ワンポイントWeb講座

CVP分析 ~財務・会計:経営分析(損益分岐点分析)

CVP分析

CVP分析とは?

CVP分析とは、Cost(原価)、Volume(営業量)、Profit(利益)の関係性を深堀し、利益計画などに活用する分析手法です。

Volume(営業量)とは、売上高/販売数量/生産高などが該当します。

CVP分析は直接原価計算の考え方をベースとしており、総原価変動費固定費に分け、それらと売上高と利益との関係を調べていくことになります。

また、売上高と総費用が等しくなる売上高を損益分岐点(Break Even Point;BEP)売上高と言いますが、そこからCVP分析のことを損益分岐点分析と呼ぶこともあります。

変動費とは?

営業量に比例して増減する費用のことです。具体的な勘定科目では、原材料費・直接人件費・外注加工費などが該当します。

グラフにすると以下のようになります。

変動費変動費

固定費とは?

営業量に関わらず常に一定の金額となる費用のことです。具体的な勘定科目では、本社家賃、間接人件費、広告宣伝費などが該当します。

グラフにすると以下のようになります。

固定費固定費

費用の分解

総原価(製造原価、販売費及び一般管理費)を変動費と固定費に分解する方法としては、勘定科目法、数学法(高低点法)、散布図法(スキャター・グラフ法)などがあります。

本試験においては、「売上高の〇割を変動費とする」などの条件が与えられることがありますので、その場合は指示に従いましょう。

損益分岐点売上高の公式

ここでは、損益分岐点売上高を求める公式を考えてみます。

まず、売上高を構成する費用構造を考えてみましょう。

売上高を構成する費用構造売上高を構成する費用構造

上記の図より、以下の関係が成り立ちます。

売上高 = 変動費 + 固定費 + 営業利益

※固定費+営業利益のことを「限界利益」といいます。

また、変動費は、売上高の大きさに比例して増減するものですから、

変動費 = α × 売上高 (0<α<1、αは定数) ※αを変動費率と呼びます。

という関係も成り立つはずです。以上の2つの式を代入すると、

売上高 = (α × 売上高)+ 固定費 + 営業利益

これを変形して

売上高を求める式売上高を求める式

という関係が成り立ちます。また、損益分岐点売上高では営業利益がゼロですから、

損益分岐点売上高を求める式損益分岐点売上高を求める式

という関係もなりたつはずです。

また、α=変動費率であり、αが一定だとすると、限界利益の比率(1-α)も一定ということがいえます(これを限界利益率といいます)。

以上をまとめと、以下のようになります。

売上高と損益分岐点売上高の公式売上高と損益分岐点売上高の公式

利益図表

CVP分析を図示したものを利益図表といいます。

利益図表利益図表

損益分岐点比率と安全余裕率

損益分岐点比率

損益分岐点比率とは、損益分岐点売上高が実際の売上高のうちどれ程度であるか、を表す比率であり、以下の公式で算出できます。

損益分岐点比率損益分岐点比率

損益分岐点比率が低いほど、会社の収益力に対する安全度が高いと言えます。

安全余裕率

安全余裕率は、損延期分岐点比率とは逆に、高いほど企業の収益に対する安全度が高いものとなります。

安全余裕率安全余裕率

安全余裕率と損益分岐点比率には、以下の関係が成立します。

安全余裕率 = 100 - 損益分岐点比率(%)

なお、損益分岐点の低下(安全余裕率の向上)には、単に当たりの変動費の削減や固定費の削減、売上数量の増大や販売単価の引き上げ等の策があります。

目標売上高の算出

前述の「損益分岐点売上高の公式」から、目標利益を達成するための目標売上高の算出は、以下の式で求めることができます。

目標売上高の算出目標売上高の算出

 

<経営分析の記事 一覧>