので、銀行員は中小企業診断士の資格取得を目指して損はないわけです。

銀行員の経歴と中小企業診断士の資格は財務に強いコンサルタントとして独立できる!

今は銀行員として働いていても、「将来的に独立したい!」と考えている方は少なくありません。

銀行員の経歴と中小企業診断士の資格を持っている方は、転職で役立つのに加えて財務に強いコンサルタントとして独立できます。

中小企業診断士として独立するメリットは次の3つです。

  • 自宅を事務所代わりにすれば開業の初期費用を抑えられる
  • 企業勤めとは違って自分の好きな時間やタイミングで働ける
  • 顧客から支払われる報酬が自分の収入になるため、年収が大きくアップする可能性を秘めている

銀行員として働いた経験をお持ちであれば、独立しても他の中小企業診断士と差別化を図ることができるでしょう。

独占業務を持っている税理士や司法書士と比較してみると、「中小企業診断士は独立開業しても稼ぐのが難しいのでは?」と懸念の声も上がっています。

しかし、公的診断(公共機関からの経営診断依頼)は中小企業診断士の資格を持つ方に依頼する企業がほとんどです。

将来性も十分にある国家資格ですので、独立を考えている銀行員も中小企業診断士の資格を取得する勉強を始めてみてください。

まとめ

以上のように、銀行員に中小企業診断士の資格取得が役立つ理由についておわかり頂けましたか?

金融機関が中小企業診断士の養成課程の費用を負担してくれますので、1次試験さえ突破すれば2次試験の筆記試験と面接試験は免除されます。

「早く出世したいな~」と考えている銀行員は、中小企業診断士の取得を目指してみてください。